犬の手作り食はどの割合で材料を使えばいいの?

犬の手作り食はどの割合で材料を使っていますか?

みなさん、こんにちは(^_^)/

今回は犬の手作り食について、という事で、ももママに代わりまして、ももパパが書いていこうと思います。


Sponsored Link


ちなみに、私ですが、ペット食育協会という須崎獣医師が設立した協会の上級指導士としてペットの食事についてセミナーなんかも開催しています。

そんな私が、今回、ももママに代わりまして、犬の手作り食についてお話ししていこうと思います。

手作り食割合1

今回は、「作り食の割合」について気になっている方だと思いますので、今回はそれに絞って書いていこうと思います。

悩まれている事としては、どの割合で作ってあげれば栄養バランスが崩れないか、という点でしょうか・・・。

結論を先にお伝えすると、

基本的には、食事全体の割合を、

お肉 OR お魚:1

手作り食割合2
手作り食割合3

野菜:1
手作り食割合4

穀類:1
手作り食割合5

大体こんな感じで大丈夫です!

「大体」と書きましたが、本当に「大体」でオッケーです。

厳密にグラムを計る必要は全くありません。

「え~、そんな適当で栄養バランスは崩れないの?」

と言う心の叫びが聞こえてきそうですが、本当に大体で大丈夫です。

ここでちょっとみなさんの食に関するバランスチェックを行ってみたいと思います。

ちょっと下の画像を見て下さい。

ある日の誰かさんの晩ご飯です!

ステーキ

手作り食割合8

サイダー

手作り食割合7

ポテト

手作り食割合9

ビタミン・ミネラルサプリ

手作り食割合10

タンパク質あり、野菜あり、炭水化物あり、トドメのビタミン・ミネラルサプリありと、必要な栄養素は摂れそうな気がしますが、このような食事が毎日続いたらどう思われますか?

このブログを読まれている「食」に気を使っているあなたでしたら、「たまにはいいけど、毎日は・・・」と思うはずです。

そんな感覚をお持ちでしたら、

あなたの「大体」で犬の手作り食を何の心配もなく作って大丈夫ですよ!

上の画像のような食事があったっていいと思います!

お肉ばかりを食べる日だってあると思います。

手作り食割合11

でも、翌日には「昨日はお肉だったから、今日は野菜を食べよう!」と言った事になるのではないでしょうか?

(別にお肉が続いてからと言って問題はないですよ!念のため。)

そのような普通の感覚をお持ちなら、あなたの感覚を信じて頂いて大丈夫です!

そもそも、現在の日本の食事情で、普通にごはんを食べていれば、「栄養バランスが崩れる!」なんて言う事は有り得ませんので安心して手作り食を作ってあげて下さい。

今回は犬の手作り食の割合についてお話しさせて頂きました。

この他に手作り食について何か疑問がありましたら、コメントを頂ければ、頂きました内容につきまして、ももママブログで解説させて頂きます(^_^)/

ちなみに、コメントはスパム防止の為、メールアドレスの入力が必要になります。

頂きましたコメントは、私の方で確認、承認をしなければ、ブログコメント欄に掲載されることはありませんし、掲載されましても入力して頂いたメールアドレスは表示されませんのでご安心下さい。

では、今回はこの辺で・・・。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です