六曜で大安の意味は?そもそも六曜って何かご存知ですか?

カレンダーを眺めていると、ある言葉たちが書かれていることに目が留まります。

六曜1

「赤口」や「大安」、あるいは「仏滅」など、6つの言葉が繰り返し書かれているのです。これは六曜と呼ばれるものです。

Sponsored Link

六曜とは、六曜星の略です。

先勝(せんしょう・さきかち)・友引(どもびき)・先負(さきませ・せんぷ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(しゃっこう・せきぐち)の6つから構成されています。

結婚式などの祝いの席でスピーチをする際には、良く「本日はお日柄も良く」などのフレーズを耳にしますが、このお日柄は、その日が吉日であることを指しています。

吉日とはご存知の通り、大安を意味しており、今日の吉日に開催された祝いごとを祝う意味で、このお決まりのフレーズが良く使われているのです。

結婚式の日取りを決定する際に、プランナーに大安の日にちを教えてもらうことも多いです。

そもそも六曜って一体何?

その由来は曖昧なものですが、中国から由来したものとされています。

あの諸葛亮(しょかつ りょう)が発案した、という伝説もありますが定かではありません。

日本に鎌倉時代以降に伝わったとされ、明治以降から第二次世界大戦までは、吉凶を占うこの六曜の類は、禁止されていました。

戦後再び広まり、今では毎年販売されているカレンダーや、手帳にも記されています。


スポンサーリンク


また、公営競馬上や宝くじ売り場でも、大安吉日の表示などもなされており、私たちの生活に六曜は非常に密接であることがうかがい知れます。

六曜の順序は、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順で繰り返します。

さらに旧暦での月の変わり目には順番が変わっていきます。

このように決められた法則の下で、六曜は繰り返されていくんです。

なぜ六曜の中でも、大安は吉日の意味があるのでしょうか??

大安とは、「大いに安し」を意味しています。

六曜の中で最も良い日なんです。

この日は何事においても吉!成功を約束された1日なんですって!

特に婚礼は大安の日に行われます。

「たいあん」が一般的な読みだが、「だいあん」とも読ばれることもあります。

祝い事でもなかなか大安の日取りが難しい場合は、次に友引や先勝が選ばれています。

友引は凶事に友を引くという意味があります。

葬儀や弔事を行うと友が冥土に引き寄せられてしまうため、こうした行事ごとは避けるべきという1日です。

逆に友を幸福にいざなえる、とも解釈できるので、吉事には良い日とされます。

そのため結婚式では大安の次に良い日とされ、大安が予約ですでにいっぱいだったり、どうしても日取りが合わない場合は、この日が決められているんです。

その次には先勝です。先勝は急ぐが価値を意味しており、午前中は吉日とされています。

祝い事を催す場合は午前中に開催しましょう。

このようにそれぞれ六曜には意味がありますが、結婚式や納車、新居への引っ越しなど新しいスタートや、祝い事に避けたいのは残りの先負、赤口、仏滅です。

特に仏滅は何事にも凶と出やすい日ですから、なるべくこうした祝い事は避け、安静に過ごしたいものです。

当たる・当たらないは気持ちの問題ですが、縁起事はつい六曜を気にするものです。

モヤモヤがなくお祝いなどが出来るように、ベストの日取りをチョイスしましょうね!

ブログランキング・ブログ村を始めてみました。

良かったらポチッと押して頂くと励みになります。

いつも応援ありがとうございます☆彡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です