灯油をこぼしたり、手についてしまった時はこれで消臭は完璧!

%e7%81%af%e6%b2%b9%e3%81%93%e3%81%bc%e3%81%991

ストーブに灯油を入れるときってどうしてもはねませんか?自動で吸い上げてくれるポンプを使っていても別のポリタンクに移る時にポンプから滴って床に灯油がこぼれてしまうことって多々ありますよね。

 


Sponsored Link


 

その時の掃除の仕方や手についてしまった灯油の臭いの消し方、後は運ぶ途中に服や家具についてしまった時の対処法をご紹介します。

 

灯油を布製の物にこぼした時の掃除方法

灯油をこぼしてしまった時に、何にこぼしても最初にやることは灯油を吸い取ることです。

タオルよりも紙類の方が良く吸い取ってくれるので、キッチンペーパー、トイレットペーパー、新聞紙などがおすすめです。

服や車のシート、マットなど布製のものにこぼしてしまった場合には、まず紙類で灯油をしっかり吸収してください。その後は、キッチン洗剤を直接かけてこすり洗いするか、他のアルコール類をしみこませた布で拭き取ります。

灯油はアルコールに溶けるんです。

ただし、気を付けてほしいのが、アルコールをつけることにより、布が変色する場合があります。変色して困る衣服などの場合は、灯油を吸い取った後すぐにクリーニングに持って行ってください。

洗濯機で洗ってしまうと、他の衣類にも灯油の臭いが移ります。自宅で洗う場合はタライなどを使い、灯油がついた服だけを別にして手洗いしてください。

洗い終わった後に臭いが残っていても、灯油は揮発性なので、日陰で乾かしているうちにだんだんと臭いが飛んでいきます。

車の場合は灯油の臭いに効く消臭スプレーもあるので、掃除が大変な時はふき取った後スプレーがおすすめですよ。

 

 

灯油をフローリングや玄関にこぼしてしまった時の掃除方法

他には、臭いも吸収してくれる粉類を使って吸収させる方法です。粉は衣服やじゅうたん、マットの上で利用すると粉が入り込んでとれなくなることもあるので粉類は床の上や玄関で有効なんです。

使える粉は、重曹、小麦粉、粉末の洗濯洗剤でも可能です。

まずは灯油を紙類か粉類で吸い取り、その後はサラダ油を付けた雑巾で拭きます。灯油を油で溶かして拭き取る方法です。

もちろん、床や玄関がべたつくのでその後は水拭き、から拭きを繰り返し油のべとつきもとってください。後は、キッチン用のアルコール除菌スプレーも使えます。

灯油を吸い取った後に除菌スプレーをかけて十分に拭きます。冬場は1本多めに除菌アルコールを準備しておくといざという時に便利ですね。

 

 

手についた灯油の臭いを早めに消す方法

灯油を入れ終わった後の手って結構臭いますよね。

冬の朝、仕事に行く前に灯油をいれた後など、そのままの臭いで外出するのが嫌な時はこの方法を試してみてください!

  1. サラダ油を使う方法
    手を洗う前にサラダ油を手にかけて全体に擦りこみます。そして、普段通り石けんやハンドソープでしっかり洗います。
  2. 飲み終わった後の茶葉を使う方法
    飲み終わった出がらしを手に擦りこみ臭い消しに使います。サラダ油と同じでよく擦りこんだら石けんで洗います。
  3. 飲み終わった珈琲の粉を使う方法
    茶葉と同じで、飲み終わった珈琲豆を手に擦りこむ方法です。最後石けんで手を洗います。ただ、コーヒーは香りが強いので今度は珈琲臭くなる可能性があります。
  4. みかんの皮を使う方法
    みかんにも消臭効果があるので、皮の表側から汁を出すくらい揉んで、それを手に擦りつけてから手を洗います。
  5. キッチン洗剤を使う方法
    私はこれが一番手っ取り早くてやっています。キッチン洗剤を直接手に付けて洗います。しかし、臭いが消えるまでちょっと時間がかかり長く手を洗う必要があることと、肌荒れしやすい人には向かないので注意が必要です。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク