子供の微熱、続くときってありますよね。?そもそも微熱って何度?

%e5%ad%90%e4%be%9b%e5%be%ae%e7%86%b1%e7%b6%9a%e3%81%8f

37.5度、この数字を越えるかどうかが働くママにとってかなり重要な問題になってきます。

 


Sponsored Link


そして子供って簡単に微熱を出すんですよね!でも見ためは元気なことが多いです・・・。微熱が出やすい原因や、特に注意が必要な微熱ってどんなものなのか把握しておきましょう。

 

子供ってどうしてすぐ微熱を出すの?

平熱が36度台の大人にとって、37度は「微熱」になります。でも乳児から小学校低学年くらいまでの子どもだと、普段から37度を超える子って約2割ほどいるんだそうです。子どもは熱が上がりやすいため、熱以外の症状が無く本人も元気そのものであれば37.4度までは「平熱」だと思って大丈夫だそうです。そのため、保育園や幼稚園でも37.5度が一つの線引きとなっているそうです。

元々子供は大人よりも体温が高く、常に元気に動いていることから体温が上がり易い傾向にあります。さらに、体の体温調整が大人よりも未熟であるため気温に左右されやすく、夏は体温が上がりやすく、冬は低体温になり易いだそうです。新陳代謝も大人より活発なため、平均体温も高めなんですよ。

他にも、体は元気でストレスや心理的な疲労で発熱することも多く、保育園や幼稚園に通い始めたばかりの子だと環境変化に疲れて発熱するということが良く見られます。

 

パッと見元気なのに子どもの微熱が続く原因は?

ママ友の子が、幼稚園でなかなかなじむことが出来ず、ストレスから微熱が続くという症状の時がありました。心因性の疲労からくる発熱だそうです。疲労からくる発熱だと微熱程度のことが多く、遠足や運動会の練習をした後、夕方位に微熱になる子供も多いそうです。

その他、夏の暑い日にたくさん遊ぶと夕方~夜にかけて軽い熱中症と疲労から微熱を出すこともあります。後は風邪などのウイルス感染ではなく、尿路からの細菌感染や、内臓疾患だと高熱まではいかない微熱が続くことが多く、3日以上37.5~37.9度の間の微熱が続くようであれば病院で診察を受けた方が良いそうです。

後は、皮膚に汚れがたまっていると肌の体温調整がうまくいかず、微熱が続くことがあるそうです!これは私も病院で聞いて初めてしったんですが、風邪などで熱が出たときってお風呂を控えることもありますよね。これを続けていると肌の汚れで皮膚呼吸や体温調整が狂ってしまうため、高熱から微熱に下がっても微熱から平熱に下がるのが遅くなることがあるんですって!

そのため、子供が元気そうであれば、微熱に下がった時点でお風呂に入れたり、体を濡れタオルでこまめに拭いてあげることが大事だそうですよ。

 

微熱以外に症状があるかどうかが重要!

症状が微熱だけで、子供本人は元気な場合は、周りの気温や着ている服の枚数を確認し、室内温度を調整したり、厚着しすぎなら1枚減らすなどの調整をしましょう。水分を摂取することで体内から体温が下がることもあります。運動したり、走り回ったり、元気に遊んだあとは水分補給をしっかりさせましょうね。

それだけで体温に変化がみられれば外的要因での微熱なのでなんの心配もいりません。しかし、微熱以外にも下痢やおう吐の症状があったり、子供本人が自覚できるほどの具合の悪さがあるなら別です。

特に以下のことに気を付けてください。以下の症状がみられるときは風邪やそのほかの病気にかかっているので、病院で受診が必要になります。

  • 下痢、嘔吐の症状がある
  • 体に発疹が出ている
  • 喉の痛みや鼻水の症状がある
  • ぐったりしている
  • 頭痛や腹痛を訴える
  • 食欲がない
  • 朝晩になると微熱から高熱に変化する

それから、体温が一番低い朝と、体温が一番上がりやすい夕方の体温差が1度以内であれば平熱、1度以上なら発熱になります。毎日微熱が続くような時は、朝と夕方の体温を記録し様子を見るようにしてくださいね。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク