【実体験】マタニティの下着選びの参考にしてください!

マタニティ下着

妊娠した時に困るのが洋服関係です。妊娠期間は10か月。とはいえ、妊婦用の服が必要となるのはその中でもごく短い期間なので、また使うのかどうかも分からないし、まずは最低限の枚数だけ揃えたいな~と思いますよね。

 


Sponsored Link


 

マタニティ用の下着も、何を何着準備したら間に合うか私の実体験を書いてみようと思います。何かの参考になれば幸いです。

 

妊婦用のマタニティインナーは必要なの?

今使っている下着じゃダメなの?と思いますよね。私もわざわざ買うのもなぁ~と思っていたんですが、妊婦はお腹だけでは無く、胸囲もかなり変化します!

よく、妊娠すると胸が大きくなると言われますが、本当なんです。しかも膨らみだけがアップするのならまだしも、アンダーサイズも変化してくるのでマタニティブラは必須です。

しかも、サイズが変化するのが1回だけではなく、妊娠週数が進むごとに2~3回くらい変化するので、妊婦用じゃなくて普通のブラのちょっと大きめを買えばいいじゃん!というわけにもいかないんです・・・。

そしてショーツも必須でした。妊娠中にお腹を冷やすとお腹が張って辛くなるので、体を楽に妊婦ライフを過ごしたいならぽっこりしてくるお腹をガードしてくれるものが必要になってきます。

そして、普段履いているものだと、ちょうど赤ちゃんの辺りを締め付けてしまうので、お腹を締め付けないためにも、ゴムが上にくる大きなマタニティショーツが必要になります。

 

ブラにはどんな種類があるの?

妊婦用のブラには2種類あります。まずは普段のブラとあまり変わらないデザインの妊婦用ブラジャーです。パッと見、普段利用する下着屋さんや下着コーナーで売っているものと同じに見えます。

しかし、フックが4段階になっていたり、伸縮性のある生地で作られていたり、体を締め付けないカーブのあるデザインになっています。尚且つ、授乳するときに胸を出しやすい柔らか素材になっており、産後も使える授乳兼用ブラが殆どです。

もう一つの種類は、ハーフトップ・ブラトップと言われるものです。こちらは締め付け感が全然ない楽チンなタイプです。スポーツ用のブラと似ています。私はこっちを使っていたんですが、使い心地はカップのついたキャミソールを着ているような感覚です。

つわりで上半身が締め付けられるのが辛かったので、つわりが酷い時期(確か妊娠四ヶ月目くらい)から、これを付けていました。こちらも授乳兼用になっているので、自分の好みや、自分の体形変化、つわりのレベルに合わせて選ぶことをオススメします。

絶対にこっちのタイプが良い!というものは残念ながらありません。

ブラはどんなポイントに気を付けて選んだらいいの?

私の個人的な経験から言うと、出産後まで使うつもりで買うなら、以下の2つのポイントに気を付けてしっかり考えて購入するのが良いと思います。

ポイント1)締め付け具合

早い方だと体の変化は妊娠三ヶ月くらいで胸の変化が出てきます。私は体のサイズ変化は遅かったものの、つわりでブラをしているだけで窮屈に感じ気持ち悪かったので、つわり開始辺りからハーフトップを着用し始めました。自分の体がどのくらい変化するかは、母親に聞くと良いそうです。つわりの感じも体型も親子で似るそうです。ワイヤーのあり無し、段階調節ホックがいくつ付いているのかで選ぶことが出来ます。

ポイント2)授乳スタイル

産前産後使えるブラなので、産後に授乳するとき、自分が胸を出す時にどのタイプなら楽かな~?ということをちょっと考えてみてください。実際は赤ちゃんを産んでみないと、どんな授乳スタイルに落ちつくか分からないので、あんまり熱心に考える必要はありませんが・・・。

ブラの授乳スタイル4種

・クロスオープン(カシュクール) カップを簡単にめくることが出来るタイプ

・フロントオープン 片方ずつもOK、胸全部一気に出すのもOKのタイプ

・ストラップオープン ストラップがずれず、バストを支えたまま授乳が出来るタイプ

・ウィンドウオープン 乳頭部分だけ窓のように開くようになっており、ストラップ同様バストを支えたまま授乳が出来るタイプ