意外と悩む?バイト、パートの面接時の服装!

%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%88%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e6%9c%8d%e8%a3%85

バイトやパートの面接って、正社員への応募よりもフランクな感じがしますが、職種や業務内容などによって面接の時の服装が異なりますよね。

 


Sponsored Link


 

面接は私服で着てくださいと言われた場合は、スーツNGと捉えてください。そして、私服でどれだけ好印象を残せるかが大事です!

 

職種によって服装を変えた方が良い?

例えば、ファッション業界なら面接をするところのブランドを取り入れてコーディネートをしていくのが大前提ですし、大きな会社のオフィスワークを受けるならいくらバイトの面接でもスーツがおすすめです。

まずは、自分が面接を受けるお店や会社の人たちが普段どんな恰好で働いているのか知る必要がありますね。

 

職種によって変わる面接の服装

カフェ⇒お店のテーマカラーを確認の上、シックなカフェならシンプルカラー、可愛い女の子向けのカフェなら店員さんの髪型やメイクを真似てお店のカラーに合わせた服装を。飲食系はネイルは短めの単カラーまでにすると清潔感が出ます。カフェ以外のところだとネイル自体がNGのところが殆どです。

コンビニ/スーパー⇒色んな層のお客様がいらっしゃるため、清潔感が大事です。髪の毛は一つに結ぶ、服装もだぼだぼしたり袖や裾が長く引きずったりしないように気を付けましょう。

雑誌の編集などのクリエイティブ系⇒周りとのコミュニケーションを取ることが多く、スーツだと浮く職業です。
オフィスワーク系よりもメイクやアクセサリーなどには寛容な傾向があり、周りに不快感を与えなければ個性を出してOKです。

医療系⇒薬局や病院の受付のパートの場合は清潔感を重視し、ビジネスカジュアル程度の服装が必要になります。
女性の場合はストッキング着用、つま先もかかとも出ていない靴、スカートも膝がまるまる出ない程度の服装が良いですね。男性の場合もシャツにスラックスがおすすめですが、迷った時はスーツでOKです。

小売店⇒雑貨屋さんだとその雑貨屋のカラーがあるので、カフェ同様店員さんの服装を観察する必要があります。
例えば、ナチュラル雑貨なら色合いも服装もアースカラーが良いですね。動きが必要になる仕事なのでスカートよりもパンツ姿の方がよく動いてくれそうだなという印象が得られます。

 

ジーンズがダメな業種は?

医療系、ドラックストア、オフィスワーク系、売り子さん、レストランはジーンズが向きません。変わりにイベントの設営や品出しなどの動くことが多い職種ならジーンズでもあまり不快感を与えません。ジーンズは元々作業着なので汚れる可能性がある仕事なら大丈夫です。

しかし、ジーンズはジーンズでも穴が開いていたりペンキをわざと付けたような「ダメージ加工」が施されているものは真面目な印象が薄れるので避けておきましょう。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク