転勤時の引っ越しって慣れていないと意外と大変なものです。

転勤引っ越し1
転勤引っ越し1

今回は、ご主人が転勤族の宮城のママ友から、引っ越しのポイントをレポートしてもらいました!

秋と春は人事異動の季節ですね。稀にこどもが夏休みと言う時に合わせて、8月に辞令が出るところもあります。この時期になると、転勤族は人事の噂に過敏になるものです。

同じ転勤族の奥様には、転勤が決まったらすぐに行動できるように、普段から家の中のものをまとめておくことをおすすめします。

 


Sponsored Link


 

辞令から引越しまで時間はどのくらいある?

うちの場合は、最短で2週間、早い時だと1か月前に辞令が出ます。

ただ、辞令が出たからといって、すぐに転居先が決まるわけでも無く、実際に家が決まってから引っ越しをするまでは約2週間~10日位のような気がします。

引っ越しが伴う転勤の場合、夫も引っ越し休みを貰ってきますが、土日プラス1日の3日間位です。

一般的にも移動日の前後1日~2日のようですね。

 

引っ越しが伴う転勤が決まったら?

まず、やることから順番に書いていきますね~。

これはあくまで私のやり易い手順なので、順番を入れ替えてもオッケーです。

特に、1)-2.は1枚の大きな紙に全部書いておくと、各所に電話で連絡するときもその紙1枚で話が出来るので便利でした!

1)1か月前・・・大まかな作業をする時期

  1. 辞令が出た当日、翌日には不用品の処分や回収依頼の連絡、粗大ごみや雑誌は収集日が決まっているので要注意。
  2. 手帳やカレンダーをコピーしたものに、決まっている予定を書き込んでいく。必要な書類一覧をメモしたり、各連絡先(現在の不動産会社や光熱費の連絡先)をメモしておいて、すぐに電話を掛けられるようにしておく。
  3. 今仕舞ってある衣服や雑貨をまとめて、段ボールにすぐ入れられるようにする。
  4. 子供がいる場合は学校に引っ越しすることになった旨を伝え、手続きを確認する。現在住んでいる家の不動産会社や大家さんに退去連絡を入れ、契約書類を確認しておく。
  5. 会社指定の引っ越し業者が無ければ、見積もり依頼し、引っ越し業者を決める。

2)2週間前・・・新居が決まって住所がわかっている時期

  1. 新居の下見、カーテンサイズなどの確認。
  2. 引っ越し業者からもらった段ボールで荷造りする。
  3. 公共料金、インターネットブロバイダー、固定電話の引っ越し連絡。
  4. 銀行や携帯電話、クレジットカードや通販、保険の住所変更。

3)1週間前・・・引っ越し直前スピード勝負

  1. 荷造りを大半終わらせ、使うものだけまとめた段ボールを作っておく
  2. 市役所に転居届や児童福祉関係の届け出を出しに行く、ゴミ収集のカレンダーを確認して引っ越しゴミをいつ出せるか確認する

4)引越し当日前後

  1. 転入届を出したり、学校に転入学届けを出したり、免許証の住所変更を行う。特に車の保管場所の変更手続きは忘れがちなので注意してくださいね。

 

引っ越し先を自分で決めなければいけない時

会社によっては、新居を自分で探す場合もあります。その時、皆どうやって住む場所を探しているんでしょうか?

社内で同じ場所に転勤したことのある、土地勘のある方に住みやすい場所を教えてもらったり、最近ではネットで治安状況や環境の良い学校、幼稚園を教えてもらって探しているようです。

知恵袋だったり、ベネッセのウィメンズパーク等はそういった質問回答が多いですね。

子供をスポ少に入れていて、出来れば引っ越し先でも続けさせてあげたい時や、奥様の分の車が無いときは徒歩圏内に病院や公園、スーパー等が揃っているところ等がないか相談してみましょう。

後は、地元密着型の不動産会社をホームページから探して、学区を調べたり、問い合わせフォームから希望する条件を入力して物件を紹介してもらうことが出来ます。

また、オンライン接客型の不動産屋さん「ietty(イエッティ)」というのがあります。不動産屋さんとのやり取りはチャットで行うようです。内見の予約もチャットで行い、不動産屋さんとは現地で待ち合わせ!とにかくスピーディーなお部屋探しが可能なようです。

 

転勤族の普段の工夫

いつ、どこに、どんな広さの部屋に住むかも分からないので、大きな家具を買ったり、キッチン雑貨を増やしたりすることが出来ないんですよね~。

どんな部屋にも合うように、標準サイズを購入するようにしています。

転勤引っ越し2

後、賃貸なので壁に穴を空ける事が出来ず、カレンダーも付けられないことも多いです。そのため、大きなコルクボードや黒板を棚の上に置いておくと便利ですよ。

 

木目調 ピンナップボード

 

両面コルクボード

 

荷造りでは、そのまま運んでもらえるように小型のチェストに衣服を仕舞っています。とにかく、出来るだけ引っ越し準備に手間取らないように、普段からそのまま段ボールに入れられる形で使っていると楽ですよ。

キッチンツールも1本ずつ壁に並べるよりも、まとめて使っていると、いざと言う時にそのまま新聞紙で包んで段ボールに入れられます。

 

押し入れ収納 移動できるチェスト

 

フック付きキッチン収納

 

後は、「いつか使うかも」は捨てるようにしています。物を貯めていると引っ越しの時に片付かず、大変です。

他には、常にハサミやガムテープ、紙ひもをまとめて入れている籠を用意していて、衣替えや子供のおもちゃを片づけたときに、ちょこちょこ荷物を整理するようにしています。

ビニール紐だと、市区町村によっては雑誌をまとめる時に使えないことがあるので、どこでも利用できる紙紐を愛用しています!

引越しばかりだと面倒事が多くて嫌になりますが、その分色々な景色や色々な土地を愉しみ、身軽でいられるのは楽しいですよ~!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク