女性からのデートの誘い方って悩みますよね。

デート誘い方女性から
デート誘い方女性から

ちょっと前に流行った、「肉食系女子」と言う言葉、覚えていますか?

 

あの頃は女性がグイグイ行くのが流行りと言われていましたが、実際にそうできた女性はどのくらいいたんでしょうか?

 

実際には、自分からデートに誘えなくて、関係が発展しない、話かけるだけで焦ってしまって誘うのは尻込みしてしまう女性の方が多いのではないでしょうか?

 


Sponsored Link


デート、男女どちらから誘うことが多い?

これは断然男性だと思います。

 

特に、出会ったばかりで恋人同士になってない状態は、男性が勇気を振り絞って誘うことが多いでしょう。

 

今はSNSが増えたので、直接顔を見ずに誘える分、恥ずかしさは減っているかもしれませんが、今も昔も、「デートに誘う」ためには努力が必要ですよね~。

 

あるアンケートでデートはどっちから誘う?と言う質問に、「男性から誘う:女性から誘う」の割合が「7:3」でした。

 

男性は女性から誘われたら嬉しい?

デートOKになる確率は、男性が女性を誘うより、女性が男性を誘った方が高いと言われています。

 

男性は、誘われた段階で彼女が居たり、奥さんがいたり、好きな人がいない限り、だいたいOKしてくれます。

 

単純に、「好かれてうれしい!」と思うようなんです。

 

自分に好意を持ってくれている女性を嫌いな男性はほぼいません。

 

女性は、デートに誘われた時に自分の好みや相手のステータスなどを考慮してデートする前に付き合う可能性があるかどうか判断しますが、男性はとりあえず相手の事を知ってから・・・と考えることが多いのでデートOKのことが多いんでしょうね。

 

 

それから、女性は1度デートに誘われて、そのデートが良い雰囲気だと「この男性は私に好意がある」と、ほぼ確信できるセンサーが働きますが、男性はそういうところがちょっと鈍いので、1回誘ったくらいでは「もしかして好意があるの?」「なんで誘われたんだろう・・・」と思うくらいです。

 

男性に自分の気持ちを知ってほしいなら、複数回デートに誘う必要があります。

 

何度も誘うことで、「この女性は俺のことが好きかもしれない?」とようやく自信が持てる様になるんです。

 

女性から誘う上手な言い回し

女性から誘うときは、女性が得意な情報収集をまず活用しましょう。

 

ただ突然誘うよりも、断られる可能性が少ない状態で誘った方がOKの確率が上がります。

  • 相手はフリーか?
  • 今相手のスケジュールに余裕があるのか?
  • 最初から二人きりのデートに誘ってOKしてくれるタイプか?
  • 好きな食べ物は何か?
  • 共通の趣味はないか?
  • 彼の得意分野は何か?
  • 会社の行事や学校の行事で誘えるような理由はないか?

 

誘いたい男性のタイプ別に、誘うための理由を箇条書きにしていきましょう。

 

誘うのに理由が無いと、絶対に自分からは言えない!と言うときは理由ありきの誘い方で責めましょう。

 

それと、理由を付けても、誘うときは二人きりの時じゃないと好意も伝わりにくく、他にもからかわれたり、「私も行きたい!皆で行こう!」と大人数でのお出かけになりかねません。

 

●会社や学校の先輩相手

相手を持ち上げて、下からお願いする態度で誘うのが一番です。

 

頼りにしています、いつも助けてくれてありがとうございます、と言う雰囲気で誘いましょう。

 

相談に乗ってもらった直後や、何か教えて貰った直後等が誘うタイミングとして望ましい状況です。

 

会社で使う資料や、参考書等を探して勉強がしたいんですが、一緒に選んでもらえませんか?

 

今の部署(サークル、部活)で悩みがあるので、自分よりも経歴が長い先輩に相談に乗ってほしいんですが空いてますか?

 

○○で助けて頂いたお礼がしたいので、今度のランチ奢らせて下さい。

 

●知り合い、あまり親密ではない友達位の関係

とにかく、趣味や最寄り駅、好きな食べ物等の共通点を探しましょう。

 

そして、お願い事の姿勢より、「一緒にどうかな~?と思って声をかけてみた!」、位の軽く明るい感じで誘うのが望ましいです。

 

この前皆で集まった時に○○(アーティストやイベントなど)が好きって言ってたよね?実は私も興味あって、今度(ライブや映画等に)一緒に行かない?

 

駅近くにカフェがオープンしていて、仕事帰りに寄ってみたいんだけど同じ駅で降りるし、一緒に行ってもらえない?

 

○○が好きなの?おすすめのお店しってますよ!今度のお休みに紹介しましょうか?

 

●不規則な生活をしている人、仕事をしている人

事前に予定を組むのが難しい人っていますよね。

 

大学生でもバイトを掛け持ちしていて、シフト変更が多かったり、仕事でもプログラマー系や病院系、サービス業は365日24時間交代制が多い仕事で、○月○日○時ね!と言われてもOKと即答できなくて断ら得ることがあります。

 

この場合には、当日突然話かけて誘うしかありません。

 

この映画今日までなんですが、一緒に行く予定の友達にキャンセルされたので一緒に行きませんか?

 

今日もう仕事終わりですか?私もちょうど終わったのでご飯食べて帰りませんか?

 

●会社の同僚や昔からの友達

対等の立場で話易い関係の場合は、その場のノリで誘うのもアリですよ。

 

「ピザ食べたいな~」と言う発言に、「行っちゃう?ちょうど美味しい店見つけたんだよ」とか、皆でワイワイ騒いでいる中で「新しくできた○○って行ってみたいよね~」、と言うような話が出たら取り合えず「私も行きた~い!」と乗っておきます。

 

その後SNS等で「この前言ってたの、いつ行く?」や、「この前話たところ、本気で行きたくなったんだけど一緒に行かない?」と念押しで誘う必要がありますよ。

 

使うとチャンスを逃す台詞

誘った後に、相手が悩んでいるそぶりをすると、どうしても「いつでもいいんだ!」とか、「時間空いたら考えてみて!」と言ってしまいがちですが、そのまま時間が経つと相手も「この前のなんだけど・・・」と言い出せなくなり、ぐだぐだと時間が経ってしまいます。

 

それに、そんな言い方すると相手も「好意で誘ってもらったんだと思ったけど、すぐ引き下がるってことはそうでも無いのかな?」と思ってしまいます。

 

照れくささから曖昧なやり取りになってしまうかもしれませんが、そこは勇気を振り絞って相手からの答えをしっかり待ちましょう。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク