赤ちゃんの防寒対策!抱っこやベビカー、おんぶもこれでバッチリ!

赤ちゃん防寒抱っこ1

秋から冬に生まれた赤ちゃんの衣服、困りませんか?

 


Sponsored Link


 

自分でも風邪をひく季節に、赤ちゃんの暖かさを管理するのは大変ですよね。

着せすぎると、あっと言うまに汗かいて、冷えて風邪をひいたり、あせもが出来たりします。

靴下は履かせない方が良い!と、保育園で預かってもらったときに言われましたが、その日のうちに霜焼けになってました・・・

皮膚科によると、靴下が必要か必要じゃないかは、赤ちゃん毎によるので、一切履かせない保育園は少なくなってきているとのことでした。

そんな冬のベビーファッション事情、出来るだけ失敗しないように要点を抑えておきましょう。

 

秋冬のファッションスタイルは?

赤ちゃんも秋冬は暖かい保温がしっかりした格好が適しています。

室内では長肌着の上に秋冬用の厚めのロンパースを着せて過ごし、外出するときは靴下&ポンチョ等のアウターを着せたり、すごく寒い時は足先まで覆ってくれるもこもこのカバーオールやダウンで外出していました。

秋から冬の間、長袖肌着+秋冬用のロンパースか上下の服は変更せず、暖房の温度や外に出るときは上に着せるコート、一緒に着るママコートなどで私は調節していました。

そうすると、秋~冬の間、同じお洋服を着回しできますよ。

 

天竺長袖ドレス&カバーオール

 

気を付けたいポイントは、肌着は年中汗を一番吸い取る綿素材を使う、靴下は足の温度によって履くか履かないか決める、お腹は腹巻でちゃんと保護することです。

お出かけの時に重宝したカバーオール↓着ぐるみを着れるのも今のうちなので絶対着ておいた方が良いです!

可愛いですよ~!微妙に寒そうな時に使えるベストが1枚あると便利でした。

 

GAP Baby お耳のフード&足つき カバーオール

 

コットン素材で大人気☆着ぐるみスーツ

 

ギンガムチェック 接結キルト ベスト

 

 

春夏と違う持ち物は?

お出かけするときの防寒として、赤ちゃんが寒がった時にすぐにかけられるブランケットは鞄やベビーカーに1枚持ち歩いていました。

クリップがあると抱っこひもの肩紐とブランケットをくっつけられたり、ベビーカーにも固定できるので秋冬生まれには1個必要だと思います。

あと、行く先々によって暖房温度が違ったりするので、調整するためのベストと靴下、汗をかきすぎて着替えが必要になったときのために肌着は必ず鞄に入れていました。

手を頻繁に出す赤ちゃんなら、厚手のミトンを持っていた方がいいと思います。

手袋はまだまだ大きくてガボガボしちゃうので、顔を引っ掻かないように着けてあげるミトンの厚手のものがおすすめです。

 

ミニーマウス ブランケットクリップ ディズニー

 

厚手のキルトミトン オーガニックコットン100%

 

活用したい 赤ちゃんの防寒グッズ

お出かけスタイルによって、防寒方法はちょっと異なりますが、抱っこでもおんぶでもベビーカーでも、赤ちゃんの足は要注意!触って熱かったら、服が多くて衣服の下で蒸れてもおかしく無い状態、冷たかったら体が冷えているので足や体を覆って暖かくすることが大事です。

赤ちゃんが暑いのか寒いのか判断しながら、防寒グッズは活用して楽しいお出かけにしましょう!

 

●ベビーカーと抱っこ両方に使えるタイプ

ベビーカーにも抱っこ紐、スリングにも使える両用タイプがおすすめです。

どっちかに偏って買うと、あまり出番が無くて「買わなくてもよかったかな?」の結果になりかねません。

 

セブンエイエムアンファン プーキーポンチョ

 

ポグネー ベビーケープ

 

●ベビーカー用

ベビーカーの上からブランケットやケープをかけても、下から冷えることも注意しなければいけません。

クッションを1枚増やしてあげたり、足元は靴下では無く、もこもこのブーティに変更すると暖かさが増します。

 

もこもこファーの ベビーカーシート

 

ベビー用 ブーティー

 

●抱っこ、おんぶ用

ママコートは私も買いました。

秋冬生まれ、尚且つ寒い地域なら買って損はしません。

ベビー用のところは取り外しできるのでママ一人だけでも普段から着ることができます。

赤ちゃんとママが感じる寒さはほぼ同じなので、一緒のコートに入っていれば寒いのか暑いのかもわかりやすく、赤ちゃんの服の枚数を考えるのにも良かったです。

 

無地&チェック柄 リバーシブル ダウン ママコート ダッカー付

 

Buddy Buddy カメノコウ

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク