中学受験の塾の費用ってどの位かかるんだろう?なんと・・・

中学受験塾費用1

今は小学生でも習い事の他に塾に通っている割合が高く、昔は授業と宿題だけでなんとかなっていたが今はそれだけでは中々難しくて、中学受験する予定が無くても塾が必要と言う保護者もいるくらいです。

じゃあ、本格的に中学受験を目指す子はいつから、どのくらい塾に通うのか、またその費用はどの位なのか、今回は調べてみました。

 


Sponsored Link


 

中学受験はいつから目指す?

塾のカリキュラムを見ていても、本格的な受験対策は小学校4年生からと考えていいと思います。

しかし、小学校4年生の時点で過去3年分の基礎力を十分にし、尚且つ狙えるなら向こう1年分の学習をさらりと進んでおく必要があります。

塾のタイプによっては、小学校4年5年で6年までの勉強を終え、「6年の一年間は受験勉強のみ!」と言うところもあります。

早めに行動すると、子供も馴染みやすく負担が少ないかもしれないですよね。

でも、かといって「絶対に小学4年生から!」と言うことでは無く、子供に行きたい中学校が見つかった時、本人のやる気が出た時に合わせても良いと思います。

そのために小学校から入ったら家庭でも予習、復習は学校から指定されている範囲外も面倒をみて、いつ塾に入っても良い様にしておきましょう。

 

中学受験塾費用2

 

中学受験でかかる費用、何がどのくらい?

私立中学に入学すると授業費がかかりますが、入学する以前から受験対策に通う「塾代」が発生します。

一般的な習い事だと、高くても月1万円ほどなので1万円×12か月で年間12万円になりますが、塾は通う頻度も違うので費用も勿論違いいます。

おおよその目安では、日能研は3年間で総額約215万円と言われています。

小学校4年生約45万、小学校5年生約65万、小学校6年生約105万

費用に含まれるのは、普段の授業、模試、集中対策、テキスト代、環境設備代等です。

他に別料金で強化合宿なども開催されます。

他の塾でも小学校6年生が一番高くて、1年間通うと大体年間で100万円~130万円かかります。

 

SAPIX中学受験ガイド

http://books.rakuten.co.jp/rb/13261299/

 

中学受験は親が9割「学年・科目別」必勝対策

http://books.rakuten.co.jp/rb/13057224/

 

小学生に人気の塾は?

①SAPIX

https://www.sapientica.com/

全国模試でまぁまぁいい結果なら一度検討してみてください。

成績上位者に合わせた授業進行、指導になるため、入塾時からある程度の学力が必要になる塾です。

家庭で十分にサポートが出来る環境なら良いと思います。

 

②日能研

http://www.nichinoken.co.jp/

4つの塾の中では、入塾後、ついて行き易い塾だと思います。

基本を繰り返し勉強し、宿題も多くはないので、難関校では無く中堅校向けのところになると思います。

お子様のプレッシャーも少なく済むので、塾自体に子どもが抵抗を感じている時は最初にこの塾に入れて様子を見てみるのがおすすめです。

 

③四谷大塚

http://www.yotsuyaotsuka.com/

4年~6年生向けに受験コースがあります。

予習に力を入れていて、自社開発の予習シリーズテキストは定評があります。

お子様のタイプによって、予習に力を入れて伸びる子、復習で伸びる子がいますが、予習タイプならこの塾がおすすめです。

 

④早稲田アカデミー

http://www.waseda-ac.co.jp/

コツコツ自分から真面目に勉強するタイプの子に向いています。

個別指導が可能なので周りと一緒のペースでは無く、自分のペースでしっかり学びたい子もOKです。

家族対象に高校側の講演会や説明会も多く開かれていて塾に通っている間に志望校の情報収集もできます。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク