掃除機タイプ別メリット・デメリット!しっかりと確認して失敗のないように

掃除機4

掃除機と言えば昔は紙パック一択でしたね。今は吸引方法がサイクロンが主流になり紙パックはちょっと影を潜めていますが、昔ながらの紙パックタイプが使っていて安心するという方はまだまだ多いんです。

 


Sponsored Link


 

紙パック掃除機のメリットデメリット

イラスト縦

紙パックを買わなくて良いという点ではサイクロン式の方がコスパが良く、尚且つサイクロンの方が吸引力も高いので一見紙パック式のメリットは無いように感じられますが違うんですよ。

紙パックだと紙パックいっぱいにゴミが溜まるまでサイクロン式の約4倍かかるのでゴミ捨ての頻度が少なく、尚且つゴミを直接見なくて済むので塵が舞うこともありません。

サイクロン式はゴミ捨ての度にダストカップの汚れが気になりますが、紙パック式なら掃除機内にゴミが漏れることはないので衛生的です。

例えば、サイクロン式が隔週でのゴミ捨てだとすると、紙パック式は約2か月置きのゴミ捨てになります。

デメリットはサイクロン式に比べると吸引力が落ちることと、吸い込んだものによっては長期間紙パックを捨てないでいることにより臭いがしてくることです。

吸引力は紙パックにゴミが溜まってくると落ちてくるため、店頭で試した時には感じませんが、使い始めて数週間し、紙パック交換前にはどうしても吸い込みが悪くなったように感じると思います。

 

どんな人に紙パック式が向いているの?

掃除機を購入するときに、予算が低い場合は安いサイクロン式を買うよりも紙パック式の方が壊れにくく吸引力も高い場合があります。

紙パック式は平均価格がお手頃、そしてサイクロン式よりも比較的壊れにくく頑丈なんですよ。

今、交換用の紙パックも通販で手に入るので、近くで売っていなくてもあまり問題はありません。

で、紙パック式掃除機に向いているなと感じるのは「ずぼらな人」と「赤ちゃんがいる人」です。

ゴミ捨てもたまにでいいのでとても楽チンですし、ダストカップの掃除の必要もありません。

我が家も犬を飼い始めるまでは楽ちんな紙パック式でしたが、犬を飼い始めてからは毛の吸い込みが凄く頻繁にゴミが溜まるのでサイクロン式になりました。

子どもが小さかった時もサイクロン式を使っていましたが、溜まったゴミを捨てる時に粉塵が舞うのでどうしても衛生的に良いとは思えず、掃除機をかけている間別の部屋で待てるようになるまでは紙パック式の方が良さそうだと感じていました。

 

紙パック掃除機の人気ランキング

人気メーカーはマキタとパナソニックと東芝ですね。

中でもパナソニックは吸込仕事率600Wと元々の吸引力が高いものが多いので、ゴミが溜まってきても吸引力の落ちが気にならないものが結構あるんです。

 

 

価格ドットコム
http://kakaku.com/kaden/vacuum-cleaner/article/m_2130_002.html

 

コードレスのスタンド型掃除機のメリットデメリット

掃除機1

コードレスの掃除機と聞いてすぐに思いつくのはスティックタイプの掃除機だと思います。

一人暮らしの掃除範囲が狭い場合や、寝室や子供部屋用、リビング等の掃除の頻度が高い部屋のサブ用として、使い勝手が良い掃除機です。

購入を検討している時に知っておきたいメリットデメリット&購入時のポイントなどをご紹介します。

私がコードレスを欲しい理由は、ダントツでコンパクトで小さなところでも使いやすいからです。

子どもやペットがこぼしたお菓子や餌もさっと掃除出来るのが魅力ですよね。

後は、腰を曲げずに使えるのは腰痛持ちには嬉しいです。

コード付きのものだと、どうしても前かがみになってしまいますが、コードレスだと持つところがまっすぐ長く伸びているものが多いのでモップを使うような感覚で使えるところがメリットだと思います。

それから、2wayになっているものがあり、ハンディクリーナーとして車内の掃除などに使えるのも嬉しいです。

デメリットはやっぱり吸引力ですよね。コードレスよりも吸引力が強いものも出ていますが、全体的に見るとやっぱり劣ります。

後は狭い空間にスッと入るスタイリッシュな形なので、狭いところだとどこでも使いやすいと思ってしまいますが、以外と細い部分は入らないんです。

吸い取ったゴミを収納しておくところがついているので、細さが足りなくなるんですよね。だから、机の下や、タンスの隙間等には向きません。

 

コードレスを購入するときに気を付けるポイント

コードレスを選ぶとき、コードレス掃除機で足りるほどの部屋の広さかどうかという点ばかりに注目しやすいですが、その他にも気を付けたいことが3点あります!

  1. 重さ
    充電池が入っているので結構重さがあるものがあります。キャニスターが付いていないものは押して歩けず、持ち運ぶ必要があるので、購入する際には持ち上げてみて色んな掃除機と重さを比較してみましょう。
  2. 充電時間
    安いものだと充電時間がとっても長く、稼働時間がほんの少ししかないものがあります。安さだけに注目せず、どのくらいの時間使えるのか確認する必要があります。実際に掃除にどのくらいの時間かかり、どのくらいの稼働時間が必要なのか計ると購入の時に選びやすくなります。家電量販店で選ぶ時に稼働時間が記載されていない時は家電売り場の店員さんに確認しましょう。
  3. ノズルの種類
    床掃除しかできないタイプだと、隙間掃除や集中的に吸い込みたい時に使い勝手の悪さを感じてしまいます。コードレスを購入してどこを掃除したいか、掃除したいところに必要なノズルの形はどんなタイプか最初から考えていく必要があります。

 

コードレスタイプの人気ランキング

やっぱりコードレスでも吸引力が落ちないダイソンの掃除機が人気です。

ダイソンは、強力なリチウムイオンバッテリーを使っているので、安定したパワーを発揮出来るんです。

ノズルも付け替え出来るのが魅力で、ハンディにすることも可能、キーボードやサッシの掃除に助かるブラシノズルもついています。

ダイソンを選ぶ人はこれをメイン掃除機にする場合が多いですね。

サブ用だと予算~1万円位で選んでいます。

 

 

楽天ランキング
http://ranking.rakuten.co.jp/daily/565105/

 

ロボット掃除機のメリットデメリット

掃除機2

ルンバが出たのは2002年、そこから改良されて現在ではルンバ以外のロボット掃除機も発売されて存在が固定化されていきています。

勝手に掃除をしてくれて、部屋の綺麗さを維持してくれるなんて共働き夫婦や老夫婦にはとっても嬉しいですよね~。

しかし、実際に買ってみて活用できた!うちでは活用できなかった!と口コミも色々なので買って失敗した・・・にならないように自宅にロボット掃除機が向いているのかどうか考えてみましょう。

言わずもがな、一番のメリットは勝手に掃除をしてくれることです。

留守中でも電源一つで変わりに掃除をしてくれます。朝の掃除の時間を短縮できて自分たちの準備や子供との交流に時間を回せますよね。

そして掃除機って結構重いので、歳をとると掃除機を持ちあるって掃除してあるくのが億劫になります。

うちの祖母も、立ち上がるのも辛い日があるため、掃除機を押して歩く元気がない時もあると言っていました。

そんな時に勝手に掃除をしてくれるロボット掃除機は本当に重宝しますよね。

後、ペットを飼っている身としては毛抜けの時期にあるとものすごくうれしいです。

毛の生え変わりが始まると毎日掃除しても部屋の隅に毛玉が出来るので、四六時中掃除してくれるのはとっても便利です。

しかし商品と言うのはすべてにおいて万能であることはありません。勿論、高性能で便利なロボット掃除機にもデメリットはあります。

それは、「ロボット掃除機に頼る=ロボット掃除機が掃除しやすい部屋にする必要がある」と言うことです。

これが一番面倒なのでは?と思います。

それから、起毛がある絨毯だとどうしても引っかかってしまうのが難点です。

冬用ラグなど毛の長いものがありますよね~、あのような毛はゴミとして吸い込まれてしまうので、ロボット掃除機に絡まってしまうこともあります。

アジア圏ではこたつで寝ている間にロボット掃除機に髪の毛を吸い込まれて断髪したというニュースもありましたが、ペットも吸い込まれてしまう可能性があるのが怖いところです。

動くものにじゃれつく猫も、しっぽが長い犬も、怪我をする可能性が出てくるので同じ部屋には置いて置けません。

最後に、アパートマンションだと静音タイプ以外の掃除機は騒音問題になるので、長時間の使用&朝夜の使用が不可になる場合が多いです。

 

どんな部屋にロボット掃除機が向いているの?

床に物を置いておらず、家具もシンプルなものが多く、フローリングの部屋に向いています。床にインテリアを置いていたり、絨毯があったりする部屋は向きません。

それからペットがいる部屋も向きません。

掃除機の出す音がペットにストレスを与える場合や、存在そのものに怖がる可能性もありますし、掃除機がペットを吸い込んでしまう可能性もあります。

うちもリビングが狭い上に室内洗濯竿や子どものおもちゃが落ちていたり、ペットも自由に出入りしているので完全にロボット掃除機には向きません。

ロボット掃除機が向いてるのは、掃除機が掃除しやすいように家具がシンプルなもので整然と並べられており、床に物が落ちていない部屋ですね。ペットがいる場合は掃除機をかけている間は別の部屋に移動させるか、ケージに入れることが前提です。

 

ロボット掃除機の人気ランキング

一番購入数が多いのが5万円前後の商品、ワンランク高くなると7~10万円ほど、とりあえず試してみたい方が購入するのは大体3万円前後の商品の様です。

結婚式のお祝いの品としても人気のあるロボット掃除機、やっぱり貰うならルンバが一番人気の様ですよ!

楽天 ロボット掃除機ランキング
http://ranking.rakuten.co.jp/daily/562638/

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク