新学期を不安に思うお子さんって意外に多いんですよ!寄り添ってあげて!

%e6%96%b0%e5%ad%a6%e6%9c%9f%e4%b8%8d%e5%ae%89

小学生の子供を持つ親は、子供が長期休暇に入ると宿題のチェックをしたり、お昼ご飯を準備したり日中の預かり先を探したり、普段よりやることが増えて「長期休暇早く終わらないかな~」という気持ちが少なからずあるものです。

 


Sponsored Link


 

でも、子どもの気持ちは全く逆で、新学期には「学校に行きたくない」と泣きだす子も結構いるんですよ。子供側の理由や原因、それに対する対応方法を覚えておきましょう。

 

子供が新学期に不安を感じること

大人に仕事や家庭の悩みが常時あるように、子供にも同じ様に辛いことや悩むことは常時あるものです。特に社会に揉まれていない小学校の時代は、大人にとって些細なことでも大事で傷つきやすいことが凄く多いんです。

小学生が「新学期に学校に行きたくないなぁ」と思う原因で多いものを把握しておきましょう。私が聞いたことのある理由の中で、子供にも色々あるんだな~と感じたのが、「進級した時の新学期は皆新しい靴を履いてくる。私は新しい靴じゃないから行きたくない」と言うものです。

  • 一年生に多い「ママパパと離れたくない、学校より家が良い」と寂しさから行きたくない
  • クラス替えで仲良しの子と離れた
  • 休み明けの宿題発表で人の前に立つのが嫌、自信が無い
  • 進級して担任の先生が苦手な先生だった時
  • 学校の勉強や運動に付いて行けず劣等感があって行きたくない
  • 新学期に準備しなくちゃいけないものを忘れていたから行きたくない
  • 休み中に友達と喧嘩しちゃった
  • 一緒に通学するはずの子がお休みで一人で学校に行かなければいけなくなった
  • 新学期に苦手な教科のテストがある

 

子供が新学期に学校に行きたがらない、どうしたらいい?

行ってもらわないと困るなぁ、元気そうだからとにかく学校に行ってもらいたい、と言う親側の気持ちも分かりますが、まずは子供が理由を話すまでは一度落ち着かせましょう。

どうしても理由を話してくれないときは、「何で嫌なの?」と攻め立てず、「途中まで一緒に行こうか?」「具合が悪いなら病院に行ってみようか?その後学校に行く?」と子供に寄り添ってみる事をオススメします。一歩踏み出して、いざ学校に行けば楽しくやっている子も多いです。

学校に行きたがらないと言うことは、だいたいの子が学校に対しての不安や心配があると言うこと、その不安が薄れるほどの安心感を、親が与えてあげる必要があります。

 

新学期が始まる前に親がしてあげられること

長期休暇で長く自宅に居ると、学校よりもやっぱり家の方が安心出来て楽なことから、特に大きな理由が無くても「なんとなく学校に行きたくない」と思ってしまうこともあります。それを防ぐためには、親の頑張りも必要になります!少しでも子どもが楽しく学校に通えるように工夫してあげましょうね。

  • 長期休暇中の宿題をしっかりみてあげる
  • 新学期に向けて予習復習に付き合う
  • 忘れ物が無いように1~2日前から新学期の準備を一緒にする
  • 休み期間中に苦手分野を克服する手伝いをする
  • 新学期が楽しみになるように新しい筆記用具や、ヘアゴムを買ってあげる
  • 子供が学校以外のことで不安や心配を感じないように夫婦喧嘩をしない
  • 新学期にお弁当があれば気合を入れて好きな物だらけで作ってあげる
  • 新学期始まって1週間頑張って学校に行ったら週末に家族で食事に行く約束をして、家族皆で1週間頑張ろうね!と励まし合う

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク