インド旅行 インドの観光ビザを取得しました!

Sponsored Link

indian-visa

先日、インドの観光ビザを取得してきました!事前にオンライン入力を済ませ、プリントアウトした書類と、パスポート、e-ticketを持参して、いざインド大使館へ・・・。


Sponsored Link


地下鉄九段下駅(2番出口)から徒歩5分にインド大使館はあります。その前に、事前に作成した申請用紙に貼付する写真を撮りに行きました。

場所は、九段下駅近くの「ヒライ商会」です。

朝8時から営業しているので、大使館の申請受付開始時間の9時には間に合います。料金は4枚(撮影は2回)で1,080円と良心的な価格になっています。

申請用の写真の規格は厳しいようなので、こちらで撮ってもらうのをオススメします。お店の方にインドのビザ申請用の写真、と伝えればオッケーです。

いざインド大使館へ

写真も撮り終え、いざインド大使館へ向かいます。5分位前に到着しましたが、既に何名かの方が並んでいました。前の方が申請書を手に持っていたんですが、見ると既に写真が申請書に貼られているではありませんか・・・。

わたしたちは大使館の人に申請書と写真を渡せば大丈夫かなぁ、なんて思っていたので少し焦りました。そんな事で突っ返されても困るので、慌てて近くのファミリーマートでアラビックヤマトを購入し、大使館入口で貼りつけました。ちなみに、申請書にはパスポートと同じサインを2箇所記入が必要です。

あ、あと、糊ですが、大使館の館内にもあったので、入館後でも大丈夫でした(笑)

これで準備万端、大使館の門が開くと、まずは入口でパスポートの確認、確認後、敷地内に入り少し進むと今度は荷物チェック。当たり前ですが厳重ですよね。無事にチェックを終え、館内入口に進むと、ドアの前に人が並んでいます。

なんだろう?と順番を待っていると、ノートがあり、そこには、名前、入館時間、用件を記入するようになっていました。特にチェックされることはなかったので、必要事項を記入し館内へ・・・。

館内に入ると窓口があり、順番待ちの札があります。ちなみに、窓口の右端と左端に順番待ちの札があるんですが、visa申請者は左端の番号札を取ります。

そのことを知らないで、右端の番号札を発券したら、大使館の人が「あなたはvisaの申請で来たの?visa申請者はあっちの(左端)番号札よ!」って言われました。ちなみに英語です。これは申請時も英語で対応されるのかなぁ、とちょっと心配してましたが、対応は日本語でした。

茶封筒でパスポートを送ってくるの?

わたしの番号が呼ばれ、いよいよ申請です。窓口で申請書、パスポート、e-ticketを渡すと、記入されている内容を確認し、問題が無かったようなので、visaの受け取り方法の説明に・・・。

受け取り方法は2通りです。取りに来るか、郵送か。再度来るのが面倒だったので郵送をチョイス。すると茶封筒を渡され、住所を名前を書くように指示されました。

え?パスポートを茶封筒で送ってくるの?と若干の心配はありましたが、ここまで来たら心配しても仕方ないので、必要事項を記入し茶封筒を大使館の人に・・・。

ここで申請料と郵送料を支払い(確か2,150円)、暫く待つように指示されました。

10分も待たなかったと思いますが、次は名前で呼ばれ、呼ばれた窓口に行くと引き換え券ではないですが、確かに預かった、みたいな紙が貰えます。

あとは送られてくるのを待つだけ・・・。一週間もしないうちに、一般書留で送られてきます。

インド観光ビザについての質問受付

インターネットの申請は意外に面倒かもしれません。保存できるような事がサイトには表記されていますが、実際には保存することは出来ないので要注意です。

インドの観光ビザについて、何かご質問がありましたら下記のフォームから送って下さい。お名前はニックネームでオッケーです。タイムリーに返信できるか分かりませんが、ご質問内容に回答させて頂きますね。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文


スポンサーリンク




スポンサーリンク




Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です