白髪は抜くと増える、よく聞く話しですが、それって本当?

白髪抜く増える

鏡をみて白髪を見つけたら、あなたはどうしていますか?私は本数がまだ少ないので、見つけしだい抜いています。

 


Sponsored Link


 

でも、抜いても抜いても同じようなところから生えてくる白髪・・・本当に「抜く」という対策で良いのだろうか?と思いませんか?

 

白髪、抜く派?切る派?オススメは・・・!

白髪が増えてくると、染めるという方が殆どなんですが、まだ染めるまでもないかな~・・・という時の数本の白髪、どうしていますか?私は最初にも言いましたが抜いています。

抜くはダメだと言われていますが、髪の毛の外側、目立つところに白髪が出来た場合、「切る」か「抜く」かで言ったら「抜く」という方の方が多いんです。切る派の2倍くらいます。

理由は、根本から上手に切ることができない、切っても根本の白が目立つ、などです。確かに、白髪って自分で見つけて自分でその1本をつまむのも時間かかりますよね~。切る時に後ろ側の髪の毛だと本当に難しいです。

そんな時におすすめなのは、「黒く塗ってしまう!」この方法です。

女性ならヘアメイクし終わった後に白髪をみて、白い部分だけ塗ります。切る、抜くよりもとっても簡単だし、頭皮も傷めないので凄くオススメです。

専用の白髪隠しもありますが、たまに塗るくらいなら、お湯で落とせる女性用のメイク用品のマスカラでも代用できます。塗る時は自分の髪色にあった色で塗らないとおかしいことになるので注意してくださいね!

 

 

白髪を抜くと増えるって本当?

「抜く=白髪が増える」、という単純な図式は間違った認識です。

でも、抜くと毛根がダメージを受けます。髪の毛を黒くする色素細胞は髪の毛が抜けるときに一緒になくなり、また生えてくるときに一緒に出来るものなんです。

白髪を抜くと毛根・頭皮がダメージを受けるために次に生えてくる髪の毛が元気な髪の毛ではない可能性が高くなります。結果、弱った頭皮に弱った髪の毛が生え、色素細胞も充分に成長せず、また白髪になる・・・というのはあり得ます。白髪を抜くと、頭皮ダメージを受けるため良い効果はない、と覚えておきましょう。

先が白くて毛根側が黒い髪の毛を見たことがありませんか?白髪を抜かなければ、途中から色素細胞が成長し、黒い色素が出る場合もあるんですよ!

 

若白髪は何故出来る?

実は子供でも若白髪が出るってご存知ですか?

昔から若白髪があるとお金持ちになると言われていましたがこれは、ストレスを溜め込んで白髪になるほど頑張っている⇒出世する⇒お金持ちという流れから来ているんです。

白髪が出来る要因は大きく分けると「老化」と「ストレス」と「遺伝」の3種類です。

特に若白髪の原因のほとんどは「遺伝」だと言われています。具体的にどの遺伝子情報に白髪の情報があるのかはわかっていませんが、髪の毛を黒くする色素細胞(メラノサイト)が減っていきやすい、ダメージを受けやすいという遺伝子はあるようなんです。

そのため、おじいちゃん、お父さんの白髪が多いとその性質を子供が引き継ぐそうですよ。

私も、30歳過ぎてから母親と同じ位置に白髪が生えるようになりました。妊娠出産、育児ストレスなど他にも原因はあったと思いますが、生えてきた場所が同じだったので「遺伝かな~」と思います。

その他にも、食生活が乱れて成長に充分な栄養が摂取できていない、成長に充分な睡眠時間が摂取出来ていないなどの生活環境の問題がいま注目されています。

特に女の子が年頃になるとダイエットを始めるため、髪の毛への栄養が行き届かずにパサパサになったり白がになってくることが男の子より多いそうです。

それから、紫外線に弱い子は頭皮もダメージを受けやすく、そのために髪の毛に色素を作る細胞のメラノサイトが破壊されてしまうケースもあります。紫外線の多い時期を過ぎてから白髪が増えた、色素が薄くなったというのであれば、紫外線が影響している可能性が高いので、翌年からの紫外線対策をしっかり行いましょう。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク