マラパスクアに行こう!フィリピン離島の旅12!

sebu220

さてさて、今回はアイランドホッピングについて書いていこうと思います。

アイランドホッピングでは、行きたい島を幾つかピックアップしてツアーデスクに伝え、その行く島によって料金が変わってくるようです。

今回行ったのが、「ヒルトゥガン島」と「ナルスアン島」です。

 


Sponsored Link


 

まずは「ヒルトゥガン島」に向います。

ボートはこんな感じのボートです!

 

sebu219

 

このボートもホテルの下からでてるんですよ!

マリンレジャーを楽しみたいならここのホテルはおすすめです。

 

ホテルのお部屋の模様はこちらからどうぞ・・・。

 

さて、ボートに揺られること数十分、ヒルトゥガン島が見えてきました!

 

sebu220

 

この島周辺はダイビングスポットもあり、シュノーケリングでも十分楽しめる場所です。

ただ注意したいのが「クラゲ」・・・。

この時期だったからなのか、結構居ました(汗)

ラッシュガードなんかを着ていれば、クラゲアタックを防げるようですが、主人はラッシュガードは来ていなかったので、結構やられていましたよ!

さて、このヒルトゥガン島ですが、入島料と水中カメラを使う場合は使用料を取られます。

事前の調べでは、「島には上陸できない」、という話を見かけていましたし、大手ツアーサイトでも、「ヒルトゥガン島には上陸しない」、というのがあったのに、なんで入島料が必要なのかなぁ、と思っていたんです。

あ、ちなみに、入島料とカメラ使用料は各200ペソです。

海が綺麗で、入島料の事をすっかり忘れていたんですが、ひと泳ぎして船に上がると見知らぬ年配の男性が乗船しているんです。

結局は、この人が入島料やカメラ使用料を徴収する人だったんですが、次いで、食材を持った人も小型船に乗って私たちの船に近づいてきて乗船してきました。

で、自分の持ってきた食材を私たちに見せて勧めてくるわけです。

ちなみに、食材はこんな感じです。

 

sebu221

 

巨大シャコも居ました!

前回のパラワン島の時に食べそびれた、あの巨大シャコです!

 

パラワン島のシャコ記事はこちら

 

写真ではちょっと物足りない感じですが、他にはアワビなんかもあって、意外と豪勢?みたいな感じだったんです!

ただ、値段を聞いてビックリ!

値段をメモっていなかったので忘れましたが、「そんなに高い?いやいやボッタくり過ぎでしょ」という感じの値段だったんです。

でも巨大シャコは食べてみたかったので、何とか交渉し納得のいく値段まで下げてもらいました。

 

で、ここで問題が発生というか、疑問が湧いてくるわけです!

ヒルトゥガン島は上陸不可な島なのに、何処でこれを食べる?という疑問です・・・。

話しを聞いてみると、島に上陸して海岸沿いの建物の中で食べれるよ!

と言うではありませんか!

なぁんだ、上陸不可ではないんだ、と喜び勇んで、上陸することにしました。

 

ボートが桟橋に近づくにつれ、なにやら子供が集まってきます。

よく見ると、手には貝殻のアクセサリーらしきものを持っているではありませんか!

さすがに写真は撮れませんでしたが、結構な数の子どもたちが近寄ってきて、買って買って攻撃が始まっちゃったんです!

 

まいったなぁ、とは思いつつも、買うことはせずに、ごはんを食べるところまで案内されるんですが、その間も子どもたちは後を付いてきます。

さらには数名の大人まで加わって、かなりの人数になっちゃいました(汗)

 

さてさて、食事をする場所に到着したんですが、料理が出来るまで時間がかかるので、その間島を案内します、との事。

嫌な予感はしましたが、ここで留まって買って買って攻勢に合うのもキツイので、島を案内してもらうことに・・・。

 

sebu222 sebu223

 

最初に乗船してきて入島料などを徴収した人が案内をしてくれました。

島は本当に小さく、島民の数も相当少なそうな感じでした。

で、案内してくれている最中、ゾロゾロと人が付いてくるわけですが、大人は「サリサリで子供に何かを買ってあげてくれ!」とず~っと言ってくるわけです。

この攻勢にはかなりやられた感じですが、一つ買ってしまうと大変な事になりそうだったので、買うような事はしませんでした。

島内を回って食事をする場所に到着し、ほどなくして巨大シャコたちが提供されます。

 

sebu230 sebu225 sebu229 sebu224 sebu228 sebu226 sebu227

 

お料理自体は素材が新鮮なせいか、美味しかったですよ!

特にアワビが絶品でした!

で、食べている最中も、色々と攻勢をかけてくるわけですよ!

「入島料や食事代はボスが管理しているから、私たちの民芸品(?)を買ってくれ!」みたいな感じで、貝の飾り物やなにかを沢山持ってくるんです!

 

値段はかなり高めな感じ・・・。

 

食事を終って、いざ帰ろうとすると、場所代としてもお金を要求してきました。

もちろん、払いませんでしたけど・・・。

 

ココの島は、

 

入島できない島

 

という島ではなく

 

入島してはいけない島

 

なんだなぁと思った次第です。

 

さて、次回はナルスアン島についてです。

お楽しみに(^^)/

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク