雛人形の片付けが遅れると「お嫁に行くのが遅れる」、と言われるのはなぜ?

雛人形片付け時期1

「雛人形は、片づけ遅れるとお嫁に行くのが遅れるんだよ~」って言われことありませんか?

うちでは3日まで飾って4日の午前中には仕舞われていた気がします。

 


Sponsored Link


 

でも、本当にそんなルールが存在するのか?と思って、お片付けを急ぐ理由や、使う人が居なくなってしまった雛人形をどうしたらいいのか?等、飾ってあげる側の問題を調べてみました。

 

正式なルールは?いつ出していつ片づけるもの?

雛人形を飾りはじめるのは、暦の上で春になる立春(2月4日)ごろから飾ります。

2月3日の豆まきで厄払いをして、身辺が綺麗になった後に出してあげるのが一番です。

他に、地域によっては雨水の頃に出す習わしがあるところもあります。

雨水は2月19日辺りから啓蟄(けいちつ)までの期間のことで、2016年のカレンダーなら2月19日からになっています。

 

啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3。二月節(旧暦1月後半から2月前半)。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意を示す。春の季語でもある。 現在広まっている定気法では太陽黄経が345度のときで3月6日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。平気法では冬至から5/24年(約76.09日)後で3月8日ごろ。Wikipedia

 

立春は暦の上での春、雨水は雪どけが始まる春を意味するんですよ。

新しい縁を芽吹かせるためにもお雛様は春を感じられる日に出すのが良いですね。

 

国立天文台 二十四節気

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2016/rekiyou162.html

 

出すのが遅くなると飾れる期間も短くなるので、遅くても3月3日の一週間前までには出しましょう。

次に片づける日ですが、調べたところ・・・「仕舞うのが遅いと嫁に行き遅れる説」は根拠無し!でした!

じゃあ、なぜ片づけるのを急ぐのかと言うと、日本の行事は神事から派生しているものが殆どで、節気ごとに行われています。

雨水の次の節季が3月5日ごろの啓蟄のため、それまでに片づけるのが昔から風習となっているんです。

雛人形師さんオススメは、節気にかかわらず、人形は湿気を嫌うために良く晴れた日にちゃんとほこりなどを払って仕舞って欲しいそうです。

 

使わなくなった雛人形はどうしたらいいの?

一番のオススメは、人形供養をすることです。

お雛様は雛人形を持った子の厄災を引き受けてくれる形代でもあるので、ただゴミに捨てたりするのはちょっと気が引けますよね。

今までありがとうの気持ちを持って処分しましょう。

人形供養は、神社やお寺で随時受付していたり、年1~2回盛大に供養を実施しているところもありますし、神社やお寺で雛人形の里親探しをしてくれるイベントもあります。

近くに神社等がない時は、人形協会(http://www.ningyo-kyokai.or.jp/)に贈ると代わりに人形供養の手続きを取ってくれます。

 

雛人形のこうげつ人形 全国の人形供養案内

http://www.kougetsu.co.jp/kuyou.html

 

日本人形協会 人形供養・人形感謝祭 開催リスト

http://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/klist.html

 

後は、雛人形をたくさん飾るお祭りをしているところに寄付するのも良いですよ。

各HPなどで秋ぐらいに雛人形を寄付してください、と言う募集がかかるのでその時に贈るようになります。

自分に縁のあるお雛様がこの先長い間、他の人たちの目を楽しませることが出来るならそれも素敵ですよね。

大きなひな祭りのお祭りは、下記の記事を参考にしてみてください→

 

ひな祭りの由来・歴史は雛人形の歴史よりも遥か昔からあった!

 

他には、幼稚園、保育園、児童館や、老人ホームなどに「要りませんか?」と連絡してみるのも良いと思いますよ。

 

雛人形を譲るときはお祓い等必要?

雛人形を幼稚園やお祭りに寄付する方法もある、とご紹介しましたが、本来は女の子の身代わりとして用意されるものなので、女の子1人に対し、1体になり、その子がお嫁に行った次点でご供養となります。

その為、人に譲渡することや、お下がりを使うと言う概念が本来は無い物なんです。

そのため、人に譲渡したいからお祓いをしてほしい、と言っても神社やお寺によってはお断りされると思います。

その際の代わりの方法ですが、雛人形を譲渡する代わりに、また新しく自分用の身代わり人形を購入して、お雛様の役目は終わりにし、新しい人形に役目を負ってもらうという方法がありますよ。

新しい人形は何でも構いません。

インテリアにもなるようなお人形なら一年中飾っておけますね。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク