マラパスクアに行こう!フィリピン離島の旅13!

sebu239

前回の「ヒルトゥガン島」に引き続き、今回は「ナルスアン島」です!

 

sebu231

 

あ、これが島ではないですよ、念のため(笑)

島の周辺は浅瀬なので、この桟橋に船を着けて桟橋を歩いて島に行きます!

 

sebu232

 

桟橋の先端から島を撮った画像です。

画像を見ると、桟橋が海面スレスレに見えますよね!

実は、海面から3~4メートル位の高さにあるんです!

スレスレだと危ないですもんね!

 


Sponsored Link


 

さて、桟橋を渡り島に入るわけですが、ここも入島料が必要です。

ただ、「ヒルトゥガン島」と違って、きちんと受付がありました。

島に入ってチョット歩くと、何やら得体の知れない水たまりが・・・。

 

sebu233

 

中を覗くと、魚が沢山泳いでいるんです。

ちなみに、奥に見える建物はレストランなんですが、ひょっとして「生け簀?」

オーダーが入ると、ここから魚をゲットして調理、みたいな感じなんでしょうかね?

最後までこの水たまりの正体は分かりませんでした。

 

この島での目的はシュノーケリングです。

いくつかポイントがあるようですが、まずは浅瀬のポイントへ向かいます。

ポイントへ向かう途中、ワンコを発見!

 

sebu236 sebu235

 

sebu237 sebu238

 

ここのポイントは超浅瀬なんですが、ボチボチお魚もいました!

ただ、パンには反応を示しません・・・。

フィリピンでシュノーケリングをするときは、パンを持参してくださいね。

喰いつきのいいポイントだと、お魚が沢山寄ってきて楽しいですから。

ちなみに、次のポイントはこことは違って、パンへの反応が凄まじかったです。

でも、シュノーケリングしている他の人達は、パンを持ってきている様子ではなかったですね。

初フィリピンシュノーケリングなのかは分かりませんが、みなさんが行った際には絶対にパンを持って行って下さいね。

 

さてさて、次なるポイントはこんな感じの魚群です(笑)

 

sebu239

 

さっきとは全然違いますよね!

軽くパンを持っている指を噛まれます(笑)

 

sebu240

 

 

今回のアイランドホッピングはこんな感じでした。

最後のポイントはエルニドなど色々なところでシュノーケリングをしましたが、一番魚が多かったような気がします!

次回は晩ご飯の模様をご紹介していきますね!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク