二人目の出産で上の子のケアはどうすればいいの?

二人目出産上の子1
二人目出産上の子1

 

二人目を産むとき、1番目の子にどんな対応やケアが必要になるんだろうって思いませんか?

 

私の友達もちょうど2人目を妊娠中なんですが、上の子が甘えん坊でずっと一人っ子として祖父母からも甘やかされていたので、突然下の子が出来て戸惑わないように、そして「お兄ちゃんなんだから」と言うプレッシャーとストレスを与えないように、「今の内にいっぱい遊んであげよう!」とかなり神経質になっています。

 

それくらい、弟や妹が出来るということは上の子に取って一大事なんですね。

 


Sponsored Link


 

弟 or 妹が生まれる前後に不安定になる上の子

下の子が産まれるということは、今まで一身に受けてきた愛情、親の目、お世話の手、どこに行っても、ママと二人、パパも含めて三人の完璧だった幸せの砦をまだ知らない赤ちゃんと共有するということです。

 

小さな子は自分の世界が狭く、パパとママが世界のすべてと言っても過言ではありません。

 

その愛情や言動が自分以外に向いてしまうは怖くて仕方の無いことです。

 

下の子の出産で悪阻(つわり)や生活や家事、仕事が辛くなるママの気持ちは十分に分かります。

 

でも、上の子が不安定な気持ちから体調や言動に異常が出ている時には、時間をかけて上の子を構ってあげてください。

 

 

上の子に出やすい情緒不安定のサインはこんな感じです↓

 

寂しい、こっちを向いてって言葉で言えても自分の気持ちとして表現するのは難しく、自分の中に抱え込んだモヤモヤを攻撃的な手段で吐き出してしまう子もいます。

  • 夜泣きが再発
  • 癇癪が酷くなる
  • 食べられるものも食べれない等、我儘(わがまま)が酷くなる
  • ふさぎ込んで大人しくなる
  • 表情が少なくなる
  • 母親がほめたものすべてに敵意を出す
  • 赤ちゃんを叩くなど意地悪をする
  • お友達に意地悪をする

 

二人目の出産前後、上の子のケア方法は?

二人目を産んでも、上の子が嫉妬するから、新生児より上の子を優先して可愛がりましょう」、とよく言われています。

 

初産の時は目の前の赤ちゃんをひたすら可愛がることに専念できましたが、二人目の場合は感情と思考が成長した上の子を蔑ろ(ないがしろ)にするわけにはいきません。

 

 

妊娠中に「早い段階から時間をかけて赤ちゃんが生まれてくることを伝え」、貴方も同じ様にパパとママや周囲に喜ばれて産まれてきたんだよと言うこと、これから産まれてくる赤ちゃんを一緒に愛して欲しいことを優しく伝えていきましょう。

 

注意したいのが、子供が自主的に「お兄ちゃんだから頑張る!」と言う時は肯定してたくさん褒めていいのですが、周囲が「お兄ちゃんになるんだから頑張ってね!」と言うのは逆効果になるので控えた方が良いです。

 

 

決して、上の子が望んでお兄ちゃん、お姉ちゃんになるわけでは無い、これから先どうしても我慢が増えるのは上の子だと言うことを念頭に入れておいてくださいね。

 

それから、妊娠中は時間が許す限り上の子と精一杯甘い時間を過ごしましょう。

 

二人目が出来ると上の子と二人っきりになれるチャンスは殆どなくなり、上の子が大っぴらに甘えられる機会がグッと減ってしまうからです。

 

甘えっこの貯金」をさせてあげてくださいね。

 

上の子かわいくない症候群

最近、産後にかかる人が増えている悩み事が「上の子が可愛く見えない!」と言うものです。

 

病院で数日新生児と二人っきりになった後に、自宅に帰って上の子を見ると「あれ?大きい・・・赤ちゃんみたいに可愛くない・・・」と感じるのがこの症状です。

 

近所のママ友も、「上の子と幼児の下の子を比べるとどうしても上の子は可愛い!とは感じられない、数年経ったら次男も長男のようになるのかと思うと悲しい」と言っていました。

 

こればかりは、母性本能で小さい子を守ろうとする本能もありますし、仕方の無いことです。

 

 

産まれたばかりのマスコット的可愛さにかなうはずもなく、「愛しい」と思う感情自体、上の子に感じるものと下の子に感じるものに違いがあるはずです。

 

そこで、「可愛くない!」を乗り越える方法としておすすめなのが、「上の子の出産~幼児期までの写真やムービーを見ること」です。

 

二人目出産上の子2

 

 

写真を見て可愛かった時代を振り返ることで上の子の成長が愛しいものに感じてきます。

 

何より、上の子が下の子をお世話する姿が微笑ましくて特効薬になりそうですけどね!

 

もし「可愛くない」と感じても母性本能が無いわけではありません。

 

自信を無くさないでくださいね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク