しみやそばかすを消すにはどうしたら?私の場合は・・・。

しみ1

そばかすなんて気にしないは・・・(笑)

小学生のとき、友達のお母さんたちから「 ソバカスがキャンディキャンディみたいで可愛い~ 」と言われていました(笑)

 

しかし・・・、

 

今、この年になって思います。

 

ソバカスはできたときから手入れしないと消えなくなるよ 」と・・・。

 


Sponsored Link


 

スキンケアやレーザー治療で消せないことも無いですが、努力とお金がかかります!

 

出来初めの薄い時から手入れをしておくと、スッピンでも目立たないくらいのまま現状維持もできたはずなんです。

 

まぁ、小学生の頃なので、どうしようも無かったのかもしれませんが・・・。

 

しみ1

時代の違いか、当時は「 ソバカス=元気な証拠 」、と言わんばかりで、誰も将来のことを教えてくれなかったのが残念でなりません(泣)

 

今は若干広がり、シミ?に近い雰囲気のまま完全に沈着して残っています(泣)

 

体調不良が続いたり、日焼け対策を怠るとすぐに濃くなってきちゃうんです。

 

春は特に油断しがちなので、注意しています。

 

スッピンメイクをしようとすると、隠しきれず目立ってしまうので、メイクもなかなか難しいんですよね。

 

よく、メイク前(ビフォー)、メイク後(アフター)で、こんなに変わります!と特集されている雑誌のコーナーの話ですが、本当にシミもソバカスも一つも無いんじゃない?と言うくらい綺麗に隠す人がいますよね。

 

今回はコンシーラーの選び方、上手な塗り方、ベースメイクの順番等、色々な視点から情報を集めました。

 

 

コンシーラーランキング

1位 資生堂

スポッツカバー ファウンデイション

 

2位 カバーマーク

ブライトアップファンデーション

 

3位 ポール & ジョー ボーテ

イルミネイティング タッチ ぺン

 

2位のカバーマークは大人気のようです。

 

友達も綺麗なベースメイクが出来るし、超高級と言う訳でもなく買いやすいと、化粧品一式カバーマークに変えたばかりです。

 

 

コンシーラーのタイプはどんなものが?

◆ リキッドタイプ

液体状で、カバー力は低めです。

そばかすを薄くして隠すのではなく、メイクのポイントにしたい人や、全体的に肌がくすんでいる人が明るくしたい部分に使ったりします。

 

◆ クリームタイプ

私が使っているのもこのタイプです。

ほど良いカバー力で伸ばしやすく、肌になじませやすい点が気に入っています。

形(筆タイプ、パレットタイプ等)が様々なのも選びやすいです。

 

◆ スティックタイプ

カバー力は抜群です。

ベースで絶対に綺麗な肌にしたい人向けです。

以前は私もこのタイプでしたが、如何せん伸びないので、肌になじませて、ファンデーションを付けた時にそこだけ違和感が出ないようにするのに時間がかかったため、今は使っていません。

 

◆ ペンシルタイプ

小さなシミを隠すのに最適

広がらないのでピンポイントで使え、化粧直しの際もファンデの上からちょっとなぞるだけで目立たなくさせること出来ます。

カバー力はスティックタイプと同等です。

 

コンシーラーの選び方

ファンデーションより明るめを選ぶ、と言う意見もあれば、肌よりちょっと暗い色を選ぶ、と言う意見もあります。

 

これは個人の肌の色と、隠したいシミやそばかすがどの部分にあるのかで変わってくると思います。

 

私はシミの無い部分の肌と同じ色を選ぶようにしています。

 

同じ色が無かったら、自分の肌に対して「 ちょっと明るい 」と、「 ちょっと暗い 」を混ぜます。

 

ちなみにいろんなブランドのものを混ぜたりしています。

 

と、言うのも私が隠したいのはソバカスで、目の下から頬の上全体にあるので暗めの色を選ぶと顔全体が暗い印象に、明るい色を選ぶとファンデーションを付けたときに「光を飛ばしたの?」と気になるくらいそこだけ明るくなってしまうんです。

 

コンシーラーを肌の色に合わせておけば、ファンデーションで明るさを調整できるので楽です。

 

例えば、シミが顔の横部分なら、立体感を出したメイクをするときも影になるところなので、肌よりちょっと暗いコンシーラーで良いと思いますし、もともと肌が白く、最後にフェイスパウダーで明るくするところにあるなら肌よりちょっと明るめで良いと思います。

 

売場のテスターで試してみたり、通販のサンプルを使って、自分の使いやすい色を研究すると肌馴染みの良い色が見つかると思います。

 

使っている化粧品ブランドが決まっていれば、カウンターで美容員さんに相談して試してもらうのが一番ですよ。

 

コンシーラー 通販サンプル

オージオ

http://ozio.jp/01/011101/d/EC02/9113/goods_detail/

 

JINO

http://www.myjino.com/lineup/make/concealer.php

 

こだわりの塗り方

厚塗りは厳禁です!

 

最初は良いですが後々、汗や皮脂ですぐによれよれになって崩れてきます。

 

コツは、とにかく「 叩く 」です。

 

痛いほど、という事ではなく、皮膚の表面を覆うんではなく、隙間にコンシーラーを潜り込ませて、肌を平にするイメージです。

 

 

密着力を高めてから、余分な脂を未使用スポンジで吸い込みます。

 

その上からファンデーションをすることで肌になじむ & 崩れません。

 

また、コンシーラーとファンデーションの間にカバー力の高いBBクリームを使うと尚良しです。

 

BBクリームの時もよ~くなじませて、スポンジで脂を吸い取ってくださいね。

 

 

シミソバカスがある人向けBBクリーム

紫外線予防に

資生堂 アネッサ フェースサンスクリーンBB

 

とにかくカバー力重視

毛穴パテ職人 BBクリーム スムース

 

 

しみやそばかすをこれ以上増やさないために、紫外線予防もお互いしっかりとしましょう!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク