お風呂の水垢を綺麗に落とすには毎日のちょっとした掃除がポイント

%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82%e6%b0%b4%e5%9e%a2%e8%90%bd%e3%81%a8%e3%81%97

お風呂掃除をちょっとさぼると、水垢が出ていたりしますね。シャンプーなどを置いているかごの裏など、ついつい普段は掃除し忘れて水垢が酷くなっていたりします。

 


Sponsored Link


 

大掃除の時に困らないように、事前に水垢対策を覚えておきませんか?

 

水垢の原因は?

水垢は、水道水に含まれるケイ酸、カルシウム、マグネシウムなどのカルキ成分が、蓄積したものです。カビないように浴室乾燥をさせていると、水道水を出す⇒乾かすを繰り返すので、水分が飛ぶ度にカルキ成分だけ溜まっていってしまうんです。水が原因なので、水だけでは落ちにくいのが大変なところなんです。

 

簡単な掃除を毎日続けると後々楽ちん

お風呂掃除を簡単にしたい場合は、毎日お風呂に入った時に軽く掃除しておくことが大事です。私も大がかりな掃除は苦手なので、普段からちょっとずつ掃除することにしています。

うちの場合はお風呂に入ってる間に浴室の床や鏡に洗剤をスプレーして放置します。シャワーを浴びるときに一緒に洗剤を流して終わりです。

スポンジでこすったりしていませんが、これだけでも毎日やっていると汚れが溜まりにくくなるんです。問題点は洗剤の減りが凄く早いことですね!そのため毎日の流し掃除には激安洗剤を使っています。

 

お風呂掃除を楽にするコツとして、床に物を置かない!という鉄則があります。物を置けばその分水の流れが止まり、水垢ができやすいんです。だから水が溜まるところを作らないことが掃除を楽にするコツですよ!

 

水垢掃除にはどんな洗剤と掃除方法がおすすめ?

お風呂掃除を本格的に行う時は、以下のものを用意します。

  • お風呂用洗剤
  • クエン酸
  • ラップかティッシュ
  • スポンジ
  • ハブラシ&歯磨き粉

 

最初に水垢が酷いところにクエン酸をスプレーします。スプレーしたところにラップをかけるか、ティッシュで覆ってクエン酸と水垢を密着させて15分~20分放置します。その後、お風呂用洗剤をかけてゴシゴシ洗います。水垢がこびりついているところには、クエン酸よりも歯磨き粉&ハブラシがおすすめです。

歯磨き粉はお風呂の素材によって光沢が取れたり、表面が傷ついてしまうので気を付けてくださいね。ガラスのような平で大きな面を覆うならスプレーの後新聞紙で覆うのもおすすめですよ。

クエン酸スプレーの作り方は、通常なら500mlの水にクエン酸小さじ2杯、濃いスプレーを作りたい時はクエン酸を倍にして入れてくださいね。ペットボトルをスプレーに出来るグッズがあるので大掃除前に準備しておくと便利です。

 

お風呂の床や浴槽は体の汗を洗い流しているので、皮脂混じりの水垢です。そのため、クエン酸だけではなくお風呂用洗剤も使う必要があるんです。クエン酸の他に、重曹、酢でも代用可能です。お試しあれ!

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク