床暖房はガス式と電気式のどちらがお得?それは・・・!

床暖房

ぽかぽかとまるで日向ぼっこのような温かさを体感できる暖房器具があります。

今話題、でもないかもしれませんが、「床暖房」です。

 

フローリングに寝そべってもひんやりせず、子どもも安全に過ごせることで床暖房を選択しようと検討する人も増えています。

 


Sponsored Link


 

色々な暖房器具がありますが、当然メリット、デメリットがありますが、床暖房の場合はどうでしょうか?

やけどなどの事故にならず、赤ちゃんのいるご家庭や、ご年配の方のストーブ等への接触事故もないので、床暖房のメリットはストーブやファンヒーターの比べると大きいものに感じますよね。

また、いちいち灯油の心配もしなくて良いですし、エアコンのようにフィルターの掃除も不要です。

温風でお部屋を暖めるものではないので、部屋の気になるホコリを舞い上げてしまうこともありません。

ここまで聞くと、床暖房のメリットに驚いてしまうほどですね。

但し、万能な床暖房ですがデメリットもあるのは事実です。

 

それは、費用の問題です。

 

床暖房はその名前の通り、床に暖房機能を有しているものです。

そのため、通常のフローリングよりはコストがかかっています。

温水マットの設備工事に加えて、温水配管設備工事なども必要になるため、後からの設置ですと少し手間に感じます。

また、床暖房には、「電気(ヒーター)式床暖房」と「温水式ガス床暖房」の2つのタイプがあります!

 

それぞれの設置料金とランニングコストの目安としては、

 

電気式床暖房温水式床暖房
6畳初期費用
308,000円
ランニングコスト
6,500円/月
初期費用
650,000円
ランニングコスト
4,000円/月
12畳初期費用
570,000円
ランニングコスト
13,000円/月
初期費用
770,000円
ランニングコスト
8,000円/月
18畳初期費用
870,000円
ランニングコスト
19,500円/月
初期費用
970,000円
ランニングコスト
12,000円/月

 

あくまでも目安なので、正式な見積りは当然必要になりますけど、上の表だと、初期費用は「電気式床暖房<温水式床暖房」、ランニングコストは「 電気式床暖房>温水式床暖房」というのが分かりますね。

それぞれの広さで初期費用とランニングコストを計算してみると、

 

電気式床暖房温水式床暖房
6畳386,000円698,000円
12畳726,000円866,000円
18畳1,104,000円1,114,000円

 

初年度を見ると、いずれも温水式床暖房が上回っています。

しかし、次年度以降を考えると、温水式床暖房のほうがランニングコストは安いので、初期費用の元を取るのは早いと思います。

 

 

次年度以降のランニングコスト

電気式床暖房温水式床暖房差額
6畳78,000円48,000円30,000円
12畳156,000円96,000円60,000円
18畳234,000円144,000円90,000円

 

初期費用は高いですが、ランニングコストが安い「温水式床暖房」が長い目で見るとお得でしょうか。

ちなみに、温水式の場合、パイプで温めるんですけど、パイプの耐用年数は30年以上と言われています。

仮に30年使った場合の計算もしてみました。

 

電気式床暖房温水式床暖房差額
6畳2,648,000円2,090,000円558,000円
12畳5,250,000円3,650,000円1,600,000円
18畳7,890,000円5,290,000円2,600,000円

 

初期費用は確かに高いですけど、長い目でみるとやっぱり「温水式床暖房」の方がお得ですね!

では、エアコンなどの他の暖房器具とはどのぐらい料金が異なるのでしょうか。

すでに多くのご家庭で、メインの暖房器具はエアコンを使われているところが多いでしょう。

設置料金、ランニングコストの部分で比較すると、細心のエアコンは省エネモードを搭載しているものが多く、比較的安価で稼働しているのでエアコンのほうが割安感があります。

但し、エアコンの耐用年数は10年程度と言われており、買い替えを想定しなければなりません。

一方の床暖房は、初期費用やランニングコストで劣るものの、耐用年数は30年とエアコンの3倍に該当します。

 

エアコンも最新のものは値段も割高ですし、買い替えコストまで含めるとあまりエアコンと差がないでしょう。

掃除の有無やホコリ、安全性を含めると大きな魅力のある床暖房です。

寝っころがって体感できる柔らかな温かさを手に入れてみませんか?

 

 

こんなサイトもありました!

無料・匿名で色々なリフォーム業者を紹介してくれるサイトです。

リクルートやNTTなどが出資している会社のようです。

 

40万人が利用!利用者数No.1のリフォーム会社選びサイト「ホームプロ」

 

無料・匿名なので気軽に相談できるかもしれませんね!

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク