あなたはモンペ?モンペとは何かを書いてみました!

モンペ意味1

すっかり育児世代や学校で定着した「モンスターペアレント」、貴方の身近にもいますか?

 


Sponsored Link


 

幸い、私の周りにはまだいないのですが、子供の同級生の親がモンスターペアレントだったり、ママ友が実はモンスターペアレントだと巻き込まれる可能性があるので気を付けなければいけません。

 

モンペって何?

モンスターペアレントっていう言葉は、元小学校教諭の向山洋一氏が命名したと言われています。

モンペと訳されることが多いですね。

昔から、「我が子が一番可愛い」という親ばかはいました。

それは単なる愛情なので、親ばかは何の問題もありません、むしろ子供に愛情が伝わりやすいので推奨している教育者多いですね。

その後、「親ばか」と「バカ親」は違うと言う話が出てきて、「愛情が行き過ぎている馬鹿な親の行動=モンスターペアレント」となりました。

モンペが増加した背景には、親が教育熱心になった、兄妹の数が減って一人の子供にかける時間が増えた、いじめなどが増加して親が不安になった等、色々なことが言われています。

 

モンペの行為、どんなものがあるの?

友人の中学校教師曰く、今は授業参観でも無いのに平日に授業チェックに来る親は毎年居るそうです。

そして、部活の内容も親がチェックし、学校の方針が「部活必須」だとしても、親が「やる意味がない」と判断すれば部活には来なくなり、代わりに習い事や塾に通うようになるそうです。

習い事は各家庭や本人の問題なので、何の理由も無しに部活に来ないわけでも無く、学校も気にしていないそうです。

ただ、発表会や大会の時期になると、部活に全く出ていなかったにも関わらず、「どうしてうちの子が大会に出られないんですか!部活には在籍しているんですよ!仲間はずれですか!」と親がクレームを入れてくるそうです!

こういった、理不尽な要求や意見が「モンスターペアレント」と言われる行為です。

他には、

  • 休んだ日数分の給食費の返還
  • 給食費を支払っていないことを逆切れする
  • 発表会で自分の子が望むポジションじゃないとクレームを入れる
  • 授業参観で子供が答えられるものしか当てないようにと事前に言ってくる
  • クラス替えで我が子が仲良しの子と離れたことに文句を言う
  • 生徒が校則違反したことを叱ったら親の許可なしに叱るな!とクレームが入った

等があります。

モンペにならないための境界線はどこ?

公平性に欠くかどうか、自分の子供だけ特別視してほしいと思っているかどうか、が境界線になると思います。

後は、「教育機関=サービス業」だと認識していて、我が子が苦痛に関するものは全部取り除くのが仕事でしょ!と思っている場合もモンペの可能性があります。

モンペになる可能性があるものを×、モンペでは無く当たり前の要求には○、で例を考えてみましょう。

 

・子供の世界に介入しない

→修学旅行や生徒だけの学習教室に同伴する ×
→夜遊びをするようにり家庭だけで解決できないため学校にも相談する ○

子供だけの世界に親が介入すると子供に問題解決の力が身に付きません。金銭にかかわる問題やいじめ、夜遊びなど大きな問題以外は見守る体制をとる必要があります。

 

・先生は我が子だけのものでは無い

→宿題をしないのは先生の指導が足りないから! ×
→家でも宿題をするように言っているのですが中々改善されないので、先生からも一言声をかけて頂けないでしょうか? ○

先生は学校の中だけの存在であり、すべてをサポートしてくれる存在ではありません。「家庭では家庭の指導を、学校では学校の指導を」と考えて子供を外側と内側から支えていくように考えるのが一番です。

 

学校に意見すること自体がモンペではない

たまに、学校に質問したり、意見する回数が他の親より多いだけでモンペ認識される時もありますが、意見すること自体が悪いわけではありません。

基準を超えた部活動の練習量だったり、先生の言葉遣いが荒くなって子ども達に悪影響を及ぼしている時、子供がいじめに遭っていると分かった時などはすぐに相談して良いと思います。

自分の意見がモンペなのかどうか気になった場合、夫や家族、子供と全く関係の無い友人に第三者の意見を聞くのも一つの手です。

 

モンペに巻き込まれた時はどうする?

気を付けたいのが、ママ友がモンペで、「○○さんもこう思うわよね!?」と巻き込まれることや、自分がモンペに絡まれてしまった時です。

そんな時は以下の対応をとり、冷静に判断しましょう。

  1. 本当に相手の言うことに納得できるか、周りの見解も聞いて総合的に判断すること。
  2. 言いなりにもならず、貴方の言っていることはモンペよ!と逆なでもしない。
  3. 出来るだけ記録に残し、台詞なども言ったそのままを記録する。
  4. 一人にならず、問題のモンペらしき人と会う時は先生の前で会う、夫と二人の時に会う、ママ友に同伴してもらうなど、一対一にならないようにする。
  5. 絡まれた時は、「モンペ嫌だ!」と嫌悪感ばかりでなく、事の発端がどこにあったのか詳しく聞き出すこと。
  6. 自分たち親子に全く関係ない話で巻き込まれそうな時は関わらないのが一番。

 

自分が当事者になり、モンスターペアレントに絡まれてしまった時は、一人にならずに複数の人に立ち会ってもらい、具体的に話を聞き、何に怒っているのか、何に悲しんでいるのかちゃんと知ることが一番です。

自分が全く関係ない話で、「○○さんもそう思うでしょ?」と同意を求められた場合は、反対意見を強く出さず、かといって言いなりにはならず、「同じ立場に立ったらそう思うかもしれないね~、でもその場に居たわけじゃないから何とも言えない~」となるべく関わらない努力に徹する必要がありますよ。

 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク