帰省の際はお土産は必須?予算はどの位で何を買えばいい?

帰省お土産

お正月の帰省の目途はたちましたか?荷物の準備や家の片づけの他に、久しぶりに会う方々へのご挨拶のために手土産の準備など、色々やることがあって、出発までバタバタすることが多いですよね。

 


Sponsored Link


 

今回は帰省時に持っていく手土産、みんなどんなものを準備しているのか?予算はどのくらいか?に焦点を当てていきたいと思います!

 

帰省するときに土産は必須?

実家や義実家が自宅からどのくらい離れているかにもよると思います。同じ都道府県内で、年に数回会ったり、お祝いごとでプレゼントを渡していたりすると帰省時にまでわざわざ持参しないことが多いですね。

株式会社ほけんの時間が行ったアンケートによると、義実家への訪問時には7割以上の方が手土産を持参するという回答が!

TPOに合わせて持参というのは、お盆、お正月や母の日父の日などのイベントごとや、身内でのお祝いごとがあった時などですね。ただふらっと顔を見せに行くだけの時は無しって方も多いようです。

◆義実家への手土産は・・・?

  • 毎回必ず持参する(44.3%)
  • TPOに応じて持参する (40.2%)
  • 持って行かない(15.5%)

 

手土産の予算は?どんなものを準備したらいいの?

私は義実家に行くときは義父の好きなケーキの類や、義母が好きな和菓子系など、食後にみんなで食べるために出せるものを持参することが多いです。

しかし、姪が産まれたときにケーキを持って行ったら、日中に聞いていた来客の方々もみんなケーキを持ってきたそうで・・・計16個のケーキになってしまいました!被らないように注意も必要だな~と学習した経験です。

ちなみに私の予算はケーキ6個で約2,000円なんですが、やっぱり他のご家庭もそのくらいが平均予算の様です。特にお盆、お正月はお中元、お歳暮と時期が重なるので身内への出費は抑えたい!という主婦の嘆きがあるようですね。

◆手土産の予算は・・・?

  • 1,000~2,000円(38.5%)
  • 2,000~3,000円(23.6%)
  • 1,000円未満(10.1%)

 

どんなものを準備したらいいの?

手土産で義両親が貰って嬉しいもののランキングが出ているのでご紹介しますね!

  1. ケーキ
  2. 焼き菓子(洋菓子)
  3. お饅頭などの和菓子系
  4. クッキー
  5. ハムやソーセージ
  6. 焼き魚などの魚介の加工品
  7. 日本酒
  8. バームクーヘン
  9. 羊羹
  10. ビール

これ、地域差があって、関東圏は洋菓子のお菓子類が好まれるんですが、東北以北になるとお酒や魚介類系が好まれるんです。

一方で、西日本はカステラやバームクーヘンなどが全体的に好まれるようで、その地域で人気が異なり、普段好きで食べていて食べなれたものを頂くのが一番うれしいようです。

そして、義両親も高いものを欲しいとは思っておらず、挨拶の「ついで」くらいの感覚の安いものでよいという認識が強い様です。普段より値段の張る手土産にしたいからたくさんハムを持参しよう!と値段で決めるよりも、普段義両親が肉派なのか魚派なのか?食べきれる量はどのくらいだろう?と相手の立場を考えて選ぶ方が喜ばれます。

 

親戚一同集まるなら全員分必要?

遠距離帰省の方はとても悩まれるそうです。久しぶりに会う親族も来るだろうし、会う可能性のある親戚分購入して持って行くべきか?と・・・。

確かにお正月のご挨拶って向こうも手土産持参で来ることが殆どなので、一時的に帰省して義両親の家に滞在している身とは言え、ご挨拶で出されたものに対しお返しの品が無いなんて、酷い嫁だと思われないだろうか?と悩みますね。

かく言う私は準備しない派です。予定外の方の訪問もあれば、予定していた方と会わないなんてこともあるでしょうから、義実家で手土産を頂いたときは後日お礼の品を贈っています。このほうが手荷物も少なく、実際に頂いた方にだけお返しできるので効率的なんです。

しかし、義母によっては「どうして準備しておかないの?」という場合もあり、他の兄弟の嫁と合わせる必要などもあるため、事前に義母に「親族分の手土産の準備は必要ですか?何が好まれるんでしょうか?」と相談にのってもらうことが一番です。

他の兄弟のお嫁さんと連絡が取れるなら、「持って行く?」とお互い確認しておくと足並みが揃うと思いますよ。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク