高知-意外に巨大だった坂本竜馬像(桂浜)→ メジカの新子(須崎市)

43坂本竜馬

まずは桂浜に行って坂本竜馬像-桂浜を見学!意外に大きかった坂本竜馬像にビックリでした。

44桂浜

 


Sponsored Link


 

桂浜には「土佐犬パーク」なるものがあり、ぜひとも見学してみたかったんですけど閉園していました(泣)

45土佐犬パーク

動物愛護の観点からなのか、財政難からなのかは分かりませんが残念です・・・。桂浜を後にし、須崎市へ向かう途中にこんな物を発見しました。

 

須崎市 メジカの新子

これ避難ボートでしょうか?

76避難船

四国といって思い浮かぶのが「南海トラフ地震」でしょうか。南海トラフ地震に関する記事はこちら(外部記事)。地震発生の確率が30年以内に70%程度と言われていますが、発生した時の避難ボート、避難船のように見受けられます。これがセブンイレブンの敷地内に設置してありました。

また、山道を登っている途中に「津波がここまで来る!」というような文言の看板なんかも至る所に設置してありました。何事も無い事を祈るばかりですが、起きてしまった時の備えはしておくことに越した事は無いと思った次第です。

さて、セブンイレブンを通過し田中鮮魚店へ向かいます。その途中、須崎市道の駅というのがあったので寄ってみました。

105須崎市道の駅

中に入ってみると・・・

106須崎市道の駅

かつおのわら焼きを発見!後に気づいたことですが、かつおのタタキって「生暖かい状態のものが美味しい」ようです!晩ご飯で出てくる「黒尊」のかつおのたたきは絶品でした!

ここは見学のみで、いざ田中鮮魚店へ・・・

場所はここです。

67田中鮮魚店

久礼大正町市場内にあります。画像の奥の方・・・。ここでは、メジカの新子が目的です。

メジカの新子とは・・・メジカはソウダガツオ、新子はふ化して1年以内の稚魚らしく、メジカの新子=ソウダガツオの稚魚の事を言います。

これは8月中旬から9月の終わりまでしかシーズンが無く、さらに足が早く地元の漁師町でしか味わう事が出来ない幻?のお魚なんです!この時期に高知に来たのも何かの縁、と思い、足を延ばしてみた次第です。

68田中鮮魚店

久礼大正町市場内には、田中鮮魚店以外にもメジカの新子は売られていました!高知に行く前の下調べの時点で発見したメジカの新子ですが、食感がモチモチしている!なんて書いてあるので、行く前から気になって仕方がありませんでした(笑)

魚でモチモチって?って思いますよね・・・。

で、これがメジカの新子です。

69田中鮮魚店

左半分に写っているのがメジカの新子、右半分に写っているのが普通のかつお、奥にチラッと写っているのがウツボです。ウツボも初体験でしたが、まずはメジカの新子から・・・。

あ、お皿に乗っている柑橘系の正体は「ぶしゅかん」という酢ミカンの一種です。高知ではお刺身や焼き魚、たたきなど、色々な料理にもぎ立てのぶしゅかんを絞るのばポピュラーなようです。

見た目はスダチに似ていますが、酸味も香りもスダチよりもマイルドなんです。また、ぶしゅかんは種まで食べられるんです。この種が意外と美味・・・。

さっそくぶしゅかんを絞ってメジカの新子を実食です。

食べてみると、あら不思議、モチモチしてるじゃありませんか!味はかつおなんですが(ソウダガツオの稚魚なので当たり前か・・・)、食感が全くの別物です。かつおの稚魚なのに・・・。

ぶしゅかんって何?(外部サイト)

面白い物を食べさせてもらいました!調子にのって追加でもう一皿・・・

70田中鮮魚店

旅先でしか食べられないものを見つけた時ってなんだか幸せ・・・。

メジカの新子を満喫し終えた後は、高知市内に戻るんですが、途中で回転寿司と地元のお弁当屋さんでお弁当を買っちゃいました。

97回転寿司 98回転寿司 99回転寿司 100回転寿司

名前は伏せますが、この回転寿司屋さんは「マグロに拘っている」ようだったので、マグロを頼んでみましたが、なんとも微妙な一皿でした。四皿で終了~~~。

続いて「くいしんぼ如月」のチキン南蛮弁当。

103お弁当

南蛮ソースがなんとオーロラソース。

104お弁当

地元では南蛮にはオーロラソースなんでしょうか、あまり馴染みの無い一品でしたが、これ意外にいける!というか美味しい・・・。自宅でも簡単に出来るので、ぜひ試してみて下さい。かなり美味しいですよ。

晩ご飯前に少しつまんでしまったので、晩ご飯がちょっと心配です。じゃぁ食べなきゃいいのにぃ、という声が聞こえてきそうですが、ここでしか食べられないと思うと、つい・・・。

次回は晩ご飯で「黒尊」のご紹介です。

では、また\(^o^)/

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク