妊婦さんの便秘解消法&やってはいけない便秘解消法

妊婦便秘解消

妊娠してからウサギのような固いものしか出なくて、お腹も痛いしお尻も痛いと悩んでいませんか?酷い時は2週間以上出ないこともしばしばあります。毎月の健診のために仕事を休んでいるから、出来れば便秘では病院に行かずに済ませたいと言う方におすすめの便秘解消法をご紹介します。

 


Sponsored Link


 

妊娠すると便秘になりやすいの?

安定期に入ると便秘が酷くなって悩む妊婦さんが増えます。妊娠中に便秘になる理由は2つ。

1)直腸性便秘
赤ちゃんが大きく成長するにつれて、大腸が押されてウンチが出にくくなり、宿便になっている間に水分がどんどん吸収されて硬くなっていき、便秘になります。

2)弛緩性便秘
妊娠中はホルモンの分泌が普段と変わり、プロゲステロンと言うホルモンが多く出ます。そのホルモンの働きによって消化器官の運動力が低下するために便秘になります。おならも出にくくなるためにお腹の張りが酷くなることも多いです。

3)つわりや食事制限で食事の量自体が減るので、出たり出なかったりを繰り返すうちに便秘になります。

4)激しい運動が出来ないため、何かあったらいけないからと、運動する機会が減り消化器官の働きも鈍くなり便秘になります。

 

妊娠中にやってはいけない便秘解消法

妊娠中の便秘、何が辛いって「力み過ぎてはいけない」と言うことです。そして、市販の便秘薬が飲めなくなるので、もとから便秘症で薬を飲んでいた人は本当に辛い状態になります。

妊娠中に避けたい解消法

・食物繊維を大量に摂取
直腸性便秘の場合は食物繊維を摂取してもどんどんウンチが固くなっていく一方の場合があります。

・市販の便秘薬の使用
市販薬は病院で処方される薬よりも効果が薄いため、1回程度の利用ですぐに問題になるわけではありませんが、妊娠中に摂取してはいけない成分が入っている可能性があるので薬が欲しいときは必ず病院に相談しましょう。

・マッサージに通う
妊娠中のマッサージは専門の施術者に行ってもらう以外は危険です。
マッサージの方法やマッサージされる場所によって子宮を刺激してしまい胎児が危なくなることもあります。

・お腹に力を入れ過ぎる
力むと子宮にも影響が出る可能性があり、妊娠後期だと破水を引き起こす可能性もあり、長時間トイレできばることでお腹が冷えて便秘とは違うお腹の張りが起こることもあります。

・ウォッシュレットで刺激を与える
以外に試している方が多いんですが、刺激の与え過ぎで切れ痔になる可能性があるので本当にやめた方がいいですよ。便秘で切れ痔・・・妊婦には悲惨な状態ですよね。

 

妊婦におすすめの便秘解消法

やっぱり妊婦が簡単に出来る便秘解消法と言えば、食べ物や飲み物での改善ですね。今、オリゴ糖が妊娠中の便秘に安全で効くと人気があります。妊娠中は血糖値も上がり易いので、飲み過ぎには注意が必要ですが、スーパーで簡単に手に入るのでおすすめです。

・オリゴ糖を摂取する
妊婦でも安心して食べられること、胃で消化されずに直接腸に届くことで便秘解消してくれます。先輩ママのおすすめはヤクルト製品です。妊娠してからヤクルトを頼んでいる人結構多いんですよ~。粉末状のものを準備して毎日ヨーグルトに入れて食べると相乗効果があります。

 

・ヨーグルトを食べる
妊娠中以外でもヨーグルトを毎日食べることで便秘予防している方は多いです。水分も一緒にとれるので、水分不足になりやすい妊婦にはおすすめの方法です。

・ノンカフェインのお茶で水分を摂る
ルイボスティーや、麦茶を一日に数回摂取し、体の中が水分不足にならないように気を付けることが大事です。冷たいものだと体を内側から冷やしてしまうため、ぬるいものか温かいものを飲むようにしましょう。

 

 

●最終的に頼る先はやっぱり病院の処方箋

食物繊維を摂取すればするほど、ウンチが硬くなり辛くなる妊婦さんもおり、運動するにも「出来るだけ安静にしていてください」と言われる妊婦さんもいます。そのため、最終的な方法は妊娠中でも飲める便秘薬を処方してもらうことです。

妊娠中は病院の薬を手放せなかったいう場合もあります。妊娠中に薬は極力飲みたくないと思うと思いますが、宿便にし続けるのも問題があるので、10日間出ないのを目安に最後は病院に頼るのが賢明です。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク