香水のレディース人気ランキング?と香水の特徴をご紹介です(^^)/

Sponsored Link

みなさんは、普段、香水をつけていますか?

香水1

今の子たちは何歳くらいから興味を持つんでしょうね~。

私のときは中学生向けの雑誌にはもう香水が載っていましたから、小学生からでしょうか・・・?


Sponsored Link


綺麗な瓶に入った綺麗で良い香りがする香水、憧れるもの無理はありませんよね。

でも種類や使い方をしっかりと知っておかないと、ただきつい臭いを放つだけになってしまいます。

せっかくの香りですから、自分を際立たせたり、自分の元気になるようなつけ方をしたいですね。

ちなみに、香水の種類には、大きくわけて4種類に分けられます。

日本では香水という一つの呼び名ですが、香水の本場フランスでは濃度によって呼称が変わるんです。

パルファム
◎ 香りの強度:強
◎ 香りの継続時間:5時間~10時間
◎ 香水の中では一番濃度が高く少量でとても強く香る。
オーデパルファム
◎ 香りの強度:中の上
◎ 香りの継続時間:5時間~12時間
◎ パルファムよりも香りの濃度が低いが少量で十分香る強さ。
オーデトワレ
◎ 香りの強度:中の下
◎ 香りの継続時間:2~5時間
◎ 人を不快にする香りの強さではなく普段使いにしやすい。
オーデコロン
◎ 香りの強度:弱
◎ 香りの継続時間:1~2時間
◎ 香水の中では一番ほのかに香るもの。香水初心者に使いやすい。

香水は香りの強さも勿論のこと、柑橘系やフローラル系、オゾン系など香りの種類もたくさんあります。

学校や会社などで、自分の付けたい香りを自分の付けたい強さでつける!

と言うわけにはいきませんよね。

香水にもマナーがあるんですよ。

まず、香水の付け方ですが、コロン位香りの弱いものであれば、自分の目の前のやや上に向けてスプレーし、ミストの下をくぐれば良いです。

弱い香りで、香りも継続しないため、ミストを直接かぶっても大丈夫なんです。

気を付けたいのはトワレ以上の香りの強さです。

一昔は手首や耳の裏に付けると良いとされていましたが、それだと自分で思うより周囲に香りが強く漂います。

上手な付け方としては、外出30分前に、自分の腰の辺りに付けることです。

太ももでもOKです。出来れば衣服の下が良いですね。

香りが上に上がってきたときに、ほんのり香るくらいになります。

他には、ハンカチの端につける、スカーフなどにほんのりつけるのがおすすめです。

香りの種類でビジネスに向くのはハーブ系やシトラス系の香りです。

接客なら優しい香りだと感じやすいフローラル系もおすすめです。

スパイシー系や甘すぎる香りは仕事に向きませんし、セクシー系も避けましょうね。

香水の売場には、香水のブランド名の他に、爽やかさ、甘さなどが5段階ので示されていたり、「オフィス向け」などのアドバイスのポップが付いているのでそれを参考に選びましょう。

通学には、明るい雰囲気の出るフローラル、シトラス、フルーツ系がおすすめです。

最後に20代と40代レディースに人気の香水をご紹介しますね。

もし、香水初心者で色々香りを試して好きになれる香り、自分になじむ香りを探したいと思ったら、ミニボトルセットを使ってみることをおすすめします。

香水が形そのままミニボトルになったもので、インテリアとしても可愛らしくプレゼントにもおすすめですよ。

だいたい、4本セットで2,000円前後です。

良い香りに出会えることを願っています!

下記はクロエのミニボトルセットです。

クロエは少々お高いようで、5本セットで4,500円でした。

20代女性

1位 クロエ オードパルファム
2位 フェラガモ インカント チャーム
3位 シャネル ココ マドモアゼル

40代女性

1位 エルメス ナイルの庭 オードトワレ ナチュラルスプレー
2位 カルバン クライン エタニティ
3位 クロエ オードパルファム


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Sponsored Link

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です