花粉症、目の充血をなんとか改善したい!

Sponsored Link

花粉症充血1

春は別れの季節でもありますよね、卒園式や卒業式、子どもの成長も楽しみの季節です。

涙も多い季節ですが、喜びや成長の涙なら良いのですが、何と花粉症に泣かされている方も多いのではないでしょうか(汗)

Sponsored Link

花粉症は早いエリアですと、なんと恐るべきことに1月から症状を感じることもあるんです。

毎年目のかゆみに悩まされている人にとって、花粉症は日常生活を脅かされる脅威ではないでしょうか?

目のかゆみが重篤になると、「目を取り出して洗いたい」という声まで聞こえるほど、強烈なかゆみ、そして充血に悩まされるのです。

特に充血は、まるでうさぎのように赤い目になりますし、こすることは目の負担にもなるので改善が必要です。

花粉症充血2


スポンサーリンク


目の充血にはどのような対策がとれるのでしょうか?

目の充血は、花粉に過敏に反応しているサインでもあります。

かゆみがなくても充血が始まったら、早急に対応しましょう。

充血は、花粉が目に付着している証拠です。

目の粘膜には、「肥満細胞」からヒスタミンという成分が、どんどん放出されます。

このヒスタミンが血管を刺激し、充血に至るのです。

充血が進むとかゆみ、そして涙に移行します。

ステップを踏んで深刻化していくのですね、ですから先にも述べたように、充血は花粉症の重要なサインなのです。

充血からかゆみに移行し始めると、気が付かないうちに目をこすりがちです。

コンタクトレンズを使用されている場合は特にこれは危険なことです。

大切な角膜などを傷つけてしまいかねません。

そこで、次の対策を行ってみてはいかがでしょうか?

まず、充血が気になり始めたり、新聞やテレビなどのメディアで花粉情報が現れ始めたら、コンタクトレンズの方や普段は裸眼の方でも、メガネを装着することはおススメです。

目に花粉が付いてしまうことを根本的に防げるので、花粉が飛散している間、メガネ生活を楽しんでみましょう(*^^)v

でもなかなかメガネはちょっと面倒、というのも事実です。

充血のサインが見えたら、市販もしくは眼科医に処方された目薬がおススメです。

かゆみを抑える成分が配合されている物を使用しましょう。

また、目薬はデリケートなものですから、保存には十分に気をつけましょうね。

目薬保存時の注意点

目薬は熱に弱く、保存剤が入っていない物は消費期限も短い設定です。

冷蔵庫など温度が安定している涼しく暗いところで保管しましょう。

こまめに目を洗える環境ですと、目を水で洗うこともおススメです。

営業などのお仕事で普段外出が多い方、お化粧をされている方は、なかなか洗いにくいかもしれませんが、時々目を洗うと簡単に充血を防ぐ対処法になります。

目ヤニや涙が悪化してきた場合、出来るだけ早期に眼科を受診しましょう。

異物感がある場合ですと、目に傷がついてしまう可能性も高いので、早期の受診が必要です。

また、この季節はコンタクトレンズ自体を使用しないことも推奨されています。

コンタクトレンズを装着したままですと、レンズに花粉が付いたまま就寝してしまうことは大変リスキーです。

どうしても必要な方はこまめに変えること、可能であればやはりメガネにシフトしておきましょう。

Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です