お年玉の金額の相場って幾らなんでしょうね?ご参考までに・・・。

Sponsored Link

だんだん秋の冷え込みも進んでくると、あちらこちらでお正月向けの商品がみられるようになります。

楽しいクリスマスが終わったと思ったら、あっという間に門松の季節です。

Sponsored Link

寒い冬ではありますが、お正月は一年の始まりですから、家族とあるいは親戚も含めて、ゆったりと過ごすのがやはり理想ではないでしょうか。

そんなお正月に、可愛い子どもたちに用意したいのは、

「お年玉」です。

お年玉

クリスマスプレゼントをあげた矢先なので、ちょっと大人は懐具合も気になるのが本音ではないでしょうか(汗)

もしもあげる金額に迷ったら相場を知っておくと役立ちますよ!


スポンサーリンク


ちなみに、お年玉の語源ってご存知ですか??

お年玉の語源はユニークなもので、お正月に神様へ御供えしたお餅のお下がりを、子供に分ける「御歳玉(おとしだま)」がお年玉の語源と言われているんです!

ちょっと話がそれましたが・・・、

一般的な相場は・・・、

乳児(0~1歳)1,000円
幼児(保育園児・幼稚園児)2,000円
小学生3~5,000円
中学生・高校生5,000円~

乳幼児ですとまだお金を自分で扱わないので、お母さん・お父さんが受け取ることになるので、かわりに本やおもちゃなどのプレゼントを贈る場合もあります。

一緒に食べることのできるお菓子や、おもちゃのお金を楽しく扱え、お店屋さんごっこも出来るおもちゃも良いかもしれませんね!

一緒に遊んであげるのも楽しいお正月の過ごし方かもしれません。

また兄弟・姉妹で価格の差があるとけんかになりやすい場合も!

そんな時は一緒の金額を贈るか、年齢別に明確に金額を提示してあげると、不本意なけんかを避けられるかもしれません。

ちょっと悩ましいのは親戚の子どもへのお年玉です。

距離感がある親戚の子どもにはどの程度の金額をあげたらよいか、悩むところではあります。

お金では悩ましい場合は、受け取りやすいQUOカード(コンビニなどで使用可能)や、勉学に励んでほしいとの名分で、図書カードなどをプレゼントするのも良いでしょう。

子どもが多い場合は、少ない金額の設定でも、みんなに行き渡るように工夫しているケースもあります。

いまや非常に多くの種類のぽち袋も販売されており、可愛いぽち袋を用意するのも大人の楽しみかも知れません。

子どもが小さいころは、親がお年玉の管理をするのが主流ですが、小学生を超えてくると、一緒に通帳記帳をしたり、少しはおこづかいに上乗せして自分で使わせてみたりと、工夫した管理がみられるようになります。

郵便局で子ども名義の口座を作り、将来の学資金のために積み立てている人も多いでしょう。

大人になったら子ども自身が管理できるように、親がきちんと大切に管理しているケースが多いようです。

新年の王令行事の1つであるお年玉ですが、かつてはもらう側だった人が社会人となり、あげる側になっていくことも多いでしょう。

自分の成長を感じる瞬間は、親戚の子どもにお年玉をあげる瞬間かもしれません。

健やかな成長を見守るためにも思いを込めて贈りましょう。

ブログランキング・ブログ村を始めてみました。

良かったらポチッと押して頂くと励みになります。

いつも応援ありがとうございます☆彡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です