体のだるさの原因を把握して、スッキリ快適な毎日を過ごしましょうね(^_^)v

だるい1

体のだるさを解消してスッキリ快適な毎日を!

『 何だか体がとってもだるい! 』、『 イマイチ体調が優れない! 』、そんなことは誰しも経験があるのではないでしょうか?

 

だるい1

 

朝起きた時に、何となく体がだるいと、シャキッと目が覚めないままで一日の始まりがスッキリしませんよね。

 


Sponsored Link


 

体のだるさの原因は一体何?

体のだるさは大きく分けて3つの要因があると言われています。

 

まず1つ目は、そもそもが肉体的に疲労している。

 

激しい運動後の翌日や、炎天下での作業や仕事の翌日など、体の疲労感が1日の睡眠だけで回復しなかった場合に、このだるさが発生している可能性があります。

 

だるい2

 

また、体の内側が作用している場合もあり、低血圧の方や貧血気味の方も、体の目覚めが悪くだるさを伴っている場合があります。

 

こうした肉体の疲労は、数日後には改善したり、睡眠をきちんと必要な分を補うことでも良くなります。

 

低血圧や貧血気味の人は、体質の改善を心掛けるだけでも回復します。

 

2つ目に精神の疲労です。

 

例えばストレスの多い仕事やいじめなど、こころに負担のかかる状態の場合、体のだるさとしてSOSを発している可能性があります。

 

また、慢性的な睡眠不足も、疲れが取れておらず。

 

だるさとして疲れが蓄積されている場合もあります。

 

こころの負担からだるさが生じており、場合によっては長期化している人は、うつ状態やこころの治療行為が必要な場合もあります。

 

眠れない、やる気が起きない、など、多くの要因が重なり合っている可能性もあるので、心療内科などで専門医に相談してみるのも、改善の1つの方法です。

 

すぐに薬を飲まなくても、生活のリズムを整えるだけで、御幅に精神の疲労も回復することがあるので、落ち込まずにまずは相談してみましょう。

 

 

女性の場合、女性ホルモンの減少期間の時期に、いわゆる更年期障害として、このようなだるさを生じる場合があります。

 

更年期障害はプエラリアなどの有名サプリメントで症状が緩和すると言われている他、医師の指導の下で薬を飲むことで、火照りやだるさを改善させることも出来るので、可能性がある方は婦人科系の受診をしてみると良いでしょう。

 

 

 

そして最後に食事です!

 

「な~んか、だるいんだよね~!」、と言う時に、色々なサプリに走る人って結構いるんですけど、実はこれ、あまり意味が無いんですよ!

 

体調を整える役割のミネラルって、何が不足しているか?、というのを特定する事は出来ないんです!

 

なので、「〇〇なんですけど、どのサプリがいいの?」と聞かれても、実際には「〇〇が必要だよ!」と言う特定は出来ないんです。

 

となるとどうするか?と言う話しですが、全体的に食事のバランスを見直して、栄養バランスのとれた食事を心がけれ行けばオッケーなので、一度、ご自身の食事内容を見直してみて下さいね(^_^)/

 

 

さて、ではこの辛~いからだのだるさ、軽減を行うことはできるのでしょうか?

 

食事の面では先ほど説明しましたが、それ以外では、実は意外な方法でカンタンにだるさの改善が可能です。

 

 

体のだるさはこれで解消!

まず、肉体も精神も、睡眠不足があると大敵になってしまいます。

 

1日8時間程度の理想的な睡眠を行うことで、脳も疲れを感じにくくなり、スッキリと行動できるようになります。

 

だるい4

 

また、朝起きた時に、1杯の水や白湯を飲むことで、スッキリと目が覚める場合もあります。

 

特に寒い季節は、白湯は身体を温める効果があるので、寒さから来るだるさを改善してくれますよ。

 

また、毎日の入浴もおススメです。

 

体をしっかり温め、疲れをいやすことは睡眠導入の面でも良い方法です。

 

お風呂にはリラックス効果もあるので、入浴も習慣にするとよいでしょう。

 

1人暮らしでなかなかバスタイムは難しい!と言う人には、時々スーパー銭湯など、広いお風呂でゆったり癒されるのもおすすめです。

 

とにかく簡単な方法なので、是非一度試してみて下さいね(^_^)v

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク