アッと言う間に梅雨入りですね!今回は梅雨入り、梅雨明けについてです!

梅雨入り梅雨明け

この前、新入学、新生活だと言っていたのにもう梅雨なの?!と思いませんか?

そう思っているのは私だけでしょうか?

 


Sponsored Link


 

あっという間に衣替えの季節がきて、衣服の整理や夏物のサイズ確認にてんやわんやするんですよね~。

今年は事前に梅雨の時期をチェックし、洗濯ものが乾くうちに衣服の整理を始めようと思い、梅雨がいつから始まるのか調べてみました。

 

梅雨の定義とは?

気象庁の説明によると

晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる現象、またはその期間。

とされています。初夏に降る長雨のことですが、これは日本の上空に梅雨前線と言う停滞前線が出来るため起こる現象なんです。

太平洋からくる温かくて湿った空気のかたまりと、オホーツク海からくる冷たくて湿った空気のかたまりがぶつかりあったまま停滞するのが梅雨前線です。

停滞している間、天気がすぐれず梅雨と言われる時期が続き、太平洋からきた暑い空気のかたまりが勝って、オホーツク海からきた空気を押しやると、日本に夏が到来し、梅雨が終わります。

 

梅雨と言う名前の由来はいまだ不明

「つゆ」、と読んだり、「ばいう」、と読んだりする梅雨ですが、どうして「梅」なの?って思ったことありませんか?

梅の字が使われた理由は、中国で梅の実が熟すころに降る雨を「梅雨(めいゆ)」と呼んでおり、その漢字が日本に伝わったとされています。

そして、それを「ばいう」と読むようになったのは、当時の日本で梅雨のことを「黴(かび)」が生えやすい時期の雨で「黴雨(ばいう)」と呼んでいたため、くっついて「梅雨(ばいう)」になったと言われていますが、正確なところはいまだに不明なようです。

 

梅雨があるのは日本だけ?

四季がはっきりしているのが日本の特徴のため、梅雨という現象も日本だけのものだと思っている方が多いんですが、実は日本以外にもあります。

上はロシアの沿岸部、アジアなら台湾や中国でも梅雨はあります。

次に梅雨がきたら、天気予報に書かれている梅雨前線がどこまで伸びているか見てみてください。

日本だけではなく、諸外国にまで伸びていることが分かると思います。

それに、同じ日本でも前線の影響を受けない北海道には梅雨がありません!

個人的には羨ましい限りです。

 

 

入梅、いつ?

入梅(にゅうばい)と言う言葉を知っていますか?

節分や八十八夜と同じく、季節の移り変わりを示す雑節と呼ばれる日で、暦の上での梅雨入りの日を表しています。

中国から二十四節気が入ってきたあと、日本の天候や風習に合わせて日本で使う暦のために作られた日本独自のものなんです。

入梅は、二十四節気の芒種から数えて6日目頃で、2016年は6月10日になります。

暦の上では、この日から30日間が梅雨の期間に設定されています。

 

梅雨の期間、平均何日?

暦の上での梅雨入りと、実際の梅雨入りは若干ずれます。

関東甲信越地方の2015年の梅雨入りは6月3日、梅雨明けは7月10日でした。

梅雨入りは6月初旬から10日までと毎年変わりませんが、梅雨明けはその年によって、7月上旬の時もあれば、7月25日まで明けなかったりとばらつきが多く見られます。

過去30年間の平均で見ると、梅雨入りは6月8日、梅雨明けは7月21日になり、計43日間、約1か月半になりますね。

出来れば暦通り、30日間で農作物に必要な分だけ雨を降らせ、早めに梅雨が終わってくれると良いですね。

 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク