冬の北海道観光も素敵ですよ!

小樽

 

冬の旅行って、暖かい九州、沖縄に行きたいって思うかもしれませんが、北海道の冬もとても素敵ですよ。冬の北海道観光ポイントをご紹介します。

 

北海道の冬は、札幌、函館、小樽、旭川とたくさんのイルミネーションスポットに加え、樹氷や流氷、雪像に氷像など冬ならではの観光が出来ます。

 

小樽

【画像引用:http://yoshino.hobby-web.net/otaru1/otaru1.html】

 

 

Sponsored Link

 

 

札幌は一年中を通して夜景で有名ですが、イルミネーションはまた別格の美しさがありますよ!

 

さっぽろホワイトイルミネーションは大通公園、札幌駅前通り、南一条通りが45万個のライトで照らされます。

 

開催されている期間が会場によって違っているので注意して下さいね。

 

 

【 各会場の開催期間 】

大通り公園会場:平成26年11月21日(金)~平成26年12月25日(木)35日間

 

札幌駅前通り会場:平成26年11月21日(金)~平成27年2月11日(水・祝)83日間

 

南一条通り会場:平成26年11月21日(金)~平成27年2月14日(土)86日間

 

札幌市のイベントカレンダー

札幌イルミネーション

 

雪が降っていると、白い世界に虹色の光が反射してさらに輝きを増すのでとてもきれいな光景です。

 

雪まつりは、クリスマス、お正月が過ぎたにあります。

 

雪国を体験できるように、歩くスキー体験もあったり、国際雪像コンクールで色んな国の雪像をみることが出来ます。

 


スポンサーリンク


 

 

【雪まつり開催期間】

 

2015年2月5日(木)~2015年2月11日(水・祝)

 

札幌市のイベントカレンダー

 

 

また、みなさんご存知の札幌の場外市場!

 

たくさんの魚介類が食べることができ、観光地としても有名ですが、ももママとしてはここはパスです。

 

魚介類は大大大好きなんですよ!でもパスなんです!

 

やっぱり観光地なんですよね!

 

無難にまとまっていると言いますか・・・、お値段も高く感じてしまうと言いますか・・・、という事で北海道に行っても場外市場には行かないんです!

 

 

魚介類の話をしておきながら初めにご紹介するのがお肉かい(オイ)!

 

という突込みはありそうですが、千歳空港に降り立ったらここは外せません!

 

東千歳バーベキューです!新千歳空港から約30分位の所にあるんです。

 

 

鶏肉を食べさせてくれるお店なんですが、何ともいえない味わいのある(笑)建物じゃないですか?

 

千歳BBQ

 

店内はこんな感じです↓

千歳BBQ1

 

炭火で鶏肉を焼くんですけど、この鶏肉、胸肉ともも肉なんですが、胸肉は骨付きなんです。普段はあまり胸肉を食べることがないんですけど、このお肉は美味しかったです~!

 

千歳BBQ3

 

味付けもシンプルに塩と胡椒のみ↓

千歳BBQ4

 

鶏肉とは別に野菜炒めが出てくるんですが、鶏脂(チーユ)とキャベツの相性は格別です!

 

千歳BBQ5

 

ちなみに、このお店、メニューはこれ一種類です!

 

千歳BBQ6

 

千歳空港に到着したその足で、是非行ってみて下さい。

 

千歳空港から札幌に行き、その後で行くと距離的に遠くなってしまうので、行くなら着いたその足で是非・・・。

 

 

また、函館や小樽の冬はとにかくイルミネーションがいっぱいですよ!

 

五稜郭の夢、というイルミネーションは五稜郭から見下ろして楽しむのが一番だと思います。

 

市街ははこだてイルミネーションで街中が光に包まれたようになりますよ。

 

 

突然ですが「ごっこ」ってご存知ですか?

 

本名(笑)ホテイウオというようで、主に北海道で収穫される魚で、北海道の郷土料理として親しまれているんです。

 

函館なんかでは「ごっこ汁」って有名ですよね。

 

で、以前売られていたので魚屋さんのお兄さんがごっこについて熱く語ってくれたので、つい買ってみたんです。

 

特にメスには卵が有って美味しいんだそうです。

 

でもお腹を開くまで分からないとか・・・(泣)

 

 

こんな顔をしています↓

ごっこ1

 

なぜかお腹には吸盤のようなものが・・・↓

 

表面は厚いゼラチンの層でおおわれているんです。

 

ごっこ2

 

結局、捌いてみたところ全てオス・・・・でした(泣)

 

体の大きさの割には、案外キモが多かったですね。

 

ごっこ3

 

色々な具材を入れて鍋にしてみました。

 

食べてみたところ、想像以上にゼラチン質が多く、全部(三匹)を食べきるのがとっても大変でした・・・(汗)

 

少量を美味しく頂く、というのがやっぱりいいですよね(笑)

 

ごっこ4

 

話しを北海道、冬の観光に戻しましょうね。

 

続いて、小樽!

 

やっぱり小樽雪あかりの路が素敵です。

 

小樽

 

小樽運河にそってキャンドルが淡い灯りであたたく彩ります。

 

雪で半分埋もれ、火がさらに柔らかく光るんですよ。

 

 

旭川は、氷彫刻世界大会があって、約一か月前から準備をするんですよ。

 

国内で唯一の国際大会なので、とっても高度なレベルの氷の彫刻が見られます。

 

夜はライトアップされて氷がグラスや宝石のような美しさになるんですよ。

 

旭川冬まつり公式ホームページには来年の日程はまだアップされていませんが、URLを添付しておきますのでチェックしてみて下さい。

 

旭川冬まつり公式ホームページ

 

 

旭川といったらラーメンですから、冷えた体はラーメンで暖めてくださいね~。

 

天金さんやふるやさんは、食べておいしかったらーめんランキングにも良く入っていて美味しいのでおすすめです。

 

参考にしてみてください!

 

 

最後に、冬のオホーツク海の観光案内を!

 

流氷を楽しむためには、船で観光するのが良いですね。

 

流氷の上で暮らすアザラシや大鷲の姿が見られるかもしれません。

 

 

 

《流氷観光砕氷船おーろら》

流氷
【画像引用:http://www.okhotsk.org/news/ryuhyou.htm】

 

おーろらの運行期間は1月20日~3月31日までとなっています。

 

乗船料金は大人3,300円、小学生1,650円、所要時間は約1時間です。

 

全便要予約なので、下記の「おーろら」の専用ページから予約して下さいね。

 

「おーろら」の専用ページ

 

是非自然の偉大さを感じてください。

 

 

また、一時期ブームで知名度が一気にあがったクリオネは流氷がある海域で生きているんですよ。

 

オホーツク流氷館やおたる水族館でみることができますよ。

 

 

オホーツク観光連盟公式ホームページ

 

 

 

長くなりましたが、冬の北海道、やっぱり気を付けたいのは服装ですよね!

 

雪国生まれ、雪国育ちは大丈夫ですが、関東関西以南から旅行に来る場合は、まず靴に気を付けましょう

 

雪の上を歩く際、すり足といって小刻みに歩くのが滑りにくいんですが、慣れていないとなかなかできませんよね。

 

だから、靴底にたくさん凸凹の滑り止めがついているブーツを一足準備した方がいいです。

 

東京などで探すのは難しいので空港に着いたら北海道のデパートに寄るといいですよ!

 

ネットでも買えますが、靴なのでやっぱりサイズを確認したいですもんね。

 

 

靴もデザイン的に可愛いものから実用性の高いものまで色々と販売されているので参考までに画像を貼付しておきます。

 

 

 

さらに、服は重ね着が必須です

 

外はダウンを着てるから大丈夫!なんてことにはなりませんよ。

 

北海道の冬の寒さは生半可ではないので・・・(笑)

 

逆に室内はとても暖めてある場合が多いので大き目のカバンを持って、着脱をしやすいようにしておくのがいいですね!

 

 

しっかり楽しめるように防寒は抜かりなく!

 

 

ブログランキング・ブログ村を始めてみました。

良かったらポチッと押して頂くと励みになります。

いつも応援ありがとうございます☆彡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村