インド旅行 ジャイプールからジャイサルメールへ飛行機移動

Sponsored Link

インド

5日間お世話になったドライバーさんとも今日でお別れです。ホテルから空港まで送ってもらいましたが、その前に最後の「LASSIWALA」に寄ってもらいました。


Sponsored Link


インド旅行5日目で書きましたが、LASSIWALAのラッシーは大と小があるんですけど、一回目はみんなが小をオーダー、するとドライバーさんも小をオーダー。次は二人が小、一人だ大。するとドライバーさんも大!わたしたちの誰かが大をオーダーした時には、ドライバーさんは大をオーダー!最後のラッシーはみんな小をオーダーしたので、ドライバーさんも遠慮したのか小をオーダーしてました(笑)

ちなみに、支払はわたしたちです。

ホテル出発まで、ホテルの駐車場で待っていてくれたんですが、エアコンも点けない暑い中で待っていたので、きっと大を飲みたかっただろうなぁ~。遠慮しないで大をオーダーすれば良かったのにぃ。なんだかインド人の気質が分からなくなってきました(笑)

ジャイサルメールに空港が出来ていた!

当初の予定ではジャイプールからジャイサルメールの移動は車を考えていたんです。でも、長時間の移動(約10時間)は時間が勿体ないなぁ、という思いもありました。

何か他に移動手段は無いのかなぁ、とGoogle Mapを眺めていると、なんとジャイサルメールに空港があるじゃないですか(地球の歩き方にもまだ掲載されていません)!!

ただ、空港はあるといっても民間機が就航しているのかどうかが問題だったんですが、サイトを確認してみると、SpiceJetが就航しているではありませんか!フライト時間は1時間25分、この時間差は大きいですよね。

予約した時間は、11時00分ジャイプール発、12時25分ジャイサルメール着で、料金は一人5,300円です。

フライト2時間前までに手続きだったので、9時にジャイプールの空港に到着しました。インドでは、空港施設内に入るには、フライトチケット(予約時にサイトから送られてくる予約内容が表示されたメールを印刷したもの or PDFファイル)とパスポートが必要になります。

スカイチケットはメールで送られてきたものをプリントアウトしました。

↓がメールの内容です。

[ご予約内容] ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■申込番号(弊社の管理番号となります)
4160696

■予約番号(ご搭乗時に必要となります)
I6BZHS

■旅行者名
【1人目】
Sur Name[姓]/Given Name[名] (Middle Name)
********/*********  男

生年月日:****-**-**

【2人目】
Sur Name[姓]/Given Name[名] (Middle Name)
********/****  女

生年月日:****-**-**

【3人目】
Sur Name[姓]/Given Name[名] (Middle Name)
********/*******  男

生年月日:****-**-**

※お名前・年齢・性別の変更は一切できません
──────────────────────────────────

■フライトスケジュール
※時間はすべて現地時間となります。
【行程 1】
スパイスジェット SG2981便 Array
2018-05-31 1100 ジャイプル国際空港発
2018-05-31 1225 ジャイサルメール着

■航空券代金
<大人>
航空運賃     :\ 3,993×3名
諸料金・税金等  :\ 98×3名

システム利用料等 :\ 3,627

(空港施設使用料、燃油付加料金等は含まれております。)

合計代金:\ 15,900
■運賃規則
途中降機 不可
乗り換え 不可
座席指定 不可
予約変更 不可

■キャンセル・払戻
出発前: キャンセル・払戻し不可
出発後: キャンセル・払戻し不可

※欠航・運休などの場合は航空会社にお問い合わせの上、弊社にご出発日から7日以内にご連絡ください。

↑ココまで

チェックが終了し、空港施設内に入りますジャイプール国際空港

早速、SpiceJetのカウンターでチケットを自動発券機で発券したところ、な、な、な、なんと・・・

ジャイプール国際空港

遅延・・・。しかも、11時から15時25分に。空港に到着したのが9時なので、空港で6時間以上待機・・・(泣)折角、短時間で移動できてラッキーと思っていたのにぃ~(泣)

仕方がないので、まずは座るところを確保し、トイレの場所を確認しようと空港施設内を徘徊。どこか時間をつぶせるようなところは無いのか探してみましたが、何も無い。コーヒーなんかを売っている売店はありましたが、落ち着いて寛げるようなところはありません。

椅子で寝るといってもまだ9時、全然眠くないですし、無防備に寝てしまうと荷物が心配。ポケットWiFiを借りていたのでネットにはつながるものの、6時間以上もの時間をつぶせるわけもなく・・・。ホントに待ち時間は苦痛以外のなにものでもありませんでした。

しかも、空港施設内は無茶苦茶寒い。外は灼熱地獄なので、当たり前ですが薄着。まさかインドでこんなに寒い思いをするとは・・・。

寒くなったら外に出ればいいんじゃない?と思われたかもしれませんが、簡単には外には出られないんです。外に出るには、搭乗する航空会社のカウンターに行き、航空会社の従業員と一緒に出口専用のゲートに向い、航空会社の従業員が何やら帳簿に必要事項を記入して、やっと外に出られるというシステムです。

流石に何度もお願いするのは気が引けるので、とりあえず寒さを我慢して我慢して、もうムリ~、というところでお願いしました。結局、6時間以上待つ間に外に出たのは一回のみでした。

外に出た瞬間は、暖か~~~~い、ただ、数分すると、暑~~~~~~い。なんとも極端過ぎる環境です。

ジャイプール国際空港

喫煙所のような建屋を発見し、そこで休んでいました。ちなみに、このワンコもノラです。入口に陣取っていますが、誰も邪険に扱ったりはしません。建屋に入る際はワンコを避けて入っていきます(笑)

長かった6時間、いよいよ出発です。まずはバスに乗って、飛行機が停まっている所まで移動します。

ジャイプール国際空港

数分走ったところに飛行機が待機しています。

ジャイプール国際空港

かなりコンパクトは飛行機です。

あ、今回は6時間程度の遅延でしたが、以前、フィリピンのボラカイ島に行った時、12時間の遅延に遭遇した事があるんです。あれも辛かったぁ~~~。

「インド旅行 Part5 サワイマドプールからジャイプールへ車移動」

このページはインド旅行 Part6です。

「インド旅行 Part7 ジャイサルメールに到着!しかし、またまたハプニング」

インド旅行の記事URLをまとめたページです。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です