女性の出産と厄年ってどんな関係があるんだろう?

女性厄年出産1
女性厄年出産1

 

私が妊娠した時に、「そういえば今年厄年?」と年配の女性に聞かれたことがありました。

 

当時は何も知らなかったので「違いますよ~?」と何気なく返事をしてしまいましたが、後に「どうして出産に厄年の話が関係あるの?」と疑問に思った事を覚えています。

 

その後知ったことですが、昔からの言い伝えや風習で厄年に出産すると厄落としになると言われているんです。

 

女性の厄年は数えで19歳、33歳、37歳なので、出産する人が一番多いのは33歳でしょうね~。

 

日本の初産の平均年齢も30歳を超えたので、ちょうど良い頃合いなんでしょうね。

 

では、一体、厄年の出産は他の歳の出産と何が違うのでしょうか?

 


Sponsored Link


 

出産が厄落としになると言われている理由

実は、「これだ!」と言う明確な説は伝えられていないんです。

 

一説には、なにもかもうまくいかない厄年に出産出来るのは幸運の塊がやってきたようなものだから厄災が無くなった証拠、と言う話もあれば、男児を産むことで新しい家主が現れたエネルギーで厄を祓ってくれる、と言われてもいます。

 

昔は厄年に産むなら家の発展や継続を願って「男児が良い」とされており、地域によっては厄年に女の子が生まれたら捨て子の儀式を行っていたそうです。

 

産まれてきた子の性別関係なく、捨て子の儀式を行っていたところもあるようです。

 

親の厄を背負って産まれてきたので、その厄を一度捨てたふりをすることで祓うのだそうですよ。

 

神社に捨てて、父親と母親以外の人が拾って、父親母親のところに届け、改めて家の子にするそうです。

 

一度生まれ変わる、出産した子と違う子供として育てる、と言う意味合いだそうです。

 

前厄、後厄の時はどうなるの?

厄年を気にする人の場合は、数えで32歳で妊娠して、数え33歳で出産と言うのが理想だそうですが、現代では本厄も後厄も大して問題視されておらず、厄年自体が人の健康が乱れやすい周期、疲れが溜まりやすく、体調不良になったりネガティブになりやすい周期なだけ、とも言われています。

 

特に気にする事はありません。

 

本気にはしてないけど、でもちょっと怖いな~、と思う時はそう思う心が悪い方へ悪い方へと進んで行ってしまうこともあるので、お祓いなどをして、気持ちをすっきりさせると良いと思います。

 

厄年の女性に厄除けになるプレゼント

厄年に出産する女性に、厄除けになるものを送ってみませんか?

 

出産でデリケートになっている時なら、「ちょっとした厄除けに」と贈り物をされて嬉しくなると思います。

 

厄除けに効果的なものは3種類です。

 

長いものは長寿

 

七色は魔除けの色

 

長くて神様の使いの蛇にまつわるものや、うろこ模様のもの

 

が良いとされています。

 

ご懐妊の御祝いと一緒に遅れる品を探してみましょう。

 

長い物

出産するなら、腹帯とかも長いものに含まれますね。

 

マフラーやネックレス、ストール、長財布を選ぶ方が多いです。

 

パールのネックレスだと二重の厄除けになりますね。

 

カシミア ストール ショール マフラー

 

淡水パールのロングネックレス

 

七色のもの

7色使ってあるものでは無く、光の加減で7色に光るものでも良いんです。

 

真珠やオパールなどが良い代表です。

 

7色のピンキーリング

 

スワロフスキー (SWAROVSKI) 置物 スパークリング バタフライ

 

オパールのピアス

 

うろこ模様のものか蛇関係のもの

ヘビ革の長財布、波うろこ模様の雑貨が良いですね。

 

ダイヤモンドパイソンの長財布 ピンク

 

ウミヘビ カラフル長財布

 

ローヒールうろこパンプス

 

厄が払えるから厄年に出産しなきゃ、とかは考える必要は無いと思います。

 

厄払いについて気になるようでしたら、気分転換にお寺に厄払いをしてもらいに行かれてはいかがでしょうか。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク