幼稚園の運動会!どんな競技があるんだろう?順位づけはするの?

幼稚園運動会競技4

幼稚園の運動会事情を探ってみよう!

今、幼稚園の運動会って、春に行う事が多くなってきたそうですね。

 

昔は体育の日であったり、運動の秋と言われて秋に行わることが定番でしたよね。

 

しかし、近年では年間行事が季節ごとに集中しすぎないように、残暑や台風の影響を受けないように等、色々な諸事情で春に移行しつつあるようです。

 


Sponsored Link


 

幼稚園の運動会だと「子供の運動会」が初めてのママさんも多いため、心配や不安は尽きないものだと思います。

 

幼稚園の運動会はどんな競技・種目があるのか、親が参加する競技はどんなものがあるのか、不安を払拭するためにも少し今の運動会の情報を知っておきましょう!

 

幼稚園の競技・種目の種類

今は大きく分けると3つに分けられます。

 

義務教育の体育にダンスが加わってから、幼稚園でも運動会の種目にダンスが1つは入っています。

 

今までのお遊戯がダンスと言う名目になったのかもしれませんね。

 

ソーラン節だったり、地域の踊りだったり、そうったものを踊る一方でアイドル曲で踊ったり、子ども達に人気のキャラクターソングに合わせて踊ることも多いようです。

 

1)かけっこ、徒競走、リレー

意外と親が参加する確率が高いのがこの種目です!

 

親が子供を抱っこして走ったり、一緒に障害物を乗り越えて走ったりします。

 

幼稚園運動会競技2

 

幼稚園の年少さんだと、おやつをゴールに置いて、おやつ目的で走る可愛いかけっこもありますよ。

 

年長さんになると全員でリレーを行うことが多いみたいです。

 

ただ走るだけではなく、最初のチームは大玉をころがし、次のチームは段ボールに入って動いたり、色々な種目を繋いでいくリレーもありますよ。

 

他には、新聞紙の両端を先生が持って、新聞紙に子どもが体当たりして破りながら進むかけっこもあります。

 

ちょっと面白そうですよね!

 

やんちゃな男の子に向いている競技だと思います。

 

2)ダンス、リズム、マーチング、表現、遊戯

子供の成長を一番感じられる種目だと思います。

 

皆と合わせて踊れることや、体の動き、リズムの取り方、毎日練習頑張ったんだろうな~、と感動すること間違いなしなので、絶対に見逃さないであげましょう。

 

幼稚園運動会競技3

 

ちなみに運動会のプログラムの最後にダンスがあったら、それは保護者も一緒に参加する可能性が高いダンスらしいですよ!

 

運動会の締めに皆で楽しく踊りましょう!

 

という趣旨です。

 

私は、ダンスどころか運動に明るくないので正直不安でなりませんが・・・。

 

親としてやらないわけにはいかないと思うので、その日がきたら腹をくくろうと思います(*^^)v

 

3)対抗戦、競技

綱引き、玉入れ、大玉ころがしなどのことです。

 

幼稚園だと、的を倒したり、カードを多く拾って来たりすることを競うこともありますよ。

 

幼稚園運動会競技4

 

玉の数を競う競技のやり方も園によって色々で、大人がすぐに想像できる玉入れの他、地面に玉をおいて、フラフープを投げて、囲えた玉を競うというのもあります。

 

他には、一枚の絵を真ん中から切ってペアのカードを作ります。

 

それを紅組 白組に分けておいて、自分のカードの片割れを探すペア作り競技なんかもあります!

 

年齢を越えて友達が増やせるチャンスが出来ますね。

 

幼稚園によっては、保護者会側で保護者参加の競技を考えて決めることもあります!

 

そんな時は、本の力も借りましょう!

 

今の運動会の競技はものすごく工夫されています。

 

昔の記憶は参考にならないんですよ・・・(汗)

 

時間の流れって怖いですね~!

 

親子競技や保護者競技の載っている本をご紹介します。

 

ひろみちお兄さんのとびっきり運動会種目集

まるごと園行事 行事の流れがよくわかる 5 運動会

ハッピー運動会楽しさいっぱい種目集

未就学児や卒園生の競技もある?

私立幼稚園で、未就学児教室(プレ)を行っているところは、未就学児も参加できるかけっこの種目を準備しているところもあります。

 

卒園生の参加もまた然りで、兄弟で同じ幼稚園に入園していることって多いので、弟妹の運動会の応援次いでに参加して一緒に愉しんでね!と言う園の計らいだと思います。

 

幼稚園でも順位は付けるの?

数年前、最近の「小学校」では順位を付けない、と言うのが一時期話題になりました。

幼稚園運動会競技1

一方、幼稚園に子供を預けるママたちの意見はどうだったのかと言うと・・・

 

「順位は必要」

 

と言う意見が大多数でした!

 

運動が出来る子、勉強が出来る子、色々な子がいます。

 

色々な場面で活躍したり褒められたり、「出来たこと」に対しての評価は幼稚園児ながらも大事だと思う親が殆どでした。

 

現在の競技の様子を調べる限り、昔と一緒で順位がある幼稚園しか見当たりませんでした。

 

数字で表彰するところ、金銀銅で表彰するところと、色々ですが、頑張ったことを評価される、と言うのは幼稚園でもしっかりあります。

 

でも、一番大事なことは、自分が精一杯、一生懸命頑張ること、頑張っている友達を応援すること、一致団結する力を養うことだと思います。

 

うちの子は運動会だと、おそらくテンションだけが上がって、数字がつく順位には入れないと思いますが、「運動会は楽しい!」と言ってくれたら、それだけで良かったね~!となると思います。

 

子供が楽しむ姿、頑張る姿を見れる運動会は、親にとっても楽しみな行事ですね!

 

子供の勇士を記憶にしっかりと叩き込みましょう~!(^^)!

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク