妊娠時、体重の増えすぎが気になるけど、どの位までならいい?

妊娠胎動いつから1
妊娠胎動いつから1

 

妊娠中、食べすぎて太った、つわりで痩せたとよく聞きます。

 

私はつわりで痩せて、つわりが終わった後に過剰な食欲がきて臨月になるころには太ってしまいました。

 

激しい運動は出来なかったので、出産直前ごろには食事にこんにゃくを使ってカロリーを抑え、毎日デパートを歩いて体重が増えないようにしていました。

 

皆さんはどうですか?

 

理想体重前後に抑えていますか?

 


Sponsored Link


 

妊娠したときの理想体重は?

妊娠するとお腹の中に羊水や赤ちゃんが入っているので、その分は絶対に体重が増えます。

 

それがどのくらいかと言うと、このくらい、合計約7.5kgです。

 

  • 赤ちゃん:約3.0Kg
  • 子宮:約1.0Kg
  • 羊水:約0.5~0.75Kg
  • 胎盤:約0.5~0.75Kg
  • 血液の重さ:約0.7~1.5Kg
  • 脂肪(皮下脂肪):約1.0~2.0Kg

 

妊娠すると、胎盤からhPL(ヒト胎盤性ラクトゲン)と言う名前のホルモンが分泌され、女性の体は栄養を蓄えようとするため、太りやすくなるそうです。

 

これが一番活発なのが妊娠4か月から6か月のころ、ちょうど多くの人がつわりが治まり始めるころなんです。

 

だから、つわりが軽くなるといっぱい食べて太る人が多くなるんです。

 

栄養が十分ではなかった昔から、赤ちゃんに栄養が行く様に、栄養をため込みやすい遺伝子になっているのではないかと言われています。

 

それと、出産のときに大量の血液と水分を必要とするので、その分妊娠中は血液も増産され、約7,000gは増えるそうです。

 

これを踏まえて、妊娠中の理想体重は臨月時で妊娠前から+8kg~多くて10kg位が理想だとされています。

 

今は妊娠線を出来るだけ作らないように、細身のまま出産しようと頑張る方もいますが、そうすると出産時に必要な血液も増えておらず、辛い出産になる可能性があります。

 

痩せすぎ、増えすぎがもたらす、赤ちゃんへの影響

理想の体重増加が臨月時点で+8kgと説明しましたが、じゃあ、痩せすぎていたり、太りすぎていたらどうするのか?と言うと、こんなデメリットが発生するかもしれません。

 

妊娠中の体重管理は子供の将来も左右しかねないのでしっかり行いましょう。

 

●痩せすぎていた場合

赤ちゃんに血液や酸素が十分に運ばれず、低出生体重児になる原因の一つになります。

 

未熟児だったり、内臓や外見に奇形が出てしまったり、一部機能が十分発達せずに生まれてくることがあります。

 

低出生体重児で生まれた子供は将来、「虚血性心疾患、2型糖尿病、本態性高血圧、メタボリック症候群、脳梗塞、脂質異常症、神経発達異常」などの病気の発症リスクが高まることが研究で分かっているそうです。

 

●太りすぎていた場合

自分の体を支えきれず、腰痛が一般より辛くなったり、妊娠高血圧症候群や妊娠中毒症になり胎盤早期剥離など赤ちゃんに妊娠中から直接影響が出ます。

 

産道に脂肪がつくことで出産が困難になり、赤ちゃんがうまく出てこれなくなります。

 

痩せすぎていると、低出生体重児になりやすいと書きましたが、母体が太りすぎていても脂肪の燃焼や血行不良、妊娠中毒症に邪魔されて胎児に十分な栄養が届かず、太り過ぎの場合も低出生体重児になる可能性があります。

 

そうなれば、病気の発症リスクも同じになります。

 

体重管理のコツ

妊娠中の適性体重計算ツール

 

無理なダイエットは胎児へ悪い影響を及ぼすので、過度な運動やカロリー制限はできません。

 

洋食を和食に変更、間食のカロリーを見直す、食べる時間を見直してゆっくりと効果を期待しましょう。

 

炭水化物を減らして、代わりにこんにゃくを増やすというのは、私が産院で教わって実践した方法です。

 

おかげで産後は当分こんにゃくを見たくありませんでしたけどね!

 

後は、血のめぐりが悪くなりやすく、脂肪燃焼がしにくくなっているので、散歩をしてゆっくり体を動かし、血を巡らせるのがおすすめです。

 

でも歩き過ぎもお腹の張りの原因になるので、お腹の調子と相談して、休みながら歩くのがいいですよ。

 

妊婦は便秘にもなりやすいので、自分で作る野菜ジュースを飲んだり、ヨーグルトを食べて調整するのをおすすめします。

 

果物は果糖が含まれるので太りすぎた時は摂取を控えた方が良いですよ。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク