マラパスクアに行こう!フィリピン離島の旅10!

sebu203

さて、今回はOSLOB(オスロブ)のジンベイザメウォッチングです!

というか、パート10までくると、もうタイトルと大分異なった内容になっていますが、気を取り直して、ジンベイザメウォッチングいってみましょう。

 


Sponsored Link


 

マクタン島からオスロブの位置関係はこんな感じになっています。

 

 

ジンベイウォッチングは午前中のみなので、午前5時半に出発です。

移動に2時間半で、到着が午前8時頃!

 

sebu197
 

ジンベイザメウォッチングはダイビングでも可能なようですが、今回はシュノーケリングです。

次回、行くことが有ったら、ダイビングもいいかもしれませんね。

シュノーケリングでも凄い迫力だったので、ダイビングだともっと凄いかもしれません。

 

ちなみに、主人はPADIのダイブマスターのライセンスなるものを持っているそうです。

 

 

そんな話はさておき、ここは人気のスポットなので、出船まで駐車場で待機することに。

その最中、寝ているワンコがいたのでカメラを向けてみると、「何?」という感じか分かりませんが、近寄ってきました。

カワイイですね。

 

sebu198 sebu199

 

いよいよ乗船の時間がやってきました。

が、その前に、注意事項の説明があります。

 

sebu200

 

もちろん、説明は英語になるんですが、ご安心を・・・。

日本人の観光客も多いせいか、こんなものまで用意されていました。

 

sebu201

 

ポイントは、ジンベイザメに近づかない、触らない、という事のようですね。

チョット見にくいですが、この手漕ぎの小型船に乗ってポイントまで移動します。

 

sebu202

 

ポイントといっても、画像左上隅にチラッと見える所です。

ジンベイザメウォッチングといっても、遠くから見るんだろうなぁ、という感じで行ったのですが、なんと船に激突する位接近してきます。

接近というか、エサを与えている船(画面中央の船)があるんですが、その人が各船の近くまで来てくれるので、近寄ってきたところをウォッチングするという感じのものです。

 

sebu205

 

かなり大接近・・・

 

sebu203

 

子ジンベイですが、かなりの迫力・・・。

最初は一匹しか見当たらなかったんです。

その子を遠目で眺めていたんですが突然、下から何かに突き上げられる感覚が・・・。

フッと下を見ると、一匹しか居ないと思っていたジンベイが他にも居て、その子に体当たりされちゃったんです。

 

sebu204

まさかジンベイからアタックされるとは思わず、ビックリでした。

あ、お腹が見苦しいので「モザイク」をかけてみました・・・(汗)

日本では水族館のガラス越しにしか見たことが無いジンベイザメが、こんな状態で見られるとは感動でした!

少しジンベイサメの画像・動画を掲載しておきます。

 

 

sebu206 sebu207 sebu208 sebu209 sebu210

 

ちなみに、ジンベイザメウォッチングは30分程度になります。

マクタン島からだと、移動時間往復で5時間なのに対して、ジンベイザメウォッチングは30分程度ですが、行く価値ありだと思います!

さて、ジンベイザメウォッチングが終了し、軽くご飯を食べてホテルに戻ります。

 

sebu214 sebu211 sebu212 sebu213

 

ホテルに戻った後は、これまたやってみたかった「スタンドアップパドルボード」にチャレンジすることになりましたが、その模様はまた次回おおくりします・・・。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク