鼻毛の脱毛は痛そうだけど、試してみる価値はある?

鼻毛ワックス脱毛1

鼻毛って地方よりも都会の方が伸びやすいって知っていましたか?

 


Sponsored Link


 

排気ガスなどの空気の汚れが多ければ多いほど、鼻毛は人体への侵入を防ごうとどんどん伸びるそうです。

その為、地方から上京してきた人たちの約3割ほどは、東京に来てから鼻毛の伸びが早くなったと感じるそうです。

昔、北海道から関東に引っ越してきた友人が、本当に鼻毛が伸びるのが早くて驚いた、と言っていたのを思い出しました!

 

鼻毛、出ていたら指摘するべき?

鼻毛ワックス脱毛2

鼻毛が出ているのを見つけると、どうしていいかわからなくて困りませんか?

指摘するのが正解なのか、見ぬふりするのが正解なのか・・・

私は親しい人であれば「出ているよ!」と言えますし、夫や友人に自分が指摘されてもちょっと恥ずかしながら「教えてくれてありがとう!」と思います。

でも、取引先の方や、いつも身綺麗にしている先輩など、自分の中で目上カテゴリに入る方には言えないんですよね~。

 

実際は皆、指摘しているのかどうか調べてみました!

そうしたら、「鼻毛が出ているよ」は、他人に指摘出来ないこと第三位にランクイン!

一位と二位は口臭と体臭でした。

 

それに、既婚男性向けのアンケートで、妻に鼻毛が出ていることを指摘されたいか?と言うアンケートに対し、「5人に2人は指摘されたくない」、と答えているそうです。

やっぱりかなりデリケートな問題なんですね・・・。

 

皆はどんな方法で、どのくらいの頻度で鼻毛ケアしてる?

一番多いのがハサミ、次に鼻毛カッター、そして月に数回ケアと言うのが一般的な方法と回答のようです。

鼻毛カッターは鼻穴が小さくて怖い、と言う意見や、ハサミもどこまで切っていいか分からないから、あまり深く切れず、そのために回数を多くしている方がたくさんいます。

でも、現代は鼻毛も「脱毛」する時代になったんです!

それが話題の鼻毛ワックスです。

楽天などでは、「鼻毛 ワックス ズポーン」でよく検索されているみたいですね。

実際のワックスと、メリットデメリットをご紹介します。

 

人気のある鼻毛を脱毛するワックス

鼻毛ワックスと言うのは、練り飴のようなボンドのようなものを棒と一緒に鼻に詰めて、固まったら一気に引っこ抜くと言うものです。

鼻の中でワックスが固まる際に鼻毛も巻き込んだまま固まるのでワックスのついた棒を引っ張ると鼻毛も一緒に抜けるという仕組みなんです。

鼻の奥まで入らないようにストッパーが付いているので、手前の良く伸びる鼻毛だけを脱毛し、体にウイルスなどが入らないように守っている鼻の奥の毛はそのまま残せるという利点があります。

それに脱毛なのでケア回数が一気に減る!これは楽ちんですね。

ただ、鼻炎の方などにはデメリットの方が大きいんです。

鼻毛って鼻水が流れてこないようにストッパーの役目もしているので、鼻毛をごっそり抜くことで、鼻水デロデロになっちゃいます。

 

鼻炎持ち以外にも、花粉症の時期や、鼻かぜが多くなる時期、砂塵が酷い時期にはおすすめできません。

他のデメリットとしては、皮膚が薄い人だと皮膚まで痛めてしまうことで出血の可能性があること、皮膚炎になること、回数を重ねることで埋没毛が増えていくことでしょうか。

長く使うにはちょっと抵抗のある品ですが、一回限りの冒険で使ってみたり、ハサミやカッターなどと併用して使うには楽しそうな商品ですね!

口コミには、「痛い」「思ったより痛い」「躊躇したら抜けなくなる」等、抜く時の痛みについての書き込みが多いので、買う時は痛さ覚悟の上、購入してくださいね!

 

 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク