里帰り出産、夫は何を想う?

里帰り出産夫5

あなたのご主人は里帰り出産、賛成派?反対派?

日本に昔からある里帰り出産の風習、妻側は良いこと楽なことが多い面、夫はどう感じて、どういう影響があるのか考えたことはありますか?

 

私は夫が繁忙だったことと、ペット多頭飼いで、万が一アレルギーが出た時のことを考えて里帰り出産を希望し、夫も手助けする余裕が無いからその方が助かる、とのことで両者納得の上里帰りしました。

 


Sponsored Link


 

納得の上での里帰りでも、夫が言うには、

 

やっぱり生まれた直後に自分の子供と触れ合えなかったのは、今考えると寂しい」、「産まれたばかりの新生児時代の思い出が自分には殆どないのが悲しい

 

と言ってました。

 

我が家の話はさておき、「世の中の男性はどうなのかな?」と思って声をまとめてみました。

 

里帰り出産賛成派の意見

  • 仕事が忙しく、妻を気遣う余裕が無いため里帰りしてもらった方が良い。
  • 勤務時間が不規則で赤ちゃんの睡眠を邪魔する恐れがある、妻の負担になるため里帰りしてもらった方が良い。
  • 久々に独身時代のような身軽さを味わいたい。
  • 妻と子供に何かあっても仕事を休めない、抜け出せないため、新生児期はすぐに病院に駆けつけられるように、すぐに車を出してもらえる実家の方が安心する。
  • 殆ど妻が子育てするわけだから、妻の希望を第一に決めてほしい。
  • 妻の実家周辺の方が医療機関やサービスが行き届いているため。

 

実際に、奥さんが「里帰り出産したい」と言った時に、賛成する夫は8割強だそうです。日本は平均勤務時間も長く、仕事が多忙なために出産後の妻のサポートをする心身的余裕が無いことが理由の様ですね。

 

里帰り出産夫3

 

 

里帰り出産反対派の意見

  • 父親なのに自分だけ離れて、毎日の子供の成長が見れないのは寂しい。
  • 子育ては夫婦二人で乗り越えていくものだと思うから。
  • 妻の実家が遠すぎて、里帰りされると、里帰りが終わるまで子どもに会えないから。
  • 出産に立ち会いしたいため、里帰りではなく自宅付近で産んでほしい。
  • 産後、新生児を抱き上げながら父親としての意識が育っていくと思うから。
  • 一人暮らし経験が無く、妻が居ないと家事が出来ないため。
  • 夫婦の関係性が不安定になる恐れがある。
  • 今は高機能の家電もサービスもあるため里帰りが必要に感じない。

 

出来れば里帰りしないでほしい、と思う夫の意見ももっともです。

 

実際に、里帰り出産しないで夫婦で新生児から子育てしたパパの方が、後々子供に対してのストレスが少ないそうです!

 

妻が里帰り出産して、新生児時代の我が子を世話していなかったパパは、子供が幼児期になった時に邪魔だと思ったり、イライラすることが多いと言う調査結果が出ているようです。

 

里帰り出産夫1

 

それに、「仕事をしながら家事をすることに抵抗があったり」、「時間がなくて手が回らない」、「家のことが出来なくて困ってしまう」という理由が夫側には多い様です。

 

里帰りする上での夫婦のルール

里帰りすることが決まったら、夫の意見も尊重し、夫婦関係が崩れないように各家庭のルールを決めておいた方が良いと思います。

 

浮気が不安なら「寝る前に毎日メールでも電話でもいいから必ず連絡すること!」だったり、子供の成長が見たいということであれば、「毎日赤ちゃんの様子を写真や動画に撮って送る!」と約束したりしましょう。

 

また、里帰りの期間も明確にしておいた方が良いですね。

 

後は、「家事については家事代行サービスをお願いする」、もしくは「里帰り先の実家が近ければ、赤ちゃんを実家に預けて週に1回1時間だけでも掃除洗濯をしに自宅に帰る」等、妻側の譲歩と努力がキーになると思います。

 

 

参考程度に、我が家で実施したルールは・・・、

 

「家がどんなに荒れても文句は言わないから、ペットの世話だけは必ずしてほしい」と言うことだけです(笑)

出産里帰り夫2

事務的なこととしては・・・、

 

里帰り前に月曜日~金曜日まで、ゴミ捨ては○曜日、クリーニングは○曜日など、やることリストを書いて、一か月の食費の予算を決めておくと旦那様も楽だと思います。

 

里帰り出産夫4

 

後は、夫が父親としての意識が芽生えるように、実家に会いに来てくれたときは赤ちゃんと出来るだけ触れ合えるようにしたり、写真や動画、電話口で泣き声を聞かせたりし、サポートしましょう。

 

里帰り出産夫5

 

里帰り出産、妻側は「夫の協力無くして里帰り出産は出来ない」と考え、夫側は「自分のサポート無しで育児を頑張ってもらう」と考えていると、お互いストレスなく夫婦協力して乗り切れると思います、頑張ってくださいね。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク