静電気防止ブレスレットの効果のほどは・・・?

静電気ブレスレット効果1

 

静電気ブレスレット効果1

 

空気が乾燥しやすい秋から冬の間、静電気でバチッとなり易い人は大変ですよね。

 

車の乗り降り、ドアノブ、後は改札で定期をかざすときにうっかり触ったりしちゃうんですよね。

 

でも静電気が起こり易い人と、全然ならない人がいます。

 


Sponsored Link


 

私も昔はぜ~んぜんなりませんでした。

 

下敷きで髪の毛を浮かせて、それを触ってもなんともなかったんですが、なんだか去年からたまにバチッとくるようになったんです・・・(汗)

 

原因が何なのか、加齢なのか・・・、ちょっと調べてみました。

 

静電気体質とは?

静電気が起こり易い人と起こりにくい人、何がどう違うのか調べてみたところ、「健康度」に差があることが分かりました。

 

健康な人は、体が弱アルカリ性で、皮膚は弱酸性、体内にはマイナス電子が多い状態になっています。

 

静電気を貯めにくく自然放電出来るのはこの状態の人です。

 

健康で過度なストレスも無く、規則正しい生活をしていると自然と体内が弱アルカリ性になるんですが、不規則な生活、偏った食生活、過度なストレスと色々悪条件が重なると、体内が酸性になり、体内にプラスのプラス電子が貯まりやすくなるんです。

 

静電気のバチッは、体内に溜まっているプラスの電気と、金属から流れるマイナス電気がぶつかりあう時の衝撃なんですよ。

 

静電気を貯めないためには

静電気体質を改善するためには第一に血液の流れを良くすること、血液をサラサラにすることです。

 

何故かと言うと、体内が弱アルカリ性の人は血液も元気でサラサラの傾向が強いからです。

 

赤血球にくっついている電子がマイナス電子だと赤血球同士が離れてサラサラと流れますが、プラス電子がくっついているとプラス同士がくっつくので血液がドロドロになり易いのです。

 

食事の中で体をアルカリ性にしてくれる食べ物を多く取り入れたり、ミネラルウオーターを飲むようにしてみましょう。

 

アルカリ性の食品

  • 豆類・・・大豆製品やインゲン豆など
  • 野菜・・・大根、ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ゴボウ、キャベツ、きのこなど後は昆布や牛乳がおすすめです。
  • 果物・・・年中食べられるものだとバナナやリンゴがいいですね。秋は柿なんてどうでしょうか?

 

後は部屋を加湿(湿度60%以上)して水の分子に電気を流すか、衣服を着る時、脱ぐときに水をスプレーして水の膜に電気を逃がす方法があります。

 

自分の手を濡らしてから触っても同じですね。

 

外では木や、金属以外の外壁に触って電気を外に逃がしてから金属性のものを触る様に気を付けましょう。

 

ヒョーシン アンチスタH(静電気除去スプレー)

 

静電気がホコリをひきつけないように開発されたプラスチック製品用のスプレーです。

 

人には除菌作用があるんですよ。

 

静電気除去グッズは効果あるのか?

一番有名なのは静電気除去ブレスレットや、除去キーホルダーでしょうか?

 

静電気除去グッズがどういう仕組みになっているのかと言うと、例えばブレスレットだと手首に付ける事で、肌を伝ってブレスレットに静電気を流し、ブレスレットから空気中に少しずつ放電するようになっています。

 

キーホルダー等の、ドアノブを触る前に握る製品は手からキーホルダーに電気を流れやすくし、自然放電しにくい体を助けているんです。

 

が、しかし、

 

ブレスレットは特に肌に触れている面積も少ないのでこれだけで完全に除去できるわけもなく、効果はあまり強くありません。

 

静電気で本気で困っている人はブレスレットよりもキーホルダータイプ、尚且つ「静電気除去が終わったかどうか」が目視できるグッズがおすすめです。

 

静電気除去 キーホルダー|カーメイト NZ906

 

ガソリンスタンドの静電気除去方法と同じ素材のものを使っています。

 

静電気を吸収すると光るので除去出来ているかどうか分かります。

 

アンチショック(Anti Shoc) – ヨーロッパで大人気の静電気除去キーホルダー!

 

こちらも静電気を吸収して光るタイプです。

 

スティック状で邪魔にならないのが良いですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク