幼稚園と保育園の入園準備にはスタンプとシール、どっちが活躍?

お名前スタンプ-シール

幼稚園から、お名前スタンプやシールのカタログが届くと新入学、新学期が近づいているんだな~と感じます。

 


Sponsored Link


 

以前、小学校入学を控えた子共がいるママが、「1月に入学準備始めたらもう間に合うかぎりぎりだった!」と凄く焦っていました。
早い人は11月から新入学グッズを揃えるのだとか・・・

 

幼稚園と保育園の入園準備にはスタンプとシール、どっちが活躍する?

我が家は幼稚園に入園させる時にスタンプとシール、両方買いました。正直、何にどのくらい名前を書くのか分からなかったので、直前に焦るよりもシールが余ること覚悟で事前に買っておこう!と思った次第です。

結果、うちの場合は主にお弁当グッズと制服にはお名前スタンプ、お道具箱の中身や毎日持ち帰る連絡帳などのノートにはお名前シールを使いました。

使う頻度で言えば、お名前シールの方がダントツで活躍しましたね。毎日、歯磨き用のコップを使い、洗っているのですが、それにも耐水性のシールを貼っています。

スタンプは押した時にずれてしまう可能性があり、ずれてしまった時には専用の液を購入して消さなければいけないため、リスクが大きかったです。

それから、スタンプは水で洗っても消えなかったんですが、子供が色んなところにぶつけて擦れることで、約1か月で名前が消えてしまいました。しかし、制服のブラウスやお弁当と一緒に持って行くランチョンマット、ハンカチなどの布製品は油性のスタンプが大活躍!フォントが統一されることで自分の名前も読みやすかったみたいです。

結論としては、幼稚園はお名前シールは多めに、スタンプは大小の2個セットあれば充分、というのが私の感想です。

保育園に子供を通わせている友達に、お名前シールとスタンプ、どっち活用した?と聞いてみたところ、「年齢によって違う」という回答が返ってきました。

0歳~3歳までは毎日大量の紙おむつと、おむつを入れて持って帰ってくるビニール袋を用意するためそれに名前の記入が必要で、スタンプ大活躍だった!とのこと。

3歳を過ぎると幼稚園と同じ様にお道具箱の中身が増えていくので、お名前シールが必須になったと言っていました。何より、働いていると色んなものに名前を書く時間をとるのも大変なので、ペタペタ貼れるシールは便利~!とのことです。

ちなみに、私が買ったのはここのシールです↓9か月洗っていますがまだ剥がれていません。

 

 

小学校の入学準備にはどんなシールが必要になる?

小学校に上がると、保育園や幼稚園と比較にならないくらい名前を書くものが増えます!クレヨンやマーカーが中心だった園時代と違い、色鉛筆に絵の具、それにクレヨンと、絵画系も増えますし、鉛筆に定規、消しゴムなどの文房具も増えます。

ノートに教科書、それからママ達が一番面倒なのが、「おはじき」です。私の時代もお花の形をしたおはじきがありましたが、今も形は変われど、あるそうですね!数え棒もあります・・・覚えていますか?

 

 

これが、おはじきが40個~50個くらい、数え棒が50~100本、ブロックがある場合は20~50個、数字カード100枚前後等・・・とにかく多い!小さい、薄い、細かいものが大量にあります。これ全部に名前が必要になるので、とにかく細いシール、細かいシールが大量に必要になります。

出来れば専用の、はがれにくい角が無いデザインで作ってあるシールがおすすめです。

 

 

手書きで全部名前を書くのは困難?

上記で紹介したものに全部手書きで書くとなるととてつもない時間がかかります。学校の選ぶ教材によっては本当に個数が多いので、一晩で終わらせようとするとシール貼るだけでも徹夜コースです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

算数の基礎はこれ!さんすうせっと標準版
価格:2260円(税込、送料別) (2017/1/23時点)

 

シール以外の方法としては、小さなミニミニスタンプを作って押していく方法ですが、ずれてしまった時に文字が潰れるので、あんまりおすすめできません。でも、シール見たいにピンセットでつまんで、貼っていくよりも、ポンポン押すだけなので時間は短縮できます。

それから、シールだと枚数に限りがあり、はがれたとき用の予備が必要になりますが、スタンプだと予備を持っておく必要が無いので多めに買わなくて済みます。

 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク