ジーンズの洗濯頻度はこの位!

ジーンズ洗濯頻度1

これから暖かい日が続き、ジーンズの出番も増えるんじゃないでしょうか?

 


Sponsored Link


 

動きやすくて、ちょっと公園で体を動かす時などはジーンズとスニーカーがピッタリですよね。

そこで気になるのが、ジーンズの洗濯頻度です!

皆さん、前回お気に入りのジーンズを洗ったのはいつですか?

 

ジーンズの洗濯頻度はどの位?

ジーンズ洗濯頻度2

ジーンズの洗う頻度、毎日洗う人は少なくて、

臭いや汚れが気になった時に洗う人が約7割

履くたびに洗う人が約2割

洗わないと言う方が約1割です。

どうしてもジーンズは毎回洗うとすぐに劣化してしまうイメージがありますよね。

確かに、洗濯機で毎回洗っていると劣化が早くなります。

でも逆に全く洗わないと、人の皮脂や汗が繊維にしみこんでしまい、これもまた劣化を早める原因になりますよ。

 

初めての洗濯はいつ頃が良い?

ジーンズは洗わない方が良いとも言われていますが、年代物の雰囲気を出すためにはある程度洗った方が個性も出て良いんですよ!

しかし、とにかくダメージ感を出したい!とムキになって洗うと、おかしくなるので、出来れば毎日履いて、自分の足に合った形でダメージが刻まれると良いですね。

週1~2回履くペースなら、初めて洗うのは半年先が目安だそうです。

毎日履く方なら・・・一回目の洗濯の目安は、

太もも部分に出来る皺(しわ)が、太ももの外側まで来た時

だそうです。

ジーンズ愛好家には、「ヒゲ」と呼ばれている部分です。

 

ジーンズは洗濯機で洗って大丈夫?

ジーンズ洗濯頻度3

まずはジーンズについているタグを見てください。

古着屋などで購入したビンテージ物はタグが擦り切れて分からない時もあります。

その時は、デニムを傷めないためにも手洗いだけにしましょう。

洗濯表示で洗濯機OKであれば、洗濯機で洗って構いません。

表示に合わせて、弱や標準で洗います。

脱水は、繊維が摩擦で痛みやすいので短時間か、手で絞るようにします。

干す時は形を整えて直射日光の当たらないところに、筒状に干すようにします。

ジーンズは厚手なので、ウエスト部分にも空気が当たる様にすると乾きやすいんですよ。

小さめのピンチハンガーを1つつかい、縦にウエスト部分に空間が出来るように干します。

 

 

 

ジーンズの手洗いの手順

ジーンズを手洗いするときはまず裏返します。

表にしたまま洗うと洗いムラが出来てしまうこともあるので、全部ひっくり返して、軽く折りたたみます。

大きなタライにぬるま湯をためて、洗剤を溶かし、その中に裏返して折りたたんだ状態のジーンズを入れ、上から均等に押して、押し洗いします。

色落ちしない漂白剤も売っていますが、金属が付いているジーンズには使わないようにしましょう。金属が変色してしまいます。

柔軟剤を使う使わないは個人の好みになります。汗の臭いが気になる夏場だけ使うのもおすすめですよ。

すすぎはしっかり、5回位綺麗な水やぬるま湯に変えて行いましょう。

干す時は洗濯機で洗った時と同じく、筒状に干します。

 

ジーンズで色移りしちゃった!落とせる?

他の服に色移りした場合、合皮や本革など以外の綿やポリエステルならば、熱湯で煮て洗うとある程度落ちる可能性があります。

ただ、この方法は布がお湯に強い場合にのみ有効なので、商品によっては熱湯で繊維が傷み伸びてしまったり、質感が失われる可能性があるので、自己責任で行ってくださいね。

●煮洗いの手順

必要なもの

  • 洗濯用粉せっけん(固形石鹸を削ってもOK) 60~70グラム
  • ステンレスの大きな鍋(アルミは使えません)
  • 3リットルの水
  • 洗濯のり 80グラム
  • 菜箸やトング

※使える素材の場合、酸素系漂白剤、炭酸塩(炭酸ソーダ)、重曹を加える

  1. 3リットルほどのお湯を沸かす
  2. 粉せっけんと洗濯のりを入れて1~2分待つ
  3. ジーンズの色が移った服を菜箸やトングで入れて、ゆっくりお湯につけこみ、色移りした部分の色が落ちたら鍋から出して、しっかりすすいで乾かします。

お湯の温度と時間は、綿や化学繊維の場合は70~90℃で5分位で結構落ちますよ。

色移りしたものが何枚かある場合には、1枚ずつ煮洗いするのが良いですね。

 

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク