浅草でどうじょうを食べるなら、老舗の「駒形どぜう」はいかがですか?

komagatadozeu2

今回は、1801年創業の浅草「駒形どぜう」に行ってきました!

今年が2016年なので、創業215年と歴史のあるお店です。

 


Sponsored Link


 

お店の場所は、浅草駅から徒歩5~6分といった感じです。

住所:東京都台東区駒形1-7-12

 

ちなみに、どじょう鍋ですが、過去に一度、お友達の家で食べたことがあったんです。

ただ、どんな味だったのか、などなど、全く覚えていないので、今回は再確認の意味で老舗の「駒形どぜう」にやって来ちゃいました。

 

今回は祝日だったんですが、「12時少し前に到着すれば大丈夫かな!」と思っていたんですが、到着した時には、随分と人が並んでいました。

かなり目測を誤った感じです・・・。

 

komagatadozeu1

 

全体的に撮らなかったので、混雑具合は分からないと思いますが、右に左に人・人・人だかりでした!

かなり混雑していましたが、ここで引き下がるわけにもいかず、暖簾(のれん)の前のお兄さんに名前と人数を告げて待つことに・・・。

ちなみに、名前を告げた時点で「だいたい〇〇分待ちです」と教えてくれます。

私たちが申し込んだ時点で30分待ちでした。

見た目の混雑具合からすると、もう少し待ちそうな感じでしたが、思ったほど長くなくて良かったです。

 

で、待っている間ですが、入口のドアが開くと、お出汁のいい匂いがしてたまりませんでした。

 

 

いざ入店!

駒形どぜうは、地下(椅子席)、1階(入れ込み座敷)、2階(大広間椅子席)、3階(掘りごたつ式テーブル)とあり、今回は1階の入れ込み座敷に通されました。

 

komagatadozeu17

 

これまた全体的に撮れませんでしたが、ここは創業以来の江戸情緒をそのまま残しているんだとか・・・。

お店のHPに各階の画像が載っていますが、1階は他の階とは全く雰囲気が違いますよね。

いい味出していませんか?

駒形どぜう 各階の画像(公式HP)

 

駒形どぜうのメニュー

komagatadozeu4 komagatadozeu5

 

今回オーダーしたのが・・・

昼のサービス定食から「なべ定食」、一品料理から「鯉のあらい」、どぜうから「どぜう唐揚」になります。

なべ定食には、どぜう鍋、田楽、どぜう汁、お新香、ご飯がセットになっています。

どぜう鍋

komagatadozeu9 komagatadozeu8

 

普段目にするどじょうのサイズとあまりにも違いませんか?

巨大ですよね!

これは、どうやら煮込んでふやかしているっぽいんです。

提供された時には、「既に食べられる状態なので、煮立ってきたらお召し上がりください」、みたいなニュアンス(正しい説明は忘れてしまいました)で説明してくれました。

でも、どうやったら長時間煮込んで、型崩れしないんでしょうね?

コトコト長時間煮込んでいるんでしょうが、大量のどじょうを煮込むとなると、重なりもでてくるだろうし、ん~知りた~い。

 

駒形どぜうのホームページを見ていたら、「下ごしらえとして、活きたどぜうにお酒をかけて、酔ったどぜうを煮込んでいる」そうです。

 

一匹を取り出してみると、こんな感じです。

komagatadozeu12 komagatadozeu10

 

また、席と席の間に薬味のネギが大量に準備されているので、どぜう鍋にトッピングです。

さらに、タレも準備されているので、タレが少なくなってきたらセルフで注いでコゲを防いでくださいね。

鍋が浅いので、タレを溢れる程注いでも、比較的直ぐに無くなってしまいます。

さらにさらに、薬味として、山椒と七味も準備されています。

「お好みでかけてお召し上がりください」と説明してくれたので、かけてみましたが、個人的には山椒がどじょうとの相性が良かったと思います。

甘目のお出汁、ほんのり苦味のどじょう、火が通って甘くなったネギ、この相性が抜群に美味しかったですよ!

 

田楽

komagatadozeu11

 

どぜう汁

komagatadozeu15

 

数匹どじょうが入っていて、なにやらトロミが付いています。

 

お新香とご飯は撮り忘れました。

お新香は、カブ、キュウリ、ナス。

ご飯はおひつで出てきますが、お茶碗二膳分となっています。

 

鯉のあらい

komagatadozeu14

 

どぜうの唐揚

komagatadozeu13 komagatadozeu16

 

そもそも、大きいものではないので、身を食べている感じはあまりしませんが、お酒のお供にはいいかもしれませんね。

 

浅草に行った時には、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

駒形どぜうHP

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク