冬の赤ちゃん布団問題を解決!

冬赤ちゃん

 

寒くなってくると、ママを困らせるのが、赤ちゃんや幼児のお布団問題です。

 


Sponsored Link


 

いくら掛けても掛けても、ガンガン蹴られてすぐにパジャマだけの状態で寝てしまいます。

中には「布団を蹴るのは暑いからだから、蹴るなら掛けなくて良い」という人もいますが、朝方まで放っておくと風邪ひいちゃいますよね・・・。

赤ちゃんや幼児が布団を蹴るのは、ひとつはリアルタイムで体がぽかぽかしていて暑いから、もう一つは手足がたくさん動く時期なのでただ単に寝相の悪さだそうです。

レム睡眠、ノンレム睡眠というのは聞いたことありますよね?

レム睡眠は脳が起きている時間なので、夢もこの時間に見ていると言われていますよね。

この時間、大人の睡眠時間の中では20%なのに対して、赤ちゃんは約50%あるんですって。

その間に、暑いなって感じて布団を蹴ったり、夜泣きをしているそうです。

そんなに長かったら仕方ないですよね~。ママは大変ですけどね(笑)

 

あと、赤ちゃんってものすごく寝相が悪いですが、寝相が悪い方が熟睡していると言われています。

熟睡していると、もちろん意識して体を動かせないので、無意識に体を動かして、結果、あらぬ方向に行っていたり、頭と足が上下逆転したりしているそうです。

レム睡眠だと、寝返りを打つとか、暑いと感じて布団を蹴るとか、そういう動作になるそうですよ。

それで、暑くて蹴るのか、寝相で蹴るのかの判断方法です!

まず、赤ちゃんが布団を蹴った時にすこし時間をおいて、手足を触って、背中の汗ばみ具合を確認してください。

その時に手足がぽかぽかしていて背中も汗ばんでいたら、本当に暑くて蹴っているということです。

 

しかし、あくまで夜中のことで、朝方になると更に気温が下がっていくのでその時には寒くなって風邪を引く可能性はあります。

朝方、起きて布団をかけることが出来ないときはエアコンを朝4時ごろに暖房になるように設定しておくのも良いと思います。

 

エアコンの設定温度についての記事はこちらからどうぞ

 

もし手足が特に温かくなかったら、暑いわけではなくて、寝相の問題ですね。

寝る時にパジャマにスリーパーを着せたり、腹巻をしたり、布団が無くても暖かい恰好にして、布団の毛布を最初から減らして寝せましょう。

2014年度キッズデザイン賞受賞★寝ぞうの悪いベビーも安心★あったか快適2wayおねんねスリーパー
PeaceBabyGoose

 

うちは寝相の問題だったので、下着、腹巻、冬用パジャマを着せて、その日の天気予報によって厚手のスリーパーか、薄手のスリーパーを着せて寝せていました。

さらに布団が重いのも嫌なようなので、薄手の羽毛布団1枚に減らして寝せています。

2~3時間置きに布団をチェックして、寒いと丸まって寝ているのでそれを目安に布団を直していました^^

冬のお布団の素材はタオルと毛布と布団の組み合わせが基本です。

汗をかきやすいので、吸水率が良いタオルは冬もかかせません。

できればシーツにもタオル地かガーゼを使いたいですね。

 

あと、スリーパーや腹巻ですが市場で一番出回っているフリースのものは、化学繊維で肌荒れの危険性もあるので、自分の子どもが大丈夫かどうか短時間着せてみて確認してから使用してくださいね。

 


スポンサーリンク




スポンサーリンク