門前仲町、魅惑のスポット「魚三酒場」に行ってきました!

魚三きもつき

以前から気になっていた、門前仲町の魚三酒場に行ってきました!

 


Sponsored Link


 

魅惑のスポット「魚三酒場」は、「東京都江東区富岡1-5-4」、都営大江戸線、東京メトロ東西線の門前仲町駅から徒歩数分の場所にあります。

開店(16時)直撃に行かないとかなり並ぶような情報もあったんですが、実は、ここの前に北千住でも気になるお店があったので、先にそちらに行ってからだったので、駅に到着したのが18時を過ぎていました。

並ぶの覚悟でここまで来てはみたものの、店内は満席でしたが、並んでいる人は3組とラッキーな状況でした。

ちなみに、魚三酒場は1階~4階まであり、「1階が喫煙可」、「2階が禁煙」、「3階~4階が3名以上」という設定のようです。

2階以上を利用する場合は、1階で並ぶ必要が無いようで、直接利用階に行って大丈夫みたいでした。

店内の写真を撮り忘れたんですが、1階はこんな感じのレイアウトになっています。

上から見た状態です。

〇が椅子(数は忘れました)で、①と②は2人のスタッフも持ち場になっていて、①が息子さん?、②が女将?となっているようです。

魚三レイアウト

 

そして、壁一面には、これでもか、と言わんばかりにメニューが貼ってあったんですが、これも撮り忘れてしまいました。

と言いますか、恐らくとっても分からないかと思います。

そのくらい、びっしりとメニューがありました。

で、今回注文したのが、

 

きもつき(650円)」アワビのお刺身肝付き

魚三きもつき

アワビはゴリッゴリ、肝はネットリ濃厚な味で、お店の中では高額になりますが、十分満足できる一品です!

単品の「アワビ(410円)」もありますが、選ぶなら「きもつき」がオススメです!

 

続いてはこちら

天然鯛刺し(570円)

魚三天然鯛刺し

比較対象物がないので、大きさが伝わりにくいですが、570円というのを考えると十分すぎる一品です。

皮付きなので、皮の食感も楽しめる一品ですよ。

こちらも、お店の中では高額になりますが、かなりの迫力、食べごたえです。

 

あなかば(410円)」あなごの蒲焼

魚三あなかば

煮穴子ではないので、フワフワ感はありませんが、しっかりと「魚」を主張してくる一品です。

 

めろかま(580円)

魚三めろかま

デパ地下でメロカマ買おうとすると、一切れ入ったお弁当が1,000円位しているので、2個で580円はかなりお得ですよね。

しかも、かなり美味・・・。

再訪の際は、外せない一品になりそうです!

 

鯛のかぶと煮」→「ヒラメのかぶと煮(480円)

鯛のかぶと煮も、行く前から食べたいリストに入っていたんですが、いざ注文したところ、鯛が無くてヒラメになってしまう、との事。

さらにかなり大きいので、少し高くなっちゃうよ!とも言われたんですが、かぶと煮はどうしても食べたかったので、値段は気になりましたが、思い切って注文してみることに・・・。

で、出てきてビックリです!

これも比較対象物が無いので、大きさが伝わりにくいかもしれませんが、口をみてもらうと、かなり大きい!というのは分かってもらえるかと思います。

魚三かぶと煮

ヒラメでこのサイズは、なかなかお目にかかった事がありません。

で、気になるお値段ですが・・・

な、なんと・・・・

 

480円~~!

 

他のメニューと比較すると高いかもしれませんが、普通に考えたら、このサイズが480円とはビックリ価格ですよね!

 

まだまだ気になるものが沢山あったので、次回訪問が楽しみです!

あなたも、門前仲町にお出掛けの際は、ぜひ行ってみて下さい。

 

あ、魚三酒場の前に行ったところ(北千住 大はしさん)の記事は、また今度アップしますね!

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク




2 件のコメント

  • 毎週魚三じいさん より:

    コップ酒190円、あら煮50円の写真もアップしてほしかったな~(笑)

    • momomama より:

      毎週魚三じいさん さま
      コメントありがとうございます。
      ここはとても魅力的なスポットですよね!
      次回はぜひアップしたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です