初詣の参拝ランキング上位の場所には一度は行ってみたい?

初詣参拝

今年も終わりを告げようとしています!

いい年だった方も、悪い年だった方も、新年はスッキリとした気持ちで迎えたいものです。


Sponsored Link


新しい一年が自分や家族、身近な人たちにとって素晴らしい一年になるように、多くの人たちが初詣に出かけることと思います。

特に三が日の間はお仕事のお休みの方も多く、帰省したり、初詣の名所に出かける方も多いですよね。

初詣の参拝者数をランキングで見てみると、やはり名所の名前がずらりと並んでいます。

一番の人気は・・・

明治神宮

新年2

何と参拝者数は三が日で述べ300万人を優に超える数です。

大変混雑することでも知られていますが、毎年一位を誇っており、圧倒的な人気です。

明治神宮は明治天皇の時代に創建したもので、一度第二次世界大戦で焼失しています。

復興を遂げた美しい社殿は三が日以外にも多くの参拝者を集めているんです。

御利益は世界平和・家内安全や、気になる人も多い縁結び・厄除け・などです。

一度はお正月に明治神宮へ、とお考えの方は今年こそ初詣の参拝に挑戦してみてはいかがでしょうか。

遠方からでもアクセスしやすい好立地です。

山手線原宿駅・代々木駅や地下鉄明治神宮前原宿駅、代々木駅からすぐです。

次に人気を誇っているのは

成田山新勝寺

新年3

成田空港からもアクセス良好、東京からもスムーズに到着できる初詣スポットです。

こちらも例年大変混雑しており、初詣の参拝には述べ300万人の参拝者を誇ります。

940(天慶3)年に寛朝大僧正によって開山されたとても歴史が古い名所で、空港からの利便性の良さもあって海外からの旅行者も、参拝者の中に見受けられます。

こちらはうなぎのメッカとしても有名です。

成田山新勝寺、うなぎの記事はこちら

たくさんの土産物やうなぎ屋が並んでおり、散策にも愉快な場所です。

この通りも大変混雑を極めますので、余裕を持って出かけましょう。

古くから厄除けなどが人気のお寺です。

関東近辺以外でランクインしているのは京都の

伏見稲荷神社

新年4

美しく妖艶な朱の色が印象的な楼門は、重要文化財として保護されています。

新年5

まるで迷宮に迷い込んだかのような千本鳥居も人気で、散策や景色の豊かさからこちらも海外旅行者から人気です。

新年6

初詣の参拝者数も270万人と言われており、近畿エリアでダントツの人気です。

千本鳥居は江戸時代から始まった鳥居の奉納で、歴史の深さを感じ取ることができます。

登っていくと蕎麦屋さんなども見つかりますので、休憩しながら散策してみてはいかがでしょうか。

千本鳥居の方面は階段も多く傾斜があるので、スニーカーなど歩きやすいもので出かけましょうね!

このように全国各地には参拝者が多く集める名所が点在しています。

初詣は元々、日本に習慣として存在していた「年籠り(としごもり)」という習慣が由来と言われています。

Wikipediaより引用  初詣は、元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、 家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣であった。 やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今日の初詣の原形となった。

一家の長である 家長新年を家族とともに皆が平安に暮らすために大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社に籠もり祈願したのです。

この流れは現在の神社やお寺への参拝に移ったと言われています。

家内安全、無病息災と昔から人の願いは変わらぬものですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です