インド旅行 ニューデリーからアグラへ車で移動

Sponsored Link

インド

さてさて、デリーの次はアグラに出発です。アグラまでは車で約3時間半です。


Sponsored Link


デリー観光:Qutub Minar(クトゥブミナー)

アグラへ向かう前に、Qutub Minar(クトゥブミナー)という観光スポットに寄る事にしました。Qutub Minar(クトゥブミナー)までは、ホテルから約30分の所にあります。

Qutub Minar(クトゥブミナー)は、1993年にユネスコの世界遺産に登録されたそうです。ちなみに、入場料は500ルピー(約800円)です。

クトゥブミナー

かなりの迫力です。

クトゥブミナー

塔の下に人が小っちゃく写ってますが、塔の大きさが伝わるでしょうか?高さは72.5メートルもあるんですって!

近寄ってみると・・・

クトゥブミナー

迫力も凄いですが、とても綺麗!!

クトゥブミナー

塔は5層になっているようですが、一番下の層が円形と三角形の断面が繰り返され、下から二番目の層が円形の断面、下から三番目の層が四角形の断面になっています。

しばらく迫力に圧倒されながらも眺めていると、一人の男性が近寄って来ました。制服のようなものを着ていたので、Qutub Minar(クトゥブミナー)のガードマン?、何しに寄って来たんだそう?と思っていたら「いい撮影スポットがあるから案内するよ!」との提案が・・・。

え~もしかしてチップ?と思いながらも案内してもらうことに(笑)それがここ・・・

クトゥブミナー

塔が太陽を背にした状態で神々しくも見えました!良いところを案内してくれました!さぁ、チップの要求か?と思っていたら「ココ良いだろう!」と言うと笑顔で去っていきました。

園内を歩いていると、鉄柱に人だかりが・・・。

クトゥブミナー

3~4世紀に造られたもののようで、鉄柱にはサンスクリット語が刻まれているようです。鉄の純度が100%に近く、いまだに錆びていないんだとか。ちなみに、高さは7メートル、地中に埋まっている部分が2メートルあり、なんと10トンもあるんだとか。

インド人には人気の鉄柱なんですって(笑)

クトゥブミナー

何やら変な物を発見。これは、アラーイーの塔というようで、Qutub Minar(クトゥブミナー)の2倍の高さの塔を建てようと着工したそうなんですが、塔を建てるよう指示した人が建設途中で暗殺されてしまい、建設が中止になってしまったんですって!

遠めからでも分かりますが表面が粗いですよね。ここからQutub Minar(クトゥブミナー)のような表面に仕上げるのでしょうか?根気がいる作業です。

それにしても、Qutub Minar(クトゥブミナー)が72.5メートルなので、その倍、145メートル。完成していたら凄かっただろうなぁ~。

デリーからアグラに移動です

Qutub Minar(クトゥブミナー)の観光を終え、アグラに移動です。一般道をしばらく走っていると、こんなものを発見!

デリー-アグラ移動

マハトマ・ガンディーが「塩の行進」をしたときの像でしょうか?取りあえずパシャリ。

一般道をしばらく走り、高速道路に入っていきます。途中でサービスエリアに・・・。その名も「Highway Masala」(笑)。

デリー-アグラ移動

ここで軽めの朝食です。

デリー-アグラ車移動

ダルカレーとお決まりの玉ねぎ、そして奥にあるのが、プーリーです。プーリーは全粒粉の生地を薄い円形にのばし油で揚げたものなんですが、これがむっちゃ美味しい!揚げてはありますが、とても軽い食べ物です。

で、ここで問題が発生。若干カレーに飽きてきたので、ちょっとリフレッシュしようかなぁ、という思いから「フレッシュレモンジュース」を注文したんです。

デリー-アグラ車移動

勢いよく一口飲んだ瞬間、思わず吐き出しそうになったんです。それは・・・、なんとも爽やかさ満点のネーミングなんですが、これにもマサラが入っていたんです(泣)なぜ、これにまでマサラを・・・。

さすがに飲みきれませんでした(泣)残念な気持ちになりながらもアグラに出発です。

デリー-アグラ車移動

しばらく高速を走っているとラクダの群れを発見。

デリー-アグラ車移動

近寄って写真を撮っていると、飼い主と思われる年配の男性が、びっこを引きながら走り寄ってきて「マネー、マネー、マネー、マネー」と・・・(汗)まだインドに到着して間もなかったので、怖くなって車に駆け込んでしまいました。

アグラに到着

早速ホテルにチェックイン。今回、アグラで宿泊したのが「ITC Mugal-Luxury Collection Hotel」です(リンクはホテルの公式サイトにリンクしています)。

お部屋に荷物を置き、ホテルのレストランでランチビュッフェ。

アグラのホテル

アグラのホテル

アグラのホテル

アグラのホテル

アグラのホテル

アグラのホテル

ご飯の後、プールで涼み、夕方からアグラフォートにお出掛けです。

アグラのホテル

野猿も・・・。

アグラのホテル

ホテルから「タージマハル」を望む事が出来ます。

アグラのホテル

Agra Fort(アグラフォート)

アグラフォート

入場料500ルピー(約800円)。ここからもタージマハルを見ることができます。

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

それにしても写真が少なすぎ・・・。暑さでボ~っとしてしまい、写真どころではありませんでした(残念)

アグラフォート

ホテルに帰ってプ~~~~ル~~~~~。明朝は、日ノ出のタージマハルを見学です。

タージマハル

インドと言えばタージマハル?ここは世界一美しい墓といわれている建立物です。

タージマハル入口までは車で入る事ができないので車は駐車場に停め、そこから専用の電動シャトル(無料)に乗ってタージマハル入口まで行きます。

電動シャトルを降りチケット売り場まで歩いていると、お兄さんが話しかけてきました。「オレの店に寄っていきなよ!」的な・・・。「帰りに寄るね~」と言って華麗にスルー(笑)

お兄さんをスルーしてチケット売り場へ。500ルピー(約800円)を支払いチケットを購入。入場ゲートへ・・・。ここで身体検査と持ち物をチェックされます。無事にチェックを終え、いよいよタージマハルへ・・・。

タージマハル

ここを抜けると・・・

タージマハル

ドド~~ン

タージマハル

お決まりの

タージマハル

意外と上手く摘まめてます(笑)

タージマハル

タージマハル

赤枠の茶色のところに上がる際には裸足orこんな靴カバーを付けなければなりません。神聖な場所ということだからでしょうか。

IMG_1882

流石に裸足はムリなのでカバーを。

タージマハル

タージマハル

タージマハル

タージマハル

中は写真撮影が禁止になっています。入ってみると中央に棺がありました。そこをグルリと回って外に・・・。

それにしても、一つの棺のためにこんな建物を作っちゃうなんてスゴイ。

タージマハル

タージマハルを見学後、ホテルに戻ってチェックアウトし、次の目的地「サワイマドプール」へ移動です。

インド旅行4日目へ<<

>>インド旅行2日目へ


スポンサーリンク




スポンサーリンク




Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です