水道管が凍結する季節が間もなくやってきます

一軒家に住んでいて、寒い地域だと、雪が降り始めると天気予報で、気温をチェックすることが増えませんか?
気温によっては「凍結予防」しなきゃいけないですからね!そんなときはどうしたらいいでしょう?


Sponsored Link


水道が凍結するのってどんなとき?

本格的な寒さになってきたら、部屋の中の暖房や着るものの準備だけでなく、ライフラインである水道の凍結対策も必要です。下記に当てはまる状況で暮らしている場合や長期間家を空ける場合など対策は必須です。

  • 気温が氷点下4度以下になる時
  • 冬場に長期間旅行などで水道を使わない時
  • 水道管がむき出しの部分がある家
  • 水道管が日陰にあったり北風が直接あたる外に出ている家

凍結させないために必要なことは?

凍結予防で行っておきたいのが以下の2点です。

  • 水道管の水抜きをする
  • 外にむき出しになっているところや室内でも底冷えする場所にある水道管を保温

水抜き栓は蛇口や水が出る場所の近くにあります。蛇口の下、上、後は壁を挟んで外に取り付けられている場合もあるので確認しましょう。ハンドル型と自動型があります。

ハンドル型の場合は時計回りに回すと閉められます。一回閉めてから水を出してみて、ちゃんと止まるかどうか確認してください。

自動型の場合はスイッチの入り切りだけで操作できるので簡単です。水を使うときは通水のスイッチを操作しましょう。

天気予報をチェックし、氷点下になる時は毎晩行います。

水道管の保温は、外にある蛇口に発泡スチロール素材のついたテープを巻いたり、梱包材で入ってくる薄い発泡スチロールのシートを巻いたり、後は水道のメーターの処に袋に入れた保温材を入れておくことです。

ヒーターを直接巻けるものもありますが、電気を使うため使用環境は十分に注意が必要です。通販やホームセンターで「水道管 凍結予防」とか「水道管 保温」と検索したり、伝えれば簡単に購入できるものなので、寒冷地に今年引っ越した方、去年凍った方などは早めに購入して準備しておきましょう。

市町村によっては、素材を区役所や市役所で無料配布していることもあります。

一部の水が出ない!なんで?!

トイレの水は流れるし貯まるのに、キッチンの水が出ない!こんなケースもあり得ます。水道管って家やアパートの作りによって、迷路みたいになっているので、水道管の一部だけ凍ってしまい、水の道をふさいでいることが考えられます。

一部の水が出るからといって、そのまま水を出そうとすると水道管が圧迫されて破裂する可能性があるので、水を出さず、家の中を暖めて、午後まで待ってください。室内を暖めることで日中の日当たりもあり、家全体が暖められて凍っている部分が溶ける可能性が高いです。

水が出なかった時は以下のことを行おう!

  1. 無理に水を出さない
  2. 破裂箇所が無いか出来る限りチェック
  3. 水を出さない状態でメーターが増えていないかチェック(破裂して水が漏れていないか確認するため)
  4. 家中を暖めて午後~夕方まで様子見
  5. 午後~夕方位にメーターを再度チェックし、数字が変わっていなければ水を出してみる
  6. 再度蛇口をひねっても水が出ない時は水道屋さんへ・・・

最終的に水が出なかった場合は水道屋さんへ相談が必要になるので、5.の再度水を出してみる時間は水道屋さんが来れるくらいの午後3時や4時くらいが無難です。遅くなるとどこの水道屋さんも対応不可!になってしまいます。

4.は、凍結場所が分かる場合や、外の水道管が原因の場合等は保温材などを全部外して直接お湯をかけるのも効果的です。その場合、周りについてる蓋の類は全部外すように気を付けて下さい。

マンションやアパートに住んでいる場合は先に管理会社や大家さんに相談するようにしましょうね。契約している水道屋さんがあったりします。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です