肌タイプ別のお手入れ方法はこれで決まり?

Sponsored Link

若いうちはお肌の手入れなんて必要無い。

化粧水や保湿クリームを使用するのは、お母さんくらいの年齢になってから必要になるんだと思ってる方が非常に多いと聞きますが、それは大きな間違いであって誤認識になります。

肌のお手入れ

確かに若い頃はお肌の調子が良かったり、肌が綺麗だねと褒められる事も多いと思いますが肌は年齢とともに日々変化していきます。

Sponsored Link

女性の場合、社会に出ると化粧は最低限のマナーと言われる為、どんなに化粧が嫌いな人であっても会社に行く前はきちんとメイクをしなくてはいけなかったり、外に出ると紫外線を浴びる為、どんなに綺麗な肌の人であっても全くダメージを受けない人なんて存在しません。

だからこそ油断は禁物であり日々の手入れを決して怠ってはいけないと思います。


スポンサーリンク


化粧をすると毛穴を妨いでしまうため、自然と汗や皮脂の働きを妨げてしまいます。

それでは肌の汚れが外に押し出される事はなく皮膚の中に老廃物が貯蓄される一方でニキビや吹き出物。赤みを帯びてしまったり、カサカサ肌になってしまったりといつ肌トラブルが起きてもおかしくなくなってしまいます。

出先で化粧を落とせないのは女性としては理解は出来ますが、どんなに疲れていても化粧をしたまま寝てしまう行為は危険なので出来るだけそうならないようにメイクをしっかり落としてから寝るようにしましょう。

また、肌のタイプによってお手入れ方法も異なって来るとは思いますが、自分がどのタイプなのかしっかり理解する事が大切です

オイリー肌

全体的に脂が浮いていて年中乾燥を感じない人

乾燥肌

カサカサだったり、洗顔後にツッパリ感があって違和感を感じる人

混合肌

ベタつきもありカサカサした感じもする人

そして最近もっとも多くなって来てると言われている

敏感肌

髪の毛がちょっと触れただけで刺激になりすぐに赤くなってしまう人

ちなみに、私は10代の頃は混合肌 → 20代の頃は乾燥肌 → 現在はオイリー肌。

年齢と共に肌の状態がどんどん変化している事がよく分かります。

ケア方法をよく理解し、肌の手入れを怠ってるつもりはありませんが、ストレスから甘い物の過食や仕事の帰りが遅いため深夜の食事。

週に2回の会社の飲み会と、どんなにお肌の手入れを頑張っても不規則な生活のせいで未だに悩まれる事も多々あります(泣)

なにはともあれ、現状を把握して、それに対するケアを怠らないようにしましょうね。

オイリー肌 オイリー肌

来るだけ洗顔をしっかり行い、

オイルが配合されてない保湿美容液をたっぷり使用。

乾燥肌 乾燥肌

適度な洗顔で優しく洗う事を心がけ

洗顔後は保湿効果の高い化粧水や血行を良くしてくれる馬脂などを

使用する事が良いと言われています。

また混合肌の場合その日の肌の調子や状態によって上記に記載した内容をうまく使い分けるコツが必要なのでお手入れが面倒と言わる方が多いですが、オイリー気味の場合も乾燥気味の場合もどちらも洗顔後の保湿が重要とされてます。

敏感肌は軽度と重度によっても分かれるとは思いますが軽度の場合は洗顔は丁寧にゆっくり時間をかけて!

刺激の強いと感じる石鹸や洗顔フォームの使用は避けるようにしましょうね。

また初めて使用する化粧水は必ずパッチテストをし、大丈夫な物だけ使うと良いと思います。

最後に基礎化粧品の選び方になりますが絶対に口コミや他人、友人であっても間に受けてはいけません。

その人が決して嘘をついている、騙していると言う訳ではありませんが、肌の状態は人によって違う為、合う合わないも個人差があります

同じオイリー肌の人であってもちょっとした成分の違いで別の物が合ってると言う場合もあります。

1番良い選び方としては人気や有名商品と言う事ではなく自分の出せる範囲の金額で長く続けられる物を探す事です。

この化粧水は高いからと言って少し手に取る程度しか使用出来ないのであれば、安くても気にせず適量を使用出来る商品の方が良い場合もあります。

まずは毎月肌のお手入れに出資出来る金額を明らかにし、その上で無料サンプルがあればまずはそれを使用し自分に合ってるかどうかを必ずチェックしてから購入する事がポイントになると思います。

焦らず自分に合う物を実際に試し日々のスキンケアーを楽しく行っていけるよう努力していく事から始めて行きましょうね。

ブログランキング・ブログ村を始めてみました。

良かったらポチッと押して頂くと励みになります。

いつも応援ありがとうございます☆彡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です