花粉症の目のかゆみにはこんな対策をしてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

冬が終わり春が来ると、オシャレにも気合が入りますし、

外にどんどん出かけたくなりますよね。

しかし、せっかくの春の陽気も、

マスクや眼鏡で楽しめない方も多いのではないでしょうか?

花粉症目1

春と言えば、桜、と言いたいところですが、

つらい花粉症の季節であることも事実です。

辛い目のかゆみや鼻水で、ノーメイクで仕事に向かう、なんて人もいます。

Sponsored Link

花粉症への反応は早い地域ですと、

お正月が終わった時期から始まるところもあるのです。

特につらい目のかゆみは、充血してしまったり、

痒みで車の運転もままならなかったりなど、

生活に大きな負担感を強いてしまいますよね。

そこで、花粉症による目のかゆみの対策を、今のうちから確認しておきましょう。

まず目の痒み・充血の対策です。

真っ赤になってしまうと、接客業の方などは特に気にされますよね、

実は目の充血や痒みは、「冷やす」ことで緩和されます。

かゆみの実に9割は、冷やすことで楽になるのです。

冷たい水で洗ったおしぼりやタオルを、目の上に置くことで、

大分かゆみが取れるんですよ。是非、試してみて下さい。

花粉症目2

この際は清潔なタオルやおしぼりを使用しましょう。

ただ、この方法は出先や仕事中にはちょっと難しいかもしれません。

そこで、目薬の登場 です。

目薬は携帯しやすいサイズですし、

かゆみの軽減に最適のアイテムです。

目薬は、痒みを緩和する用も販売されています。

化粧も崩れにくいですし、おススメの方法です。

市販の目薬もありますし、もちろん眼科でも処方してもらえます。

花粉症がピークの時期は眼科も非常に混雑するので、

兆候が見られたら早めに受診したほうがいいですね!

ただし、

目薬は熱に弱く、保存剤が入っていない物は消費期限も短い設定です。

冷蔵庫など温度が安定している涼しく暗いところで保管しましょう。

もう一つ、花粉症の季節に注意が必要なのは、コンタクトレンズの取り扱いです。

花粉症目3

コンタクトレンズは花粉症のシーズンはかゆみや充血を悪化させたり、

その他のトラブルも招きやすくなります。

この季節は眼鏡に切り替えたり、こまめに交換するなどの対応が必要になってきます。

違和感が強い場合は早急に使用を中止し眼科を受診して下さい。

外出時には眼鏡を装着したり、

症状が出ていない段階で花粉を目に入れないように

工夫をすることでも症状は緩和されます。

「え~花粉症用のメガネって・・・」と思われるかもしれませんが、

昔と違って、今は色々とカワイイものも販売されています。

(下の画像がカワイイかは別ですよ~^^; )

是非、お気に入りのメガネを見つけてみて下さい。

また、

目のかゆみにおススメのツボもあります。

太陽と呼ばれる場所で、こめかみの少し目尻に寄ったところです。

ここに小さなくぼみがあります。

花粉症目4
【画像引用:http://www.469up.com/anime/sun.html】

このツボは、花粉による目のかゆみを緩和してくれるツボとしておススメです。

両方の人差し指で、ぐっと力を入れて左右のツボを押します。

3~5秒ほどじっくり押しましょう。

この方法ですと出先でも簡単に対応できます。

是非、試してみて下さい。

さてこのように様々な方法をご紹介しましたが、

花粉症は今まで症状がなかった人も、急に現れるなど気が抜けないものです。

早めの準備と対策で、今年こそかゆみを少しでも軽減して、

楽しい春を外で満喫できるようにしましょう。

Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です