新盆の服装にお悩みのあなたは必見です!

新盆服装

祖父母や、義家族の親族が亡くなって初めてのお盆、初のお墓参りや仏壇へのご挨拶だと、いざっていう時に悩むことが多いんです。どんな恰好で行き、何に気を付けたらいいの?夫婦で訪問するときは尚更、常識の無い夫婦だと思われたくないですよね。

お盆のちょっと前に、マナーを確認しておきましょう。

 


Sponsored Link


 

初盆、新盆は普通のお盆とどう違う?

四十九日法要が終わった忌明け後、初めて迎えるお盆を初盆(はつぼん)、新盆(あらぼん、にいぼん)と言います。

お盆の数日前や1か月前に亡くなったとなると、次に迎えるお盆までに四十九日が終わっていないため、初盆は翌年になることがあるので注意してください。

通常のお盆と違うのは、飾る提灯に白い初盆用のものがあったり、お坊さんを呼んでお経を読んでもらったり(これは初盆に限らず毎年行うお家もあります)、普通のお盆よりも親族が集まり派手に食事会などを開くことが多いです。

 

新盆の家に行く時の服装は?

新盆、初盆のお家に行くときは、略式喪服といって、黒を基本として濃いグレーや紺色の地味で柄の無いシンプルな服で伺う必要があります。女性ならワンピースやブラウスにスカート、男性ならスーツですね。

略式喪服が許されるだけであって、もちろん夏用の喪服なら問題ありません。組み合わせを悩むなら、夏用のブラックフォーマルを一式購入してしまった方が早いかもしれませんね。

子ども達は学生服や、大人に合わせて黒、グレー、紺を基準とした服装で伺いましょう。男の子だと、上は白シャツや白のポロシャツ、下は黒や紺の半ズボンで大丈夫です。

女性におすすめの服装
夏用の喪服 ワンピース

 

着回しが出来る夏用スカート オーガンジーボーダータックミディ丈スカート

 

 

新盆におすすめの子供の服装
シンプルデザイン男児用フォーマルセット

 

 

新盆のお家に訪問するときの持ち物は?

以前はお盆用にお供えものを手土産として持って行くことが多かったんですが、今は香典としてお金を包むことが多くなっています。

 

ネクタイやバッグ、アクセサリー等で気を遣うポイントは?

バッグやネクタイは単色で装飾の無い地味なものであれば、喪服用のもので無くて構いません。故人を前にしても失礼の無い、明るく楽しそうに見える派手な服装でなければ大丈夫ですよ。

ストッキングは必ず着用し、色は黒が好ましいです。アクセサリーはパールが基本ですが、冠婚葬祭に使えるシンプルなもの持っていない場合は、結婚指輪以外付けていかなければOKです。女性のヘアスタイルは一つにまとめて清潔感を出すと良いでしょう。

リボン バレッタ ネット プレーンリボン カバーつき

 

 

新盆を迎える家族側の服装は?

訪問する側は略式喪服でOKとご紹介しましたが、新盆を迎える側の家も同じく略式喪服で大丈夫です。私も親族の新盆で何度かお手伝いしましたが、動きやすいブラックフォーマルのワンピースにパールの一連ネックレス、同じくパールのピアス、そして女性は食事の支度をするため、真っ白なエプロン姿の方が多かったです。

ご高齢の方だとちゃんと着物を着こんでいらっしゃることもありました。男性も夏用ブラックフォーマルでしたが、中には上は白のポロシャツだけ、下は黒のスラックスというラフな方もいました。訪問する側が気を使わないように、喪主以外は普段着というお家もありましたよ。

和装用弔事ホワイト割烹着

 

冠婚葬祭・帰省・法事・お手伝いに礼装洋サロン黒いエプロン白いエプロン

 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク